2016年02月09日

新しい長襦袢は好調

普段着用の長襦袢を新しくしたら、肩こりはすっかり無くなりました。

特に重く感じられた化繊の長襦袢は、傷みもなくてまだ使えそうだったけれど、潔く処分。
どれか廃棄しないと、新たに作った二部式襦袢が入らなかったのです。


箪笥をやり繰りすればスペースを捻出できたかもしれないけれど、このタイミングを逃すと、捨てる理由が無くなりそうなので、ゴミ袋に入れて、その上から生ごみを放り込みました。
ゴミの日までに 「 やっぱり取っておこうかな・・・ 」 などと、敗者復活戦のような気持ちにならないようにトドメを指しました。


着物160208.jpg


ネル素材の長襦袢、起毛とはいえコットンだからそれほどでもないと見縊っていましたが、なかなかどうして暖かい。
嵩ばりそうだから着心地がゴワゴワするかと心配だったけれど、特に違和感もナシでした。


チーズ屋さんまでちょっとお出かけ。
真冬の外出でもネルは案外頼もしい。

帰りにカフェに寄ろうかと思ったので、カジュアルなウール着物に名古屋帯。
でも、ふと立ち寄った和菓子屋さんで、コーヒー生クリーム大福が6個入り半額というのを目にして買ってしまったので、ウチカフェをすることに。
最近出不精な中、折角着替えたのだから、やっぱりカフェに寄ってくれば良かったかも。
posted by AKA at 21:31 | 着物コーディネート 普段着

2015年11月04日

ハロウィーンな着物カラー

ハロウィーンって私の周囲では盛り上がりは無いに等しいですが、今や季節行事として定着しつつあるので、着物でもこの時期はそれらしい色で着てみたくなっちゃいますね。


当然カボチャ的な色にすることしか思い浮かばないから
「 やっぱりオレンジの着物〜🎶🎶 」
だったのに、唯一のオレンジ色の着物は実家に置き去りにしていた事が判明すると一気にどうしたらいいのか分からなくなり・・・


着物151104_1.jpg


結果、茶色に落ち着いた。

オレンジの着物で黒の帯にしようと思ってたのに、反転した組み合わせ。
ま、" 意識して選んだ " ということに意義を感じて満足するのでした。


そして、ハロウィーン直下となった週末は、渋谷在住の友達が泊まりにきました。
逃避が主旨じゃなかったけど、できれば渋谷には居たく無かったらしくウチに来るならこの日が好都合だったらしい。

「 じゃあ、前々から山を歩いてみたいなぁ〜って話があったから、近場の低山にいってみよう! 」

っていうハロウィーンの休日としては真逆のような " 人のいないとこ " を楽しむ日になりました。


151104_2.jpg


山の上は紅葉も終わって、花も葉っぱも無い枯れ山状態だから、どうかな?と思ったけど。
天気も良くて、楽しんでくれている様子でヨカッタぁ。
コレで楽しめたなら、どんな山でも楽しめそうな気がする。


ハロウィーンって、そもそも祭り的な趣向だから、少人数単位だとあまり盛り上がらないイベントなのかな。
2・3人で仮装して、街に自分たちしか仮装してなかったら・・・・
だから、その気のある人が同じ仲間を求めて特定の場所に集まっちゃう。
大騒ぎのテンションとは真逆に、ちょっぴり小心者の日本人気質が見え隠れしてます。

正にみんなで渡れば怖くない。
( 昔から人と違うカッコを平気で出来る私は、日本ではそれはそれでどうか?と思ってますけどね )


その気が無い人にとって、あの騒ぎの真っただ中を移動しないと何処も行けないのは超ストレスで、家に居たくないのは分かる気がする〜。
posted by AKA at 11:55 | 着物コーディネート 普段着

2015年07月14日

7月といえば有松の浴衣

7月最初に何時も同じ浴衣を着てしまうのはなぜかしら?
本格的に夏がきたと感じると、有松の絞りに袖を通したくなり、いそいそと縁日に脚を運ぶ。


七夕150714_1.jpg


私の浴衣は変わらないけれど、飾りも屋台もその年ごとにその時らしさが感じられて、小さな変化を発見するのが楽しい。


七夕150714_2.jpg



浴衣女子が街に溢れて、なんだかワクワクしちゃいます。
そして、浴衣男子も年々増加傾向です。

今年は浴衣姿の外国人に何人も出会って、見て日本を楽しむよりも、参加して日本を楽しむようにと進んできているっていう噂は本当だったと実感しました。


浴衣はそれだけ懐深いツールであるという事ですね。
とても気軽で、誰でも楽しく着ることが出来る、本当にビバ浴衣!



浴衣140714_3.jpg


今年も出番を終えた定番浴衣。

ピカピカに晴れ渡った朝、冷たい水でザブザブと洗うとひんやりして本当に気持ちがいい。
竿に通して干すと、不揃いの白く丸い模様にお日様の光が透けながら風で揺れる。
もしかしたらこの浴衣を着る時よりも、役目を果たして小ざっぱりと洗い上げた姿を見ている時のほうが楽しい時間かもしれない。
posted by AKA at 20:03 | 着物コーディネート 普段着

2015年01月18日

カジュアルな八寸帯を長くして

普段使いの帯の件が解決に向かいつつあります。
やれやれ!


半幅帯を作るだけでなく、かがり帯の折り返してある太鼓部分を解いて延ばして、オール単衣にしちゃいました。
この帯は外出用に使う機会が無くなっていたので、自由な幅で折れるような帯に変更です。


着物150118.jpg


柔らかい織なので、自由に結びやすい。
八寸幅で膨らませたり、半幅でしっかり結んだり、応用がきくし、芯が入っていないので、半幅帯よりも軽いです。
但し、長さが4.5mくらいになるので、着付ける時や畳む時とか扱いにくいかな。


使いやすい帯の幅や長さや固さは人によって違うと思います。
ましてや部屋着ともなれば、半幅でもなきゃ八寸でもない帯、という不思議な用途の物が発生しても良いのではないでしょうか?


本来の使い道を無視して、あれこれ普段用の帯にしたおかげで、少しばかり不用品の整理になりました。
使うシーンを変えれば随分と役立つ物に変貌しますね。
posted by AKA at 21:45 | 着物コーディネート 普段着