2011年08月15日

どんどん縮む浴衣

青系の着物コーディネートに飽き飽きしてきた此の頃。
マイブームは黄色系。

浴衣はアクセントカラーが黄色のものを選びました。
合わせた帯は紗献上のクリームイエローです。

浴衣110815.jpg

この浴衣、洗う度に縮みました。
最初、ドーンと縮んで、あとはジワジワと詰まっていく感じでした。

この日は食事に招待され、ほぼ着席のまま過ごす・・・と思われる日だったので着ていきましたが、やっぱり短い丈は厳しいので状況によっては着れない浴衣になっていて、この日は帯を高めに締めて誤魔化しました。

プレタの浴衣でMサイズ表記。
身丈160cmとなっていました。

「 まぁ多少縮むだろうけど、幅はMのが着易いからいいか 」
って、判断が甘すぎました。
今現在、身丈は151cmしかないデス。
浴衣は着物より短めに着付けるといっても、163cmの身長の私がこのまま着るの無理。
柄も着心地も気に入っているのに、・・・どうしよう、幅は全く縮んでいないので、グレーのシーチング生地か何かで胴継ぎか?

生地によっては10cmくらい縮むだろう、という想定は頭になく、こんな浴衣生地に巡り合って勉強になりました。
Lサイズの身丈165cmを買っても、155cmくらいまで縮んでしまうなら、程度の違いはあれ、丈が足らなくなる事に変わりは無い。

ますますプレタの浴衣に懐疑的になる出来事。
やっぱり出来合いのものはダメなのだろうか?
浴衣って家で洗えるところが長所ですから、縮まないように着るたびにクリーニングに出すなら、むしろ綿なんて着る必要性が私にはないのです。

水通しした生地で生産するとなったら、長さが必要になって利益があがらないし、今や日常着じゃないので何十回も着る想定ではないかもしれない。
やっぱりその辺りの事情も加味すると手頃なものはそれなり、という事でしょうね。
「 もう仕立て上がりは買わない 」
と気持ちが決まる浴衣でした。
posted by AKA at 11:20 | 着物コーディネート 普段着

2011年08月02日

法事の着物

週末は法事でした。
といっても、今回は極々身内の集まり。
皆でお墓参りをして、わいわいと食事でもしようという趣旨になりました。

真夏の法事は懲り懲り・・・。
過去灼熱地獄の中で散々な思いをし、もうそろそろ省略形でいいだろうということになったのです。

着物110802_1.jpg

「普段着でOK」
という、法事というより “ 集団お墓参り ” と言ったほうが良かろうドレスコードでした。
私はオール紫のコーディネート。

いつ雨が降ってもおかしくない感じでしたから、レースの着物で。
気軽な感じだけど、一応、柄の無い物のほうがそれらしいかと思って。
色無地だと1人浮くかもしれないかな・・・と。
( 流石に普通のお墓参りと違って
 マジで普段着で現れた者はいなかった )


着物110802_2.jpg

少人数の集まりはいつも同じ日本料理店で。
リーズナブルに楽しめるお気に入りの小さなお店なんです。

狭い通路も工夫してます。
posted by AKA at 19:59 | 着物コーディネート 普段着

2011年07月10日

浴衣シーズン到来

夕方に気温が下がったので、浴衣で近所をブラブラしました。

商店街は七夕まつり。
でも、去年より飾りが小さくなっているような?

七夕110710_1.jpg

七夕くらいになると、あちこちで浴衣姿を見かけるようになります。
私も新しい浴衣が欲しいな・・・と思いつつ、真剣に物色する時間がない。

5月後半くらいに呉服店に浴衣が並びはじめた頃、反物を見たのですが、
「 まだ決めなくても・・・もっと色々見てから・・・ 」
そんな風に思ってしまって、あっという間に夏です。

夏は着物も浴衣もそれほどの回数着ないので、枚数無くてもなんとかやっていけるだろう。
早くも今年を諦めた気分です。

商店街の老舗八百屋の前にジュースコーナーがあったので、一杯¥200のメロンジュースを買ってみた。
子供の頃はこういうジュースをよく飲んでた、氷のつぶつぶが入ってて激ウマでしたわ。

屋台110710_2.jpg

そして初めて見たような気がするジャンルなのに、懐かしい感じがする屋台を発見。
おままごと屋さん。
必要もないのに買いたくなる、そそられる色。

今の子供は色んなものがあっていいなぁ。
ずっと大切に使えるもの以外は無駄なもの、という考えの両親だったので、こういうものはあまり買ってもらえなかった。
だから大人になってこういうのにそそられるのだろうか?

そういえば
「人形がほしい」
といったらリカちゃん人形は買ってもらえなかったけど、アンティークドールタイプの人形は買ってくれたな・・・。
クルクル巻き毛にベルベットのドレス。
その頃は顔がリアルで恐くって、夜は見えないところに置いて寝てた。
( 呪いをかけられる悪夢を見そうな気がした )

今も私の家にそのアンティークドールはあります。
( 捨てたら呪いをかけられそうな気がする )

本当はリカちゃん人形を持っていなかった為に、友達と人形遊びが出来なくて仲間はずれにされて寂しかった事を両親は知らないのでした。
posted by AKA at 22:34 | 着物コーディネート 普段着

2011年07月06日

兵児帯風結び

浴衣や普段着の着物の時にパパッと結べて便利そう・・・そう思って、1年くらい兵児帯を探していました。

お店に置いてあるのは、オーガンやレース等の化繊の品物が多いみたい。
絹の兵児帯は一般的には男性用のもので、縮緬だと半幅帯より重く感じるものが多い。

“ 兵児 ” って鹿児島言葉で 【 若い男性 】 っていう意味ですもの・・・男性と子供用のアイテムで、もともとレディース仕様ではなかったのだから、品数限られていてもしかたがないですね。

気に入った品物をゲットできていなくて、手作りするとか、方向性変えてみようと思ったそんな時。

浴衣110706.jpg

去年の夏に 「 半幅帯にしよう 」 と決めたまま放置していた、ちぢみの全通柄の名古屋帯の反物の事を思い出す。
ちぢみはシワになりにくい。 ( シワ加工だから元々シワだらけ )
生地の厚さも求めている感じにピッタリだったので、兵児帯風に結んでみました。

うん、締めやすい!
これは快適、すごく軽いし緩まない。

胴部分の二巻きする部分だけ芯を入れて、両端を帯の幅のまま縫わずにフリーにしておいたら、簡単に蝶結び出来て便利そう。

半幅帯案撤回。

イメージに近い兵児帯が見つかるまで、これで代用することにしようと思います。
posted by AKA at 19:43 | 着物コーディネート 普段着