2010年08月11日

レースの着物 浴衣風

レースの着物は普段着感覚。
長襦袢を着ないでそのまま浴衣みたいに着てみました。

レースは生地の分量が少ないから、とても軽い着心地なので楽チン。
簡単に浴衣っぽく着ると、益々快適さがUP!します。
夏は着物でも浴衣でも、重さ = 暑さと感じるので軽いものが一番ですね。
( 多少重くても麻は涼しいですが・・・ )

着物100811.jpg

最近青い着物ばかり着ていたので、極端に違う色にしたくなり、赤系とピンク系に・・・
たまには乙女度の高い柄の組み合わせも楽しい。

着物がシンプルなので、ロングピアスとブレスレットを追加。
浴衣感覚になった途端、ほぼ洋服の延長上みたいな気分になりました。

“ 乙女っぽいカワイイものを・・・ ”

と言っても、ある年齢超えたら、胸から上を乙女チックにするのは大変危険が伴います。
頭に巨大なピンクの花を付けたりするのは、本人は楽しいかもしれませんが、周囲は見ててまごつくだろうと思う。
浴衣は華やかな気分になるものですが、くれぐれも自制したいものですね。

来年は黒レースも縫いたいな、と現在生地探索中です。
posted by AKA at 13:07 | 着物コーディネート 普段着

2010年07月15日

浴衣の着心地

浴衣シーズン到来。
梅雨明け前ですが、湿度が高い時こそ浴衣が快適ですね。

この日は絞りの浴衣にしました。
半幅帯ではなく、クリームイエローの紗献上の帯と帯締めを組み合わせました。
この絞り柄は着物風に衿付きで着るというデザインじゃないと思うので、夏着物風に着るならもっとコントラストが無いデザインのほうがいいのでしょうね。
絞りはもともと厚い生地だとやりにくい加工だから、生地が薄手で涼しいし軽いのでとてもラクチンです。

浴衣100715.jpg

私が持っている中で着心地はやはり一番。
バサッと野暮ったいシルエットにならず、体に添うようなのに、絞りの立体感でペトペト張り付く事はありません。
ピタッと着付けていると、1日の終わりにはお尻辺りが伸びてきますが、洗うとまた戻る感じです。

やっぱり布はお値段が上がれば快適さも上がるのでしょうか?
浴衣生地の場合はかなりその点を顕著に感じるのですが・・・。

総絞りまでの手間をかけるなら、生地より人件費のほうが膨大なので粗悪な生地にわざわざやる必要はないから、ある意味安心して購入できますが、浴衣の生地は洗って着てみるまで判別するのは難しそうですね。
私の数少ないアイテムの中でも、着心地や着た時のシルエットの良し悪しはバラバラです。
「暑い・・・」って感じるコーマ地もあります。

コットンは糊をたっぷり効かせれば糸のハリは出るし、ケバが出やすいかどうかも何度か着てみないと分かりません。
そうなるとあまり糊の効いてないモノのほうが信用できそうってことになるのかな?
良い物は目晦ましの必要がないですもんね。
今度買う時は、薄くて糊が効いてないのにシャキッとしてる・・・というのを探してみよう。

・兵児帯を崩れず結ぶ方法
・歩きにくい下駄のカタチ
posted by AKA at 12:35 | 着物コーディネート 普段着

2010年06月10日

銀河的 着物の色あわせ

家で着物を着る時は、紐をできるだけ少なくして楽に着て、でも前合わせがひどく着崩れないようにブローチを活用する事も多いです。
雨の日に着たりする普段着の着物には、ブローチも平気で付けます。
普段着は、ざっくりとした織の着物がほとんどなので。

着物100610.jpg

青系の細かい柄に銀の帯を組合わせたら 、なんだか宇宙っぽい雰囲気になったような?
星が散りばめられてるみたいに感じました。
帯上に付けたスミレ色のブローチがその印象にトドメをさしている感じです。

着物の柄は星くずではなく、花吹雪。
細かい桜の花びらが、花火みたいな感じになっています。
帯選びによってはぜんぜん銀河的雰囲気にならないものなのに・・・帯ってすごくイメージ左右するものなんですね。

他の帯の時どんな感じだったっけ?
と過去写真をチェックしてみたら、全然写真が無かった。
普段着って写真をあまり撮りませんものね。


・快適な単衣着物 へ
・半衿イメージチェンジ! へ
posted by AKA at 12:34 | 着物コーディネート 普段着

2010年05月14日

水玉の着物

今日は “ 元気になる着物! ” という感じにしました。
赤・青・黄色〜
この3色って何だか強制的に明るい気持ちになるんですよね。

着物100514.jpg

展覧会が終わって少々気分が開放的になって、楽しい感じの着物を着たくなったのです。
この直後の軽い気持ち。
いつまでも続くとよいのに・・・ ( それでは南国の人のようですね )


まだまだ気温はジェットコースターで、薄手の着物で出かけてから 「 失敗した〜 」 って思う日も多そうです。
昼間快適な単衣で出かけても、夜になると急に冷えたり。

4月とか5月初めはバッグの中に超薄手の短いレギンスを入れておいて、寒いときはそれを下に履くようにしています。
ショールや上着より断然小さくなって扱いが楽だし、下半身を暖めるとやっぱり体温が違います。
今日は薄手の袷着物なので、必要なさそうですけれど。

そろそろ虫干しやウール着物の洗濯というシーズンになってきて、着物生活一番の忙しい時期になりました。
計画的に遂行しなければ!
posted by AKA at 12:21 | 着物コーディネート 普段着