2017年08月07日

帯締め染めちゃいました

帯締めも20代で使っていたものはソリッド色で出番が少ない。


帯締め170807_1.jpg


こんな感じのオレンジ・黄緑・黄色は模様もないから、明る過ぎる色が帯と馴染まなくなってきました。
流石に帯締めは染めたことはありませんでしたが、どうでもいいと思っているくらいの物だから帯揚げに引き続きカラーチェンジすることにしました。


帯締め170807_2.jpg


若干縮んだかな・・・と思いますが、使用上の問題になるような事態にはならなかった。
やっておきながら言うのもなんですが、意外と大丈夫なのね。


帯締め170807_3.jpg


オレンジと黄緑は先に染めた帯揚げと同じ色の染料にしたので、帯周りセットみたいになりました。
元の色が違うので若干の違いはあるかもしれませんが、秋になったら役立ちそうな色です。
コーディネートに迷ったら帯揚げと帯締めを同じ色にするというのもアリだと思うので、染めずにそのまま放置するよりは使えるものになったと思います。
posted by AKA at 19:59 | 着物のお手入れ 着付け

2017年08月04日

使わない帯揚げは色を変えてみる

" 一番使わない帯揚げの色は? "
と問われたら、
「 ピンクです 」
と答えるだろう。


ピンク系の着物は持っていても、ピンクの着物にピンクの帯揚げは合わせないし、ピンクの柄の着物も帯も少ないし、私の場合は一番出番の少ない色ですね。

先日、帯揚げの引き出しを整理していて、改めて色のチェックをしてみたら、ピンク系ばかり8枚もある。
使わないのに随分あるものだなぁ。


帯揚げ170804_1.jpg


しかも、よくよく見るとほとんど同じ系統の色と言っていいものが4枚も!

実は、これらのピンク帯揚げは譲られたものなのです。
という事は、みんなが使わない色って事でしょうか?
もしくは、最初に買うべき色はこういうピンクであるという認識が定着しているとか?
そうでなければこんなに同じピンクが我家に集結するって事があるだろうか?


使わない帯揚げがあるとしたら、それは恐らく【 色 】 が理由であることは明白なので、根本的に解決してしまいましょう。

オーバーダイで色を変えてしまいます。
染め変えと違って地色を抜けないので、ピンクを黄色にという様な事は無理です。


帯揚げ170804_2.jpg


手持ちの帯揚げの色をチェックして、少し違った色で、ピンクよりも濃色か暗色をかけました。
ピンクを緑にすることだって可能です。


断捨離流行りですが、使えない物=不用品とする前に、使える物に変化させるのも一案です。
生地が良い帯揚げなら勿体ないので、500円程度の染料を購入しても染時間は大したことはありません。
費用対効果は高いのでやってみるといいですよ。
posted by AKA at 18:49 | 着物のお手入れ 着付け

2017年07月25日

ジャストサイズに作るハンギング収納

クローゼットのデッドスペースを有効活用するのに、吊り下げ収納を良く目にするようになりました。
確かに安いし、しかも簡単にセッティングできるから、ついつい買いそうになっちゃいます。

こういう柔らかい素材の物って、箱モノに比べてサイズが収納場所に合ってるかどうか考えずに 「 ちょっと便利そう〜 」 って、気軽に手に取りそうになるから要注意。
実際、市販の物は我家のデッドスペースには寸法が合いませんでした。


でも、アイテムとしてはとても良さそう。
という事で、簡単な構造なのでスペースと入れる物に合わせて作ってみました。


ハンギング収納170725_1.jpg


市販の物は正面から収納するものがほとんどですが、私は両サイドに取り付けしたかったので、寸法の問題が無くても作るしかなかったのです。
引き出しほど凄い収納力ではありませんが、遊んでる空間が少しでも使えるようになったので大満足。


ここに入れたいのは、カーディガンなどの着る度に洗濯をしない服。
そういうアイテムってハンガーに掛けるほどでもないし、かといって短時間でも着たものを、清潔な服と一緒に引き出しに入れるのも抵抗がある。
そういう面倒で中途半端な存在なので " また近々着るだろう服たちの山 " になりやすいんです。
だからサッと軽く畳んでパッと突っ込んで保管するのが目的です。


