2013年05月03日

着物で美術館の日

今日はハラミュージアムアークさんへ。
お天気最高の日でした。

着物130503_1.jpg

山は八重桜が満開で、何だか得した気分になりました。

今、ミランダ・ジュライの 『 廊下 』 が展示されています。
私はこの作品を見るのは2度目ですが、楽しいので 「 もっともっと長い廊下を作って欲しい 」と思うのです。


着物130503_2.jpg

山なので、気軽に普段着の着物。
春だから白っぽいものを選びました。
そして、現代美術なのでモダン系。

気軽に・・・というと私の場合は紬という普段着をひょいっと飛び越えて、ウール着物を選んでしまう。
着物の世界でいえば、普段着というより部屋着クラス?
でも、山に行くときはジーンズだって着るもん、アレは洋服の世界で言えば作業着でしょう?( 和装の世界で作業着と言えば作務衣かモンペだ )
だからいいよね、って解釈になってしまうのです。

結局春まではウールはヘビロテ。
この間減らしたものの、なんだかウールが欲しいという欲求が蘇ってしまう此の頃です。
posted by AKA at 20:33 | 着物コーディネート 普段着

2013年03月24日

帯揚げと帯締め

先日お墓参りに行くのに、降水確率も高めだったので、ウール着物で出かけたのですが

着物130324_1.jpg

お寺だし地味めに・・・と、選んだものを着て写真を撮って液晶を見ると
「 いくらなんでもボケボケ過ぎ! 」

着物130324_2.jpg

簡単に変えられる帯揚げと帯締めを、色が感じられるものに変更。

全体の中のちょっとの部分ですが、色が違うと印象が変わりますね。
特に帯揚げって重要な気がします。
posted by AKA at 22:18 | 着物コーディネート 普段着

2012年12月28日

ウール着物をリサイクルしてみた

家にいる時、気づくとこの着物着ている・・・
という最近ヘビーローテーションなチェックのウール着物

着物121228.jpg

何だか迷う事無くこの着物を手にとってしまう。
帯は日によって変えているけど。
着易い質感で、丈も167cmあるので、着崩れがあまり無く楽だからかもしれません。
そうやって繰り返し着ると、柔らかくなって更に着易くなるというオマケつき。


ウール着物に関しては、そういう愛着のあるものだけ10枚未満でローテーションすればいいかな・・・と思い整理しました。

戦力外となったものをどうすればいいか分からず、枚数もあったので、捨てるよりは罪悪感がないから近所のリサイクルチェーンの***OFFに持っていってみたのです。

ウール着物の買取はしてもらえるのか聞いてみたらOKだった。

着物って状態や柄や寸法で買取価格が違うって聞いた事あったけど、***OFFさんの場合は1枚150円だった。
他を利用したことがないので、比べようがない。

身丈160センチくらいある着物で、突拍子もない柄という訳ではないので、誰かのお役に立ててもらえる可能性があると思えば、値段がいくらでも買い取ってもらえただけ良かったかもという感想です。

「 ちなみに、正絹の場合はどうなるのですか? 」
と、聞いたところ
『 そちらも150円です 』
という回答でした。

そりゃあ、すごい。
何でも一律なの?
もし、価値を知らずに購入額7ケタの大島や結城を持っていってしまったりしたら一大事ですよ。
posted by AKA at 18:33 | 着物コーディネート 普段着

2012年08月27日

暑さに負けて気楽な浴衣

前回着た夏着物の汗取りやら手入れをして、ふただびラクチンな姿に戻ってしまいました。

下町〜ベイエリアだからお気楽な姿で外出。

浴衣120827_1.jpg

海、すごく涼しい!
爽やかな風というより、もはや突風!

うっかり落とした扇子が何10メートルも飛ばされて、まるで小動物でも捕まえようとしているかのような運動量でようやく捕獲。
臨海公園を低姿勢で走る浴衣女の図、周りの人は面白かったでしょうねぇ。
「 あの格好でも意外に早く走れるんだな・・・ 」 とかね。


この日のランチは、「 夏こそマッチョなフードを胃袋に! 」 というテーマのみで選んだ豊洲のババ・ガンプ・シュリンプ。
別にエビ好きでは無いのですが、マッチョ = アメリカン って発想しか浮ばなかった。

エビ料理120827_2.jpg

エビ料理120827_3.jpg

120827_4.jpg

東京湾( というか河口 )も眺められるロケーション。
子供の頃は確か海だったという場所も、埋め立てられて陸と化しているので、もはや海なのか運河なのか私には判別不能です。

やはり去年の夏、同じくマッチョフードを欲して、高輪のT.G.I フライデーズに行きましたが、想定以上にヘビー。
“ 肉・肉・肉 ” そして何にでも “ マヨビーム ”
肉料理メインのアメリカンは太刀打ち出来ない・・・という事で、今回はシーフード。

価格は似たり寄ったりですが、シーフードのほうが目新しさを感じて、たまーーには( 年1回くらい ) アメリカンもいいかも。
房総半島も一望の東京ゲートブリッジを渡って、水族館で大好きな魚を見て、海気分の1日を締めくくりました。
posted by AKA at 11:52 | 着物コーディネート 普段着