2013年09月03日

定番レースで夏も終わり

今年は珍しく夏の暑さに負け気味で着物率は過去最低な上、PCの調子も悪くてブログも放置したまま、あっという間に夏が終わろうとしてます。
早くも秋に仕立てようと思っているウール着物の準備とか、次の季節に心が向かっているので、夏は充電期間みたいな過ごし方になってしまいました。

それでも、定番のレース着物くらい夏の終わりに着なければ!

着物130903_1.jpg

月下美人の刺繍半襟と葡萄柄の帯。
この着物の唯一の楽しみは半襟合わせくらいなのですが、面白い物を持ってくる発想が湧かず、無難な濃淡で済ませました。
( 体力の低下がこんな部分に現れております )


130903_2.jpg

「 真夏の展覧会は搬入搬出キツ過ぎる 」
といいつつ、しっかり個展を開催している友人。
夏に負けている様子も無く、見習わなければ。

真っ白いギャラリーと彼女の作品という空間に居ると、屋外の天然サウナの事はすっかり忘れて、露をまとった森といった気分を味わえます。

来年は、もう少し夏との付き合い方を考えて過ごしたいなぁ・・・と色々思う事の多い8月でした。
posted by AKA at 12:15 | 着物コーディネート 普段着

2013年08月13日

夏の着物は正絹より木綿

40度に迫る暑さの中、大妖怪展に出かけました。

『 真夏は何を着たって暑いから、洋服でも暑いなら着物のほうが気分がいい 』
という意見も耳にしますが、そこまでの境地には至っておらず、私の場合どちらかと言うと、体感温度の心配ではなく、着た後の手入れの事が気になっちゃって、着る機会が少なくなっちゃうんですよね・・・。


着物130813_1.jpg

この日は絞りの浴衣を衿付き・足袋アリで着ました。
汗をかいても、後のメンテが洗濯機で出来るとなると、途端に暑さも汗も気にならなくなる。
安心感とは不思議なものです。

実際、洋服の時に比べてダラダラ汗をかくって事もなかった。

但し、補正は暑さに負けて最小限の腰パットのみなので、着た時のシルエットは気に入りませんが、腰だけでも足せば縁日っぽさは回避できる感じです。


金魚130813_2.jpg

三越のエントランスに設置された金魚のアクアリウム。
魚を見てると清涼感増すなぁ。

金魚と我家の住環境が合わないのか、2度チャレンジして、殺してしまった苦い経験から懲りて、熱帯魚しか育ててません。
パタパタと尾を振って泳ぐ姿がすごく好きなのに、ものすごく残念です。
見るだけでガマン!
posted by AKA at 20:49 | 着物コーディネート 普段着

2013年05月22日

暑い日の着物は軽さ重視で

5月というのに楽々と夏のような気温をたたき出してますね。

真夏日には絽の着物でも快適に過ごせそうなくらいです。
透け感が無いような絽着物もあるので、そうしたいくらいです。
ベスト体温を維持出来そうなのに実行しないのは・・・夏素材の着物を着る事に抵抗は無くっても、夏の帯を締めることに抵抗があるからです。

なんだか統一感のない感覚ですが、帯のルールは着物のソレよりも無視できません。

着物を薄くしたりするのは
「 最近は異常気象ですものねぇ 」 という具合に気温に応じて臨機応変に選べたとしても、絽の着物に5月に相応しい、透けない帯を締めるなんていう事はとてもできません。
言うまでもなく、オールアイテム夏物なんて話になりません。

きもの130522_1.jpg

ということで、
めいっぱい薄い単衣 + レース模様の半幅。
帯は麻100%で作ったので、他の素材より快適です。

着物のほうも、ロートアイアンの図柄みたいなので、まるでガーデンのフェンスを彷彿とさせる組合せになってます。
これは超軽量でふわふわ〜。
もちろん、着物の中はすべて夏物です。

もう暑さ対策に四苦八苦とは、今年も思いやられる夏がきそうですね。

ばら130522_2.jpg

せめて5月らしい爽やかさを感じさせてくれるのは我家のバラです。
どこかバラ園に行きたいのだけど、とりあえず家中バラだらけにして、5月を満喫中です。
posted by AKA at 20:41 | 着物コーディネート 普段着

2013年05月03日

着物で美術館の日

今日はハラミュージアムアークさんへ。
お天気最高の日でした。

着物130503_1.jpg

山は八重桜が満開で、何だか得した気分になりました。

今、ミランダ・ジュライの 『 廊下 』 が展示されています。
私はこの作品を見るのは2度目ですが、楽しいので 「 もっともっと長い廊下を作って欲しい 」と思うのです。


着物130503_2.jpg

山なので、気軽に普段着の着物。
春だから白っぽいものを選びました。
そして、現代美術なのでモダン系。

気軽に・・・というと私の場合は紬という普段着をひょいっと飛び越えて、ウール着物を選んでしまう。
着物の世界でいえば、普段着というより部屋着クラス?
でも、山に行くときはジーンズだって着るもん、アレは洋服の世界で言えば作業着でしょう?( 和装の世界で作業着と言えば作務衣かモンペだ )
だからいいよね、って解釈になってしまうのです。

結局春まではウールはヘビロテ。
この間減らしたものの、なんだかウールが欲しいという欲求が蘇ってしまう此の頃です。
posted by AKA at 20:33 | 着物コーディネート 普段着