2015年03月17日

縦横絣の大島紬

「 この大島だけは私が死ぬまで譲らない 」
そう母は断言していた。


その母が数年前から、
「 どうしてこんな素晴らしい着物を着ないの? 嫌いなの? 」
と、全く真逆の事を言うようになった。
そしてお気に入りの他の着物もじゃんじゃん直して着るように勧められている。


思えば、
『 東京に大地震が起きて津波が来たら、川や運河だらけの下町は水浸しになる 』
って情報や防災マップが出回るようになってからだと思う。
もはや、大枚はたいて買った着物が水浸しになっている光景を思い浮かべて、完全に観念が変わったのでしょうね。


着物150317_1.jpg


大事にし過ぎてお蔵入りだと、着物には劣悪環境になるので着て外気にあててやろうと着物も帯も母の物。

高価な着物って、しなやかで着やすいけれど何かあったらどうしようと思って落ち着かない・・・
しかも私には似合わないような・・・。
今はまだ雰囲気が追い付いていない。


これを着て、「 さぁ何処かブラブラしようかな 」 ということで、近いのでソラマチへ。


30・31階の飲食店は窓側ふさがってるので、どうせ眺めが然程でないなら低層階でいいかなと降りていくと、長蛇の列。
快晴だったので凄い混雑だった!
それでも何とか食べ物を胃袋に収め、2Fでスイーツ買いへ。

帰り際にテイクアウトのソフトクリームを食べながらパーキングに向かいました。


150317_2.jpg


La fée murmureのクレーム・ド・コルヌ
クリームチーズが20%入っているそうですが、510円はちょっとお高いような気が・・・。
期待し過ぎて結果、高く感じてしまったのかも。


スカイツリーってエレベーターの乗継がかなり面倒で、地下のパーキングに行くには1Fで専用EVに乗り換えが必要。
( 高層階の乗継は当然の事としても、コレは意味不明 )
その間このソフトクリーム、溶けてダラダラすることが全くなかった。
おかげで大島紬にクリームをこぼすという大参事の心配なく、長時間ゆっくりと堪能できました。
( 着物にソフトクリームを垂らすというのを過去二回ほど経験あり )
posted by AKA at 18:05 | 着物コーディネート 紬

2015年03月01日

問屋街をぶらぶらと

友達と問屋&卸商店密集エリアの御徒町・岩本町・浅草橋をぶらぶら。
仕入れ目的でもなければ足を向ける事がないというエリアだから、行ったことも無いという人も多いと思います。
でも、最近は古いビルでレトロスタイルのカフェなどが営業するようになって、建物がリアルミッドセンチュリーだからオシャレなお店になってる。


着物150301_1.jpg


2k540はお昼時に行った為か、あちこちクローズしてた。

御徒町〜秋葉原エリアといえば、リヤカーに段ボール積んだ上野公園が居住空間の方々が往来してるイメージが強かったのに。
秋葉原の開発後は全然違う雰囲気になりましたねーー。
小ざっぱりしちゃって、って感じ。


馬喰町150301_2.jpg


馬喰町ART+EATでお茶。
スターネットやフクモリやイズマイと同エリア。

隣のテーブルでは味噌作りのワークショップを開催してました。
ついつい工程をガン見しちゃう。
(そして我家でも作ってみようかという気持ちを無理矢理振り払った)



小学生の頃、行きつけの歯医者が馬喰町だったので、このエリアに来ると虫歯をグリグリいじくられたイヤ〜な記憶が甦ってしまう。
その頃と街の雰囲気はあまり変わってないなぁ。
秋葉原みたいに全部ぶっ潰して新しいピカピカのビルを建てるっていうのは面白くもなんともない。
雑居ビルが並ぶ風景っていうのも残っていってほしいです。


色々なお店が増えていって、神戸の海岸通りエリアみたいになってくれたら・・・というのが、足しげくこのエリアを利用する私の希望です。
posted by AKA at 17:25 | 着物コーディネート 紬

2014年12月06日

紬と長羽織

赤い着物のマイブームは終わったのですが、置いてあったのでそのまま着て外出しました。

蚤の市の日に付けた半襟が、結局外出せずにそのままなっていたので、それと組み合わせて変でなければOKという感じでした。


着物141206_1.jpg


羽織141206_2.jpg


この羽織は8分丈で108cmの長さがあり、バランス的に長羽織は好きなのですが・・・


座る時どうしたものかと毎回躊躇するのです。
羽織で座る時は背中の方に裾をたくし上げて、羽織をお尻の下に敷かないようにと一般的に言われているけれど、ここまで長いと、めくりあげて座ると相当の嵩になります。
むしろシワシワになる。
ふくらはぎ丈を腰辺りまで持ち上げたら多分、見た目も異様かも。

ピシッと伸ばして、出来るだけ折皺にならない様に注意して座っちゃうのですが、つくづくシワになりやすい反物を長羽織にするのは向かない事を実感してます。
posted by AKA at 18:07 | 着物コーディネート 紬

2014年11月05日

秋だから 赤系の着物

「 秋になると赤を着たくなる 」 と、先月ブログに書きましたが、まだその気分は継続しています。

この日の着物は赤✕黒のチェッカー。


着物141105.jpg


20代の頃から着ている着物なので、そろそろ飽きるかと思いきや、全くそんな兆候は表れません。
相変わらず大好きな着物です。

こんなに長い歳月着ていると、
「 元を取らなきゃ 」
という心理を通り越して、
「 いったい何歳まで着れるのか 」
という挑戦にも似た心情になり、並々ならぬ愛着が湧いてくるものです。


小物や道具の場合、『 愛用品 』 と称して、自分の相棒のようになる物もあると思いますが、衣料品って一生を前提に付き合える可能性がほぼ無いといっていい。
もしかしたらこの着物は、そうなれる数少ない候補かもしれません。
posted by AKA at 15:53 | 着物コーディネート 紬