2013年06月13日

旅行に便利な定番着物 その2

松江は雰囲気の良いカフェがけっこうあって、色々な所に行ってみたかったのだけど、とにかく行くべき場所があまりに多すぎて、お茶を飲んでマッタリ、ユッタリ過ごすということが出来ませんでした。
あと1日多く滞在すれば・・・せめてあと半日あれば・・・。

松江から境港に向かう方向に、朝9:30からやっているカフェがあったので、朝食利用で立ち寄りました。

島根130613_1.jpg

島根130613_2.jpg


入店前は 「 朝ごはんをたべよう 」 って思っていたんですよ、もちろん。
それが入口傍のあるケーキケースを見た途端、気持ちがグラグラとしてしまい。
モーニングメニューを無視して、朝っぱらからケーキセットを注文してしまったのです。

ケースに入っていたカットケーキが、更にパワフルに盛り付けされてテーブルにオン!

朝のすきっ腹にもまったく問題なく、スルスルと濃厚なものを胃袋に収めました。
朝からケーキが食べれるお店、近所にも欲しい!


島根130613_3.jpg

前日に引き続き日本庭園。
大根島にあるボタンで有名な由志園です。
足立美術館と違い、回遊庭園なので、広いお庭をあっち行ったりこっち行ったりして楽しみました。
鯉がいたり、滝があったり、なかなかです。

島根130613_4.jpg

この日の着物も旅行の定番、格子柄ベージュの紬。
最近こういう無地感覚の着物を良く着ているような気がしますが、本当はどかっと柄のある着物のほうが好きです。

でもこういう着物って、悪目立ちしないから無難なんですよね。
「 あっ、着物の人がいる〜 」 以上、人の視線も3秒で終了。
要するに安全な着物というやつですね、着ていて楽しい気分になるようなものではありませんが・・・。
その分、帯は大きめの柄とか面白みのある柄を選ぶようにしてます。

お茶やその他お稽古事をしていない私は、無地感覚の小紋と比べれば無地感覚の紬のほうが出番が多いですね。
特に単衣のシーズンは天候不順な事が多い。
外を散策するような企画も多い。
だから必然的に紬がヘビーローテーションになるので、帯で変化をつけやすい色柄が便利なのだと思います。
袷は小紋中心、単衣は紬中心というバランスがベターという結論に至っております。

しかも気温高めになると着物の出番が少なくなるので、夏着物はもともと豊富ではなく、尚更無難という思考に走りがちです。


鳥取130613_5.jpg

鳥取130613_6.jpg

境港の水木しげるロードで、妖怪像を見ていたら雨がポツリ、ポツリと降ってきました。
こんなことになっも、紬なら別に慌てる事もない。
ねずみ男と握手でツーショット写真を撮ったり、妖怪ワールドを楽しみました。
posted by AKA at 19:25 | 着物コーディネート 紬

2013年06月10日

旅行に便利な定番着物

夕方は松江市外地に戻って、松江城周辺の武家屋敷界隈をブラブラと散策しました。

5月・6月の旅行となると、出動率かなり高めな単衣の紬。
ブログを長らく読んで頂いている方なら
「 またこの着物で出かけたのか 」
って思われるくらい、旅行といえばコレという定番の着物です。

着物130610_6.jpg

何と言っても、帯合わせが楽なのです。
私の持っている春〜初夏の帯はピンクやブルートーンの物が多く、着まわしを重視すると結局メンバー入りしてしまうのです。

着物130610_7.jpg

一応、帯や半衿は変えているので、「 どれだけ合わせやすいか 」という視点で見て頂ければ・・・。
洋服だったらこういうペールトーンを着る事はないので、服の好みと着物はまた別モノなのかもしれません。
ラベンダーグラデーション、かなり使えるヤツです!
posted by AKA at 20:56 | 着物コーディネート 紬

2013年03月19日

植物柄と縞模様の着物

最近小紋を着る事が多かったので、強めの色やはっきりした柄のものが着たくなり、コントラスト強めなお召着物にしました。

着物130319.jpg

今年は春の花が間隔を置かずに、どどーっと咲いてしまいそう。
具象柄の花モチーフはどれをどのタイミングで登場させるか悩んでいるうちに、桜の開花です。
水仙も木蓮もスルー。

唯一3月らしいものは珊瑚の帯留。
誕生石なので、最近珊瑚への愛着が湧いてきました。
赤系は着物と相性が良いので、トレードマークみたいにもっと頻繁に身につけようかな、と思ったりします。

しかし、
誕生石と言われながらも、石じゃなく珊瑚は生物・・・どこからどう見てもそう見えない。
サンゴ虫っていったいどういう生態なのか、まったく海の中は不思議が一杯ですね。
子供の頃は鉱物じゃないどころか、植物だと思ってました。
( 琥珀が植物の樹液と知った時も感心しましたが・・・ )

宝石サンゴって深海に生息しているって聞いた事あるけど、昔の人はどうやって採取していたのかちょっと知りたい。
今は何でも簡単確実に採取できるけど、そうなったら今度は取り過ぎてワシントン条約入り。
人間って丁度良くほどほどにするっていう事が出来ない生き物なのでしょうか?
( 所有者の1人のくせにこんな事言うのはなんですが )

私は水との相性が良いので、海水で育った物には縁を感じます。
せめて、死ぬまで大切に使おう。
posted by AKA at 19:39 | 着物コーディネート 紬

2012年11月12日

古い町と黒い紬

白山スーパー林道の帰り道、高山に寄りました。


高山121112_1.jpg


黄色い外壁と金色の葉っぱが綺麗でパチリ。


高山121112_2.jpg


朝市では、こういうものも売っているのですね。
乾物として食す?
それともインテリアとして使うのでしょうか?
ちょっと前なら飛びついて買ったかもしれないけれど、今は材料に占拠されつつある我家なので、飾り物や目的が定かでないものには、全く気持ちが動かなくなりました。


高山121112_3.jpg


街と馴染みそうなので黒の着物に黒の帯。
全体を黒にするってあまりしませんが、展覧会でもワントーンな着物を選んだりして、今年の傾向という感じです。

やることが山積みでなければもっとゆっくりと休みを取りたかったのですが、珍しく駆け足気味に終了。
何だか、展覧会前のほうがゆとりがあったかも・・・という悲しい秋です。
posted by AKA at 22:35 | 着物コーディネート 紬