2015年11月30日

秋の模様の羽織で

羽織というアイテムは大好き。
でも、本音を言うと・・・羽織を合わせる事で組み合わせが難しくなるのが面倒くさい!


着たい着物から羽織を選ぶと、絞りの羽織が無難になる。
又は
全くコーディネートが立ち行かなくなる。
というハードルを今だ超えられません。

着物を買う時、帯の事は念頭にありますが、羽織の事まで考えて選んでない。
以前は道行を着る事のほうが多くて、無難な道行ならば着物の柄に左右されなかったからかもしれません。


という事は今後、様々な絞りパターンを増やせばよいって事かしら?
でも、それはちょっとつまらない気がする。
ちょっと大胆な模様でもさりげなく取り入れられるのが羽織の醍醐味でもありますしね。
羽織は上手く組み合わせられれば、着物のコーディネートに複雑な面白さを加えられるアイテムには違いないので、難なく着られる様にはなりたいです。


羽織151130_1.jpg


故に致し方なく、羽織を先に選んで着物を後から選択。
柔らかな雰囲気の羽織に粋系の着物を組み合わせました。
羽織と馴染みが悪くなるので、着物以外は全てクラシックな感じのテイストで選んでます。


着物151130_2.jpg


バッグは猫クラッチ。


クラッチもある程度の容量があれば使いにくくないですね。
でも、ちゃんとエコバックを入れてあります。
お買い物しちゃっても安心。


着物の場合は肩がけでバックは持てないから、手がふさがるのはハンドバッグでも一緒の事。
抱えて持つと重さも楽な感じがします。
今までクラッチを毛嫌いしてたけど、着物だったら荷物をブラブラさせるよりスッキリしてていいかも。

2015年03月12日

和菓子バイキングの会

銀座の金沢で開催された " 弥生の笛 " 竹笛の演奏と金沢の和菓子バイキング という催しに行ってきました。

演奏が主たる目的か
お菓子が目的か

どちらかといえばお菓子・・・だったのですが


和菓子150312_2.jpg


和菓子150312_3.jpg


お砂糖がダイレクトに攻めてくる感じで、全く量が食べれません。
そうだったのね・・・やってみて初めて分かった。
ケーキのほうが数がこなせる。


という事で途中で食べるのを放棄し、真剣に竹笛に耳を傾ける。
( 本来の趣旨を忘れ過ぎ! )

ほぉおおお、
凄い変化がある巧みな音色です。
美しかった。

気軽に伝統芸能に触れる事ができるので、こういうイベントはいいな。
そのあたりのアンテナの感度抜群な方々にお誘い頂いたので、ぼーーっとしててもまたお声かけてもらえるのを期待しちゃお。


さて、この日の着物


着物150312_1.jpg


遅れ過ぎですが椿です。
色が春っぽいので真冬に使ったことがない帯です。
3月あたり、ちょっとウキウキしてくると身に着けたくなる配色なんです。

2015年01月01日

初詣とお正月の着物 2015

皆様 あけましておめでとうございます
どうぞ本年も宜しくお願い致します。


今年の初詣は伊香保神社に行ってみる事にしました。
我ながらどうしてそんな事を思いついたのか? という今までにない行動です。
( 伊香保温泉の石段はパワースポットだと聞いたからかもしれません )


伊香保150101_1.jpg


日光東照宮の時は防寒バッチリ体制だったのに、伊香保は雪が無いところだからと普通の冬くらいの着込みで行ったら、「 舐めんなっ 」 とばかりの寒風が身に染みました。
やっぱりショールと爪皮をプラスすれば良かった・・・


伊香保150101_2.jpg


300段超えの石段を上がって神社に向かいます。


伊香保150101_3.jpg


途中お土産屋さんや温泉街らしく射的場なども何軒もあって、超昭和なムード!


伊香保150101_4.jpg


甘酒・温泉まんじゅう・おでんなどをスルーして、かわいい民芸調のお店のカレーに決定。
味はちゃんと平成スタイルでした。



伊香保150101_4.jpg


登る前は寒かったけど、軽めの階段運動とスパイスの甲斐あって帰る頃には平気になっていました。
観光バスも横づけ状況だったけど、程好い人ごみ加減だったし楽しかったです。
石段の途中には勿論日帰り温泉もあるし、旅館前の足湯で休憩もできるし、情緒もあるのでお勧めです。




ところで年末に、
「 今年は記事のアップが少なかったですが、お忙しかったですか?これからも楽しみにしています。 」
という着物がお好きな方からの励ましのお言葉を頂戴しまして、本当に有難い気持ちで一杯です。
ありがとうございました。


たいして忙しくも無いのにこの有様・・・。

多分 『 計画的に着物を着る 』、という時期が過ぎて 『 適当に着る 』 という状況になってしまったのが理由かと。
写真を撮る事を忘れちゃうのですね〜。
そして、着なれた着物だと自分の中で目新しいと感じなくなっちゃったのでしょうね。

着物LOVEは相変わらずなので頑張ります!


そして、本日元旦の着物。

着物150101_6.jpg



この着物、まーーーったく着ていなかったので、久々に正月にでもと決めていたにも関わらず、コレに合う帯は実家に置き去りにしてました。
母の着物なので、母好みの帯のほうが合うはずだったのに・・・。


こういう所ですよ。
最近の着物に対する不甲斐なさを象徴するような為体です。

有り合わせの帯で何とかしましたが、未完成的コーデで満足度低し! でした。

2014年09月08日

水玉の夏着物

今年縫った紗の小紋を今頃ようやく着ました。
新しく作った着物って、「 早く着たいっ♪ 」 って思うものだけど・・・何やってたんでしょう。
危うく秋に突入してしまうところだった。


蒸し暑いこの日、指輪展を見に西洋美術館に行き、上野公園内のスタバに向かいました。
平日にも関わらず、スタバ激混み。
いつ行っても席の確保が大変なのに、ついつい足が向いてしまう。
公園内なのに21時まで営業!
今度夜に来てみようか・・・
以前池之端に住んでた時は、家から上野駅まで通勤路で上野公園を抜けてたけど、夜になったら怖くて迂回してました。
時代は変わったのね。


緑地にもかかわず湿度は高めでしたが、不快感はそれほどでもなく、日傘ナシでも着物で大丈夫でした。


着物140908_1.jpg


涼しさの追求で作った着物だけあって、流石に快適さは夏物の中で一番だった。
以前の記事でご紹介したとおり、レースっぽい織なので隙間が多くて湿気が抜けやすい。
良かった。
唯、薄すぎて風が吹くとヒラヒラしてしまうのがちょっと欠点かな。


着物140908_2.jpg


黄色系の着物がまた増えちゃったけど、帯合わせとか時期の幅とかを考えると、私の場合はどうやらこういう色を選んでしまうようです。
こういう色は汗ジミが目立ったり、色落ちのトラブルも少ないので扱いは楽ですね。