2009年07月14日

風速を感じる着物の柄

「 それ何の柄? 」 と聞かれて、返答に困る模様ってあります。
着物は特に特定の名称がある柄の場合が多いから、余計に模様が気になる。

「 唯の模様です 」 と答えたら、作者のアイデンティティーを踏みにじった事になるかもしれません。
そういう場合は “ 創作柄 ” がベストアンサー?
中には抽象的でありながら、何かストーリーがあって描いたとしか思えないようなものにも出会う。

着物090714.jpg

アプリコット系の着物はかなり気に入っている模様なのですが、袷着物だったのを単衣に直そうと解いたもの。
見るたびに 『 ビューン 』 と効果音が聞こえそう。
雫型の粒が台風のごとく渦を巻いて吹き飛ぶ感じの模様で、脱水機的な勢いがあります。
乱菊柄の変化系かしら?

もう一方は綿帽子かなにか、植物的雰囲気を感じるものが飛び交っています。
こちらも雨粒を感じさせる水玉が配置。

でも全て想像。
見る人によって想像するシーンは違うでしょう。
いっそのこと作者の解説が付いていたら面白いのにと思う。
posted by AKA at 18:09 | 着物いろいろ話

2009年05月11日

東京の古い建物とキモノ

偶然にも昭和な雰囲気満載の長屋やレトロ建物を訪れる企画が続きました。
江戸東京たてもの園にドライブ / 東京下町自転車ぐるり

江戸東京たてもの園はレトロで懐かしい雰囲気を味わえる場所、という事で良く紹介されている施設。
友達と 「 今度行こうね! 」 と約束したまま年月が経過し、ようやく実行、以前ならフットワーク良く 「 来週にする?再来週にする? 」 という感じだったのに、「 来月にする?再来月にする? 」 という調整の仕方になってきているせいで、むしろなかなか実行出来ない企画が多くなってる気がする。
そんな待望の施設だったのですが、かなり満喫できました。

東京たてもの園.jpg

東京たてもの園2.jpg

和風だったり、洋風だったり・・・
ついつい、どの家に住みたいか?とか、そういう妄想が話題の中心になってしまいます。

そして下町サイクリング。( byママチャリ )
最近は浅草橋や日暮里などの下町での材料仕入れは自転車で行くようになりました。
家から歩いて、電車を待って乗り、目的地まで歩くなら自転車でも所要時間は一緒なんで、健康的だし効率良く回れるので自転車派になりつつあります。

下町の蕎麦屋.jpg

なんとも超可愛いウィンドウディスプレイがあるレトロ蕎麦カフェ 「 長屋茶房 天真庵 」 を発見したり、町家を改装したスパイスカフェで、やはり下町っ子の友達とランチしたりと楽しい時間でした。

違う場所で写真を撮っているのに、白系か茶系の色しか写っていない・・・どうやらこの2色がレトロの象徴ということかな?
posted by AKA at 12:01 | 着物いろいろ話

2009年04月23日

着物で車の運転

着物を着て外出中に 『 今ワタシ注目されてる?・・・・ 』 と感じる瞬間、それは車を運転している時なんです。
普段着物を着ない方々( つまり国民のほとんど? ) 男女年齢問わず、“ 着物を着て運転はできない、っていうか、ありえない ” と思っているフシがあります。

着物-090423.jpg

私は着物のまま、京都とか何百キロも離れた観光地まで運転します。
着物の形状は激しい動きには不向きなので、走る、飛ぶ、跨ぐ、回転する、などの運動には確かに適してないです。
しかーし、車の運転には上記のような動きは含まれていませんし、あえていうなら運転は運動ではありません。
イブニングドレスでも着物でも、まったく問題なくハンドルも回せるし、ブレーキも踏めるし、ギアも動かせます。
着物を着てるとハンドルさばきが悪くなるとかもないです。
着物もドレスも要するに肝心なのは足元、運転中は別の安全な履物に変えればOK。

私が運転席から降りると一斉に視線が集まったり、一人で運転席の鍵を開けていると発車するまでジーーーと見られることもあります。
信号待ちをしている時、対向車や並びの車の人が 「 ねえねえ!見て!着物のヒトが運転してるよ 」 と車内で私の方を思いっきり指差すのがハッキリ見える事もあります。
もちろんその声が聞こえたわけじゃないけれど、そこまで堂々と指さされたら想像は容易です、車に問題はないし、他の理由もまったく思いつかないんですから。

運転はできないだろう・・・くらいならまだイイほうかもしれないですね。
「 トイレは行けるの? 」 とか、「 食事入んないでしょ?」 とかも言われます。
もちろん公衆トイレにも入るし、食べ放題のバイキングに行ってアレコレなんでもガツガツ食べます。
どうも着物を着たらなーーーんにも出来なくなると思っているヒトが多いみたい。
この間も 「 やばっ、電車着てる! 」 と駅のエスカレーターを駆け上がり、ピョーンと飛び乗りセーフだったのですが、乗客のほとんどが驚いたような視線を私に向けた。
駆け込み乗車をする着物オンナっていうのは、相当皆さんの想像外だったのかな? お行儀の悪いまねをしてしまい反省です。
posted by AKA at 12:45 | 着物いろいろ話

2009年04月11日

歴史博物館と佐倉散策

『 錦絵はいかにつくられたか 』 の展示が見たくて、佐倉の国立歴史博物館へ。
浮世絵も他の展覧会で多く見かける花魁系と少し違った目線のコレクションで、大店の広告とか面白いものがあったりする。
流石に国立って事だけあって、常設展示も見ごたえがあった・・・何で今まで来なかったんだろう?
成田山はお参りに行くことが結構あったけど、特に目的がなかったためか佐倉へ出かけるのは初めてだと思う。

佐倉090412_2.jpg

古代から昭和までの風俗や建物や街並やらが再現されていたり、難しい薀蓄無しで、楽しく見られるように工夫されていました。

佐倉090412.jpg

その後、武家屋敷とか旧堀田邸へ。
NHK大河ドラマ『篤姫』で、老中・堀田正睦を辰巳琢郎が演じていて、ゆかりの地として佐倉藩が取り上げられていましたが、TVで初めてこんなトコあったのねーと知ったのでした。

しかし、桜の終わり頃という季節にもかかわらず、猛烈に暑かった! 完全に日差しは夏ですね。
佐倉あたりだし・・・と藍の大島紬という軽装で出かけたにもかかわらず汗かきそうになった。
コレで暑いとなったら、何着ればいいというの?
もしかしてもう単衣の襦袢にしなければならないのだろうか?
posted by AKA at 12:22 | 着物いろいろ話