2012年05月17日

単衣のお召し

袷着物から単衣着物にシフトする時期に丁度良い風合いのお召し。
我家はお召し好き・・・なほうだと思います。
私も着たときのシルエットはお召しが一番好きかもしれない。

但し、残念なのはその扱い。
気軽な街着なのでヘビロテしたいけれど、雨の日がNGなのはもちろん、曇ってても縮む可能性大。
単衣のお召しはあまり重宝とはいえない感じです。

持っている単衣のお召しはすべて、程度の違いはありますがどんどん縮んでいます。
幅が縮むもの、丈が縮むもの、様々ですが。

着物120516_1.jpg

この日は降水確率は0%
そういう安心な天気限定のためか、このお召しも着る機会を逃しがちなので、単衣初日は縞お召しにすることに。
同じく、何だか締める機会を逃しがちなグリーンの花唐草の帯を合わせてみる。

う〜ん、無難で大丈夫かなと思ってコーディネートしたつもりでしたが・・・
もう少し派手なほうが好みでした。
この組合せは10年後あたりに再登場させよう。
posted by AKA at 07:55 | 着物コーディネート 紬

2012年05月05日

ブルーな着物コーディネート

今回展覧会の会場では紬を着ていました。

紬120505.jpg

ウサギ帯と格子の着物です。
着物を着ない方からも 「 うさぎだぁ〜 」 と関心を示していただきました。
今度は鳥の帯を作ってみようかな。


晴れるとかなり暑くなるので、長襦袢は色の濃い絽を着ています。
5月に入って、もう単衣だと思うのでそろそろ衣替えやら、浴衣を縫うとか、色々本気で準備しないと!
と思っています。
毎年5月頃はそんな風に思っているのに、あっという間に盛夏の時期がやってきてしまうのであった・・・。

まずは浴衣の準備からかな。
posted by AKA at 11:16 | 着物コーディネート 紬

2012年04月13日

渋い着物 + オレンジ

春に着るのもどうかというダークグリーンのギンガムチェックの着物。
似合わないのが分かっていながらも、選んでしまう時があるんです。

着物コーディネート120413.jpg

「 渋い着物にチャレンジしよう 」
という新たな目標に向かっているわけではなく、単なるローテーション。
でも、これはあまりに地味なので、実家の箪笥に戻そうかと思っています。
そもそも、地味系はどうなんだろう? っていう興味から着始めてみたものの、やっぱり地味過ぎるものは似合わないものですね。


桜のこの時期にまったく関係ない色ですが、明るいオレンジ色をポイントにしてみました。
あまり出番が無くなった明るい色のは処分しようかな・・・って思っていましたが、渋い色と合わせると効果ありますね。
ど真ん中な派手色のオレンジやイエローやピンクの小物は、ここ10年くらいが一番役立たずな時期だっただけで、これからも使える可能性を認識しました。

小物は何も捨てられなくなってしまったという事か。
posted by AKA at 18:47 | 着物コーディネート 紬

2012年03月08日

青い着物

1分で着物を選んで、5分で着ながら小物も組み合わせて出発!
という慌しい朝。

あれこれ色加減など考えている時間はありません。
「 ワントーンでいいやっ 」
となりました。

着物120307_3.jpg

雨になりそうな予報だったので紬。
美術館なら雨になってもかまわないし、そのほうが空いてるだろうからむしろ好都合。
この日の支度時間を考えれば、天気が晴れでも着付けが楽な紬を選んだでしょうけどね。

既に付けてある半衿の中で、一番無難に紬に合いそうな水色の染柄半衿が付いた長襦袢を選び、後はトーンの違う蒼色を着ていくのみ。
流石に帯締めは違う色にしましたが、他すべて青みです。

藍染って和色のスタンダード的な存在だから、他の色ワントーンよりもNGじゃないかな?
でも、いつもこういう風に着たいとは全く思いませんけれど。
posted by AKA at 10:54 | 着物コーディネート 紬