2017年05月04日

水玉お召の着物

赤いドット柄なんてもうお嬢ちゃんっぽくて、着るのはやめたほうがいいのかも。
先月の展覧会での着物販売の時にも、手放そうか迷った挙句、
「 もう少しだけ 」
決心がつかず保留にしたお召。


着物170504_1.jpg


とにかくふんわりと着心地が良くて、出来れば一生愛用したいけど・・・
どうだろう?


展覧会前から胃の調子が悪く、みぞおち痛に悩まされる。
多分、胃そのものには問題は無く、機能性ディスペプシア。
神経系には漢方が効くらしく、安中散を服用したら大分復活したけど、まだずっしり思い着物や帯を着用するのは不安。
こんな時もこの着物なら大丈夫という優しい一枚です。


170504_2.jpg


こういう体調だと肉とか受け付けなくなってしまって、近頃野菜ばかり。
早く回復して、魚や肉をモリモリ食べて体力を戻したい。

空がキラキラして思いっきり戸外を満喫したいのだけど、今のところ日光浴程度でガマンです。


そろそろ単衣の準備をしなくちゃ。
袷の着物は今シーズンは最後かな。

posted by AKA at 21:46 | 着物コーディネート 紬

2017年02月06日

母親の帯と私の着物

母の着物趣味は比較的オーソドックスだったので、無難すぎる着物コーディネートになってしまうから出番は少ないけれど、状態は良いので長く使えそうな品が多い。


私のお召と合わせた母の帯。
モダン柄は嫌いだった人なので、その点も使いやすくて助かってる。


着物170205_1.jpg


但し、問題はデザインではなく幅なのであった。


如何せんあの時代は『 粋 』な雰囲気を目指している。
羽織はジャケットのような丈だし、帯も今の主流からすると細い。
どういう感覚が『 粋 』かは時代感なので、良いとか悪いとか言えるものではないけれど、物資が不足していた為だろうか、全てが何かと短く、そして細い。


中でも草履と鼻緒の細さは、二度とあんなもの流行らせるな!という代物。


私も子供の頃から履いていたが、あれで長時間歩く事を思うと、二度と着物なんて着なくていいと思えるほどツライ物だった記憶がある。
足の幅より狭く、踵もかなり出した足の裏がはみ出る草履の台に、クッション性ゼロのキチキチした細い鼻緒に指をギュウギュウ挟まれる。
あの草履のせいで痛む足に耐え切れず、着物を着なくなった人が続出したのではないか? と思ってしまうほど。


あの頃の『 粋 』っていうのは、江戸っ子的にいうところの『 いきがってる 』やせ我慢の感覚なのかな。
確かに着物を着た後に、鼻緒で擦れた真っ赤な足で熱いお風呂に浸かるのは、かなりの我慢を要した事は確かです。


母の帯も少しづつ仕立て直して幅出ししていかなくちゃ。
中々進まず、細いまま使用する日々ですけど。
posted by AKA at 00:07 | 着物コーディネート 紬

2016年11月02日

着物の展示会へ

着物161102_1.jpg


ハラマキandによる企画『 きものものの 』 へ行ってまいりました!


美しい作品。
ワークショップ。
コーヒーもお菓子も美味しいカフェ。

モリモリに盛り沢山な楽しい企画で、訪れた方々もみーーんな楽しそう。
素敵な企画でした。


自分の作品展の時は、着物を着る方でもお洋服で見に着て下さる方も多いので、会場一杯の着物人は圧巻でした。
渋い着物が好きな方。
アンティーク着物が好きな方。
「 ほぉぉぉ〜 」
作品プラス着物姿の女性も眺めて過ごして、かなり長い間居座ってしまいました。
面白かったぁ。


着物161102_2.jpg


私は疋田絞り柄のお召にデコ柄の帯。
この帯は恐らく稼働率ナンバー1。

今回の『 きものものの 』でも、創作帯作家の中村かをるさんが素敵なアールデコの帯を沢山展示していらっしゃいました。
アールデコは色々な時代の着物に合わせやすいし、年齢も幅広く使える図柄が多いのも魅力。
と思うのは、学生時代からアールデコ好きの私の個人的見解ですけど。
posted by AKA at 19:04 | 着物コーディネート 紬

2016年10月17日

秋の着物で和の催事へ

三渓園161017_1.jpg


日本の秋をテーマに25名の作家さんの作品に触れる企画、『 手仕事に遊ぶ錦秋 』と題した催事を見に、三渓園に出かけました。
初夏に開催される 『 夏じたく 』 の展示も何度かお誘い頂いたのに、運悪く見に行けなかったので、ようやく来れた! とウキウキです。

素敵な着物姿の方が沢山いらっしゃいます。
いいですね、こういうイベント。


着物161017_2.jpg


お誘い頂いたSちゃんとMちゃん。
長身のSちゃんは、粋な感じやカッコイイ着物が良く似合います。
小柄なMちゃんはふんわりとした雰囲気で、フェミニンな感じの着物コーデ。

その人の個性にぴったりな物が絶対あるっていうのが着物の凄いところですよね。


三渓園161017_3.jpg


飯島桃子作 柘榴刺繍帯、を前に暗めの室内で何とか撮影を試みる必死の姿を撮られておりました。

この帯ステキでしょ?
月末の『 きものものの 』 でも、刺繍帯をご欄頂けますので是非。


三渓園161017_4.jpg


桃子さんに喫茶券を頂いたので、中庭をみながらおしゃべりに興じました。
こうなると時間が過ぎるのはあっという間。


三渓園は子供の頃に着た事があるけれど、おぼろげな記憶でした。

着物161017_5.jpg


想像していたよりも大きな池。
これから秋が深まれば違った趣の庭になるんでしょうね。
庭も建物も美しい作品も充分過ぎるくらい堪能したので、大満足で一日が終了しました。


着物161017_6.jpg


暑くなるのか、寒くなるのか。
雨が降るのか、降らないのか。
曖昧な予測しか立たなかったので、大島紬にしました。

帯留と指輪に珊瑚を選んで、支度が済んで出かける前に何気なく最後に髪に刺した簪も珊瑚でした。
簪の方は自分では見えないし、ほぼ無意識に選んだからその内忘れてしまったのですが、
「 三点珊瑚づくし 」
って言われて、お揃いになっていた事に気づく。
ほぼ偶然そうなったのだけど・・・。
流石、着物好きの方々の感度はすごいですね。
posted by AKA at 16:13 | 着物コーディネート 紬