2018年08月14日

猛暑の最中に夏着物

今年は梅雨明けも早く、冗談みたいな気温の為に盛夏の着物を着るチャンスがほとんど無いのですが、車移動の時に無謀にもチャレンジしてみました。


着物180814_1.jpg


汗取+長襦袢+着物+夏八寸帯
というフル装備を着込んでいます。

エアコンの効いた所で着て、ささっと車に乗り込み、ホテルに駐車して食事。
「これならいけるでしょう」
って思ったのですが。
部屋を一歩出た途端にかなりウッとなり、中々一筋縄ではいかない予感。

濃色着物って物によっては汗をかくと、帯や帯揚げに色移りしてダメにしてしまう事もあります。
この着物は正にそういう欠点をもった一枚なので、お気に入りの夏物にもかかわらず夏真っ只中に出番がなく、車ならばと思ったのに不安になってきました。

大好きな着物を着ている、というのはすごく楽しいんだけどハラハラしながらというのはちょっとね。
濃色の正絹夏物を持つなら、端材で色落ち加減を確かめないと危険。
この日の紗献上も前回この着物で既に縁や帯枕付近が黒く染まってしまい、残念なことになってます。
だからこの着物の時は更に被害を広げない為に、この帯を専用にしてしまいました。


180814_2.jpg


外気に触れる時間は短かったにもかかわらず、結構体温は上がり気味。
クールデザートが美味しいのなんのって、桃を速攻で完食し、お代りがほしいくらいの心境。
今年は早々に桃を見かけて喜んでいたのに価格が上がってしまい、今はじぃっと見つめて買わずに我慢していたので、ピーチメルバに歓喜しました。


結局、この暑さが一段落するまでフル装備は絶対に無理!みたいです。

スーツとかなら上着を脱ぐとか多少なりとも調整ができるけど、着物の場合、着てしまったものは一枚たりとも剥ぎ取る事が出来ないので、帰宅までひたすらに我慢しかありません。
車移動ですらこの為体ですからね。
街を歩くなんて、ちょっと考えられないかな。

友達に
「こんな夏でも着物着てる?」
って聞かれたけど、好きでもどうにもならないわと即答してしまいました。

30℃までなら何とかなる。
32℃までなら根性。
35℃までなら我慢大会。
35℃を超えたら自殺行為。

この調子だと、夏着物が日本から絶滅してしまいそう。
posted by AKA at 18:45 | 着物コーディネート 紬

2018年06月12日

6月最初の着物

着物180612_1.jpg


アヤメ鑑賞は絶好のお出かけ日和。
日差しがギラギラでした。
気温はかなり高くなる予報でしたが、絽の着物にしようか迷った末、6月入って早々という時期だったので薄手の単衣紬にしました。

湿度もそれほど高くなかったので、汗もかかずに散策できました。
無論、絽だったら寒かっただろうという事はなく、より快適だったかもしれませんけど。


180612_2.jpg


180612_3.jpg


佐原はこじんまりと可愛くて情緒のある街並です。
カフェとか一休みするお店は少ないのですが、所要時間も長くはないし、水郷エリアのアヤメ祭りでは他に周るところが目白押しなのであまり滞在時間もとれず気になりません。
でも、以前に来た時には無かった、古民家をちょっとシャビーな雰囲気に設えたお店も見かけました。
ふらっと散歩に立ち寄ると楽しい場所という街ですが、少しづつオシャレ系のお店も増えていくのかもしれません。
次回訪れた時どうなってるか楽しみ。


着物180612_4.jpg


この日の着物は花織の単衣紬と花織の単衣帯の組み合わせ。
襦袢は暑さ対策で、盛夏用の本麻のふくれ織にしたので、体に着物が貼りつかなくて効果絶大でした。
絽の長襦袢だったら、外を歩き回るような活動量だと汗ばんで、肌にペタペタしただろうと思います。
夏でも冬でも適温で快適に保つためには長襦袢選びはやっぱり重要ですね。
posted by AKA at 11:59 | 着物コーディネート 紬

2018年05月27日

5月イメージの着物

180527_1.jpg


この春は暑かったり寒かったりが忙しい5月でしたね。

まだまだ快適に着物を着れる気温です。
梅雨前に色々着ておきたい。

着物180527_2.jpg


白の単衣紬と花々の帯。

GW頃は単衣も袷もその日の気分で着ていて、どっちだと暑いとか寒いとか感じなかったのですが、梅雨も近づくと単衣でも蒸すようになってきます。
5月と9月って、数週間で物凄いスピードで季節が変わっていくのをダッシュで追っかけているような慌しさを毎年感じています。
posted by AKA at 17:32 | 着物コーディネート 紬

2017年12月27日

渋い着物が苦手です

" 地味な着物 " と " 渋い着物 " の境目って微妙です。

多分、同じ着物でも着る人のキャラクターと合ってれば渋い。
(どちらかというと粋でカッコイイというニュアンス)

合っていなければ地味。
(大人しいというよりぱっとしないニュアンス)

どの辺りから地味になったり渋くなったりするのか加減がまだよく分かりませんが、渋いっていう路線がポジティブな意味合いだとしても、私にはあまり似合わない路線みたいです。


着物171227.jpg


久々に着たダークグリーンのギンガムチェック着物はまだまだ似合わないものでした。
半襟にパッとしたものを合わせないと、体調不良の人みたいに悲壮感漂ってきます。
着物でここまで人を沈んで見せるものは珍しい。

更に帯もカラフルな物を選んでも、まだまだ色がもの足りなく感じた。
いっそ地味色+地味色にしたほうが、着物の地味さが薄れたのでは?という可能性すら過りました。
今度試してみよう。
posted by AKA at 21:53 | 着物コーディネート 紬