ハンギング収納170725_2.jpg


仕切りの高さも低くして、棚数を優先しました。


輪にした布に芯を入れた棚板を何枚も作って、両端を挟みながら側面を縫っていくだけ。
壁前に設置するので背面をふさぐ必要もありませんから、一個2時間くらいで作れた。
もう少しかかるかと思ったけど、コーティング生地を使ったので切りっぱなしで大丈夫で、丁寧な仕上げも不要なものなので、凄くスピーディーに出来ました。


ジャストサイズを手に入れたい場合は簡単に作れるので、オススメの手作りアイテムです。
posted by AKA at 21:48 | 布のアトリエから

2017年07月13日

浴衣に帽子

帽子は大好きだし、着物と帽子をコーディネートするのはオシャレだと思っていたのですが、和装に帽子は似合う雰囲気の人だけの楽しみかなぁ、って思ってました。


170713_1.jpg


でも、浴衣なら自由な雰囲気で着れるので取り入れやすい。
日傘のほうが持ち運びに面倒という場合もあって、顔の日焼け防止くらいで十分なら帽子はやっぱり手軽。


帽子好きなのに、和装に帽子を合わせるのを躊躇させる一番の理由がヘアスタイル。
ロングヘアだと納まりが悪いし、前髪もぺったんこになる。


でも、浴衣なら帽子で少々髪が崩れてたって、そんなに貧乏臭い姿にはならないから被って出かけてみました。
ヘアスタイルも簡単で済むので支度が簡単。


170713_2.jpg


とにかく帽子の邪魔にならない様、できるだけ低くまとめてマジェステで留めました。
帽子なら簪より一般的なヘアアクセのほうが相性いいし、帽子に押されて髪が崩れてもやり直しができます。


ちょっと前からマジェステのラインナップが増えて嬉しい。
20年以上前からこの形状のヘアアクセを愛用していたけれど、以前は " マジェステ " なんていう名称は無かったような・・・。


「 すみません、髪をまとめた時にカーブした形のものを当てて、それに簪の棒状のものを突き刺して留める髪留め置いてありますか? 」
『 ああ、こんなのの事でしょうか? 』
「 そうそうコレです 」

ってな具合に私も店員さんも一切商品名を言う事なくやり取りするのが普通でした。
時には何を求めてるのか伝わらず、結局無いという事もあったり。
これからはマジェステって言えばいいんだから愛用者としては便利になりました。


着物に限らず、帽子の時はゴテゴテ飾りが盛り上がっていないから納まりが良くていいんです。
流行っているうちに色々なタイプを入手しておこう。
posted by AKA at 18:47 | 着物コーディネート 普段着

2017年07月07日

スパンコール・デコ

こつこつとスパンコール刺繍。
タイからやってきたパーツなので、日本製とはちょっと違うシックなペールトーンやマットな質感がいいです。


テキスタイル170707_1.jpg


十字模様のマイブームが来ている、かも。


テキスタイル170707_2.jpg


これはバッグになる予定。


このスパンコールのクロス付けタイプは、以前自分のバッグの為に制作したことがあります。
それを使っているのを見てオーダーされた二つ目を作りあげて、その後はひたすら無心に来る日も来る日もスパンコールを縫い続ける作業に、どうにも根気が続くかなくなったので、展示する機会が一度も無かったものです。

久々に気力を奮起し再制作しています。
posted by AKA at 18:34 | テキスタイル-絵のような布

2017年06月29日

PATOとAKA+Hのコラボ展覧会

170629_1.jpg


本日からカフェ・ギャラリーリンデンにて、友人のイラストレーター柳原パトとのコラボ展が始まりました。

昨日は雨もあがって、搬入は無事完了。


柳原パト、パトの姉で私の美大の先輩でもある色々活躍のクリエーター柳原有香子お姉ちゃん、H氏、私というメンバーで、ギャラリー内でああでもない、こうでもないと賑やかに準備。
ほぼ親戚の集まりみたい。
やっぱり友達と一緒だと楽しいですね。


