2016年11月22日

着物と羽織で異人館

着物161122_2.jpg


姫路から神戸に移動したら、翌日には何とか天気が回復したので着物でプラプラ。

何度でもついつい来ちゃう北野と異人館街。
急スロープだとお草履はちょっとツライです。


161122_1.jpg


ハンター邸のHのマーク、LOVE!


161122_3.jpg


前回パスした『 うろこの家 』 を見学。
すっごく素敵なステンドグラスが沢山あって目がハートマークになりました。


着物161122_4.jpg


最上階の窓からは神戸の街が一望できて、足袋で滑る足をふんばりながら坂を上がった甲斐がありました。

前回このエリアに着た時は、中国人観光客に写真攻めにあったのですが、今回はそんな事もなく、すんなりと観光が終了しました。


161122_5.jpg


お土産にほおずきのチョコレートを頂きました。
これは贅沢なお菓子ですね。

何年か前に懐石料理の八寸で、食用ほおずきが出されて食したことがあるのですが、南国フルーツみたいな系統の味がして美味しかったので、買おうと思ったのですが、そこら辺で売っている代物じゃない様です。
以来食べる機会が無かったのですが、まさかプレゼントで出会えるとは。

東京で買えるか調べたら、神戸限定でした。
しかも、一日に3〜5箱のみの販売らしいです。
私達一行に3箱頂いたので、この日は売り切れだったかもしれないんですね〜。

神戸は美味しい洋菓子が沢山あって、本当に羨ましい街です。

2016年11月12日

花の羽織のコーディネート

10月・11月はいかにも秋らしい、という色合いや柄の着物を着る事が多いです。

でも、赤とか辛子色とか濃色とか、こっくりとした色の着物ばかり続くと、季節感に合っていても正直飽きてしまいます。
花柄が好きだけど、秋といえば菊、菊、菊。
菊柄ばっかり。
他っていうとツワブキとか? でも持っていないけど。
マニアックに彼岸花やキンモクセイっていうのもあるけれど、九月で初秋って感じですよね。


という事で、気分転換に全く秋らしさがない着物で外出。


着物161112_1.jpg


とはいえ、これはほとんど春のよう。


バラ柄の羽織は春に着ようと思っていても、春の羽織の季節にあまり出番がないのです。
お気に入りなのにここ数年着てません。
基本、洋花は通年着てもOKといわれているので、秋でもかまわず着ちゃおう。
この際着物も帯も全部洋花で統一。

でもピンクとか、軽い色の着物ではないので、そんなに違和感は感じませんでした。
流石に出番が無くても、ワラビの柄とかは秋にチャレンジは難しい。
何とか春に着なくては!


161112_2.jpg


この日、友達とランチのデザートを食べていて、最近のクオリティー高いデザートブュッフェの話題で盛り上がりました。

とにかくホテルのケーキブュッフェはスゴイらしいね、と。
行きたい欲望があっても、甘党でも、やっぱりケーキを大量に食べ続けるってハードル高いです。


結局、コースの最後に出されるデザートくらいで満足できるよね、と話は落ち着いたのですが、ウェスティンホテルのは一度だけでもチャレンジしてみたいものです。
翌日胃もたれで何にも食べれなくなりそうだけど。

2016年09月06日

単衣着物を浴衣のように

まさに残暑。
毎年9月に突入して直ぐのタイミングは 「 何を着よう 」 と迷いに迷う。

襦袢を着て夏着物を羽織ったら、ダメだわこれは・・・と、すっかり弱気になり脱ぎ棄てた。
しかも、この日は焼肉に行くことになり、何を着たらいいのかますます迷う。


着物160905_1.jpg


9月に入った途端に、浴衣ってわけにはいかないような状況になってしまうので、結局単衣の着物を浴衣風に長襦袢ナシで着てみた。
見た目の簡単さは同じようなものなのに、「 浴衣じゃないよ 」 と本人が自覚しているだけで堂々としていられるのは不思議なものですね。
お陰で快適でした。


160905_2.jpg


炭火焼でも、最近は煙がモクモクと充満するような事もなくなりましたね。
臭いがついたら衣替えで洗ってしまおうと覚悟はしたんですが、翌日着物をクンクン嗅いでみたけれど、焼肉店の痕跡は感じられなかった。
煙吸引はかなりの威力を発揮してるようです。

2016年01月05日

羽織で初詣

あけましておめでとうございます!
暖かいお正月ですね。
今年は特にイベントも無く、ダラダラと、いえ、のんびりとお正月を過ごしました。


160105_1.jpg


ちょこっとお稲荷さんに初詣に行ったら、外国人観光客だらけでビックリ。
どうやら海外の方は余程お稲荷さんが好きみたいですね。


日本人がどうやってお参りするのか真剣に見ながら順番を待っているようでしたが、肝心の日本人が二礼しない人や、鈴緒を振ってガラガラ鳴らす人・鳴らさない人と様々。
結局どうやるのか判然としなかったようで、何だか不思議なお参りをしているのが微笑ましかった。


私だったら外国に行って、少しでも宗教的な行事に見様見真似で参加することはしないと思うので、そういう所は日本はある意味大らかな感じで懐深いかも。


羽織160105_2.jpg


あり合わせ感満載の適当な着物コーディネートで出かけました。
例年に比べてお正月的な香りは全くしません、残念。


1月に羽織以外の防寒を全くしないで出かけられるって記憶にないです。
楽ですけど、お正月はちょっとキリッと冷たい空気のほうが、身が引き締まる感じがしていいんですけどね。