2009年12月15日

冬に着る白っぽい着物

寒い季節には濃い色の着物を選んでしまう事が多いので、ちょっと気分を変えて白っぽい着物を組み合わせてみました。
冬に白のニットやコートを着るのには抵抗がないのに、白々した着物を着ている人は流石にあまり見かける事がなくなりますね。
鬼しぼ縮緬くらいモコモコとしたテクスチャーがあれば、少しは暖かそうな雰囲気がして抵抗感も薄れそうですが・・・。

着物091215_1.jpg

一越縮緬のストライプの着物 + 少しは暖かそうな色のアーガイル模様の衿、帯締めもアーガイル模様にしました。
やっぱりなんとなく寒そうなコーディネートに感じられてしまいますが、多分同じ色合いでも綸子だったら、もっと寒々として見えるかもしれません。
( 実際の体温にはなんら影響はないのですけど )
でも冬は上着必須ですので、半分は隠れちゃいます。
むしろ秋の 「 上着無しでもいいか 」 っていう温度の日のほうが、白っぽい着物は相応しくなく見えるかもしれない。

着物091215_2.jpg

最初は黒の羽織を着る予定でしたけど、なんとなくスッキリしすぎてしまって余計に白っぽさが寒々して見えたので、最近はあまり着る機会の無くなった赤系の絞りを合わせてみました。
街はクリスマスムードだし、60'sムード満開な 『 ヴェルナー・パントン展 』 に行くので、柄モノよりもビビットで無地感覚の物が気分に合うかも・・・という理由。

着物091215_3.jpg

今あっちこっちのビルがイルミネーションしてますね、やっぱりクリスマスって楽しいな♪
最近はミッドタウンとかが海みたいな色にしたり新しさの追求をしている中で、オペラシティはなんとも王道な色使い。
ヴェルナー・パントン展も “ 赤 ” が結構効いていたし、今日のテーマカラーの色みたいになりました。

2009年11月24日

着物と羽織の組合せは

羽織ってどちらかと言えば好きなので、必須的にしたいくらいなのですが、全体のバランスについて悩むのは避けられない。
道行や道中着などのコートは着物のほとんどを隠しちゃうので、そういう悩みは無いけれど、羽織のほうが面白味は出せるような・・・?。

羽織091124.jpg

紫ベースに色を組み合わせていきました。
あえて着物・羽織の柄に配色されていないグリーンを衿にして、挿し色にしました。
帯は最後まで決着付かず、花柄などは避けましたが、捨てた部分という感じです。

出かける前の日の用意の時も、悩みも楽しみの一つ・・・と思いつつも帯選びを最後にしたもんだから、「 コレは?、ダメ 」 「 じゃあコレ!、なんか違う 」 「 アレなんかどうかな?う〜〜ん、いまいち 」 という具合になって、これじゃ丸1日かけても決着つかん、というところまでハマッてしまって気分が悪くなり、もう最後は気が抜けた感じになりました。
大抵車で外出する事がほとんどなんで、そういう時は真冬でもコート不要が多くて、こんな苦悩は頻度が低いのですけど、こういう日もある。

着物091124.jpg

下町のカフェで友達とお喋り。
何着てたって、お喋りには全く影響を及ぼす事はございません! ですから、バカみたいに悩むのは時間の無駄遣いってものですね。
柄モノの羽織なら、羽織以外はぜーんぶ気が抜けたくらいの雰囲気でオッケーなんでしょう。
やはり主役は1アイテムが妥当って事ですね。

2009年11月18日

青系着物の色合わせ

今日は寒色系の着物コーディネート。
無難な着物と帯選びの基本、同系色の色あわせにしました。
青は苦手な色だから選ぶ機会が少なくなってしまうけれど、食わず嫌いって事も考えられるし、青系を克服しないと着物の幅はぐっと狭くなってしまうかもしれません。

着物091118.jpg

色も縞柄もけっこう気にいっている綸子の着物を着るのは久しぶり。
あまり着ないのは “ 着心地最悪 ” だから。
時にはこんな事もあるんでしょう・・・同じような生地に見えても、織物は都度違う物ですから。

綸子は一越などに比べれば滑る生地だと思うし、母に着付つけの特訓を受けていた頃には 「 気やすい着物ばかりでは腕が上がらないから、綸子で練習しなさい 」 と言ってたくらいだから、ピシッと着るのは難しいのでしょう。
だけど他の綸子に比べてもこの着物はひどすぎる、品物が良くなかったのだろうか?

あっちこっち留める位置や紐の加減なんかを変えてみたけど、毎回なんかしっくりこない。
今日も 「 きぃぃーーー 」 ってなってしまった。

着るには着てみたけど、どうにも納得いかなくって母に電話してみたら
「 着物に文句言っててもしょうがないでしょ、着付けでどうにもならない時は長襦袢を変えてみなさい 」
と考えてもみなかった事を言われた。

いままでどの長襦袢で合わせていたのか記憶がないけれど、多少影響はあるだろうなと腑に落ちた。
今日以降アレはダメ、コレもダメ、って篩いにかけていってみよう。
オールキャスト総崩れの可能性もあるけれど。

2009年11月05日

冬の着物の色合わせ

急に冷えた日、秋なのに麗らかな気分にならず “ 冬気分をテーマ ” に着物をコーディネートしました。
唐草模様の縮緬着物と花唐草の刺繍帯。
黒の帯は着物に対して補色なので色数なくてもキツイ印象の組み合わせですが、カジュアルダウンして着れます。
暖かい赤とか濃厚色でなく、少々冷たいキーーンとした色あわせで・・・

着物091105.jpg

この着物、久しぶりに着ました。
というか、柔らかモノの着物自体が久々という感じです。
最後に着たのいつ?・・・初夏だったかも?

縮緬って改まった雰囲気になるので、ちょっとした外出とか旅行とかには選ばないためか、着る機会が少なくなってしまう。
その上この着物はどちらかというと大人しい色合いの着物なので、「 まだまだ年とっても着れそう・・・ 」 というデザインの為に後回しにされて、ベンチ入りみたいな扱いになってしまうのです。

帯次第で若々しく着たり、大人しく着たり出来そうな着物ですが、夏以外で寒色系統の色合わせをする事があまりないので、もう少し違うコーディネートができないか工夫をしてみようと思いました。

同じ着物がガラリと変わる 正統派着物の色あわせ2 へ