170629_2.jpg


今回の柳原パト作品はお買い求めしやすい小作品。
AKA+Hと色がバッチリ合ってます。
互い好きなトーンの色が近いので、並べても違和感ありません。
とっても優しい絵ばかりです。


170629_3.jpg


会場:カフェ・ギャラリーリンデン
期間:6月29日(木)〜7月9日(日) 7/4火曜日はお休み
住所:横浜市青葉区もえぎ野22−25 

最寄駅は東急田園都市線の青葉台駅(13分)または藤が丘駅(10分)です。
地図はこちら


お近くの皆様、お時間ございましたら是非見にいらして下さい。
posted by AKA at 18:25 | お知らせ

2017年06月25日

花の平標山

毎年 「 今年こそお花畑に! 」 と恋い焦がれ続けて数年。
その時期が6月後半という梅雨の真っ只中な為、なかなか好機に恵まれず、振られてばかりの平標&仙ノ倉。
空梅雨で、ようやくチャンス到来です。


折り畳みイスに乗って天袋を掃除している時、掃除機のコードを引っ掛けてバランスを崩し、左臀部から落下して一週間安静にしていた影響か、登り始めから体が重くて気持ちまで重くなるものの、今年は逃せないぞ!と体に言い聞かせて歩き始める。
事故死の半分以上は自宅内というから、本当に注意が必要ですね。


170625_1.jpg


スタートするとウツギやサラサドウダン、レンゲツツジなどの低木樹の花がお出迎え。
この先出会える花々への期待が高まる。

調子が上がらないまま黙々と2時間程経過すると高山植物地帯に突入。


170625_3.jpg


いつ見ても可憐なイワカガミ。
花びらがカットワーク状で特にお気に入りのお花。


170625_2.jpg


山頂直下で汗を絞られていると、ヨツバシオガマがユラユラ揺れながら、応援してくれているようで少し疲れが癒される。


170625_7.jpg


標高差1000mほど登ってようやくハクサンイチゲの群生地に到着。
ここまで登れば気持ちの良い稜線歩きがようやく始まります。
お花畑まであとひと踏ん張り! 頑張れ打撲痛のワタシ。


そして約3時間、ついにキターーー!


170625_8.jpg


ああ〜、ようやく見れた。
想い過ぎて過大評価になる事もあるけど、これは期待を裏切らない光景でした。

チングルマやハクサンコザクラ、みーーんなキュート。
ハイジとクララが花のシャワーをやっていた、あのシーンが目の前にある感じ。

アルムの山を妄想しつつ、花畑でランチ休憩。
何時までもここにいたいなぁ・・・
そんな気分で長く休み過ぎたので、名残り惜しさを振り切って最終目的地に向け出発。


170625_5.jpg


絶好の晴天だけど、とにかく風が強い。
でも、お陰で暑さバテもせず、前回は花も無くガスの中を歩いた事を思うと、晴れているというだけで最高の日です。
ここが斜面を登った末に行きついた場所とは思えないほど、嫋やかで伸び伸びとした景色が続く。
自分の脚だけで、下から見上げた時には想像もつかない光景を体感できるシンプルさが、山の面白みですね。


170625_6.jpg


出発から4時間半、途中で楽しみ過ぎてようやく仙ノ倉の頂上に到着。
この景色の向こうまで13時間コースを行ってみたいなと思ったこともあった。
避難小屋しかないので、女性だけで縦走するのは躊躇するコースだけど、チャンスが巡って来る日もあるかもと憧れの眼差しで眺めました。

先月も残雪の山を歩いたけど、今年は雪が多かったのでまだまだ沢山残ってます。
白と緑のコントラストが美しい。


170625_4.jpg


疲れて俯きがちになっても、一歩一歩直ぐ傍に可憐な花があるなんて、本当に素敵な山でした。
花の名山平標の肩書に偽りなし!
posted by AKA at 17:41 | 植物の色