2010年06月03日

喪服の着物は必要か?

衣替えシーズンになると 「 虫干しを・・・ 」 と存在に気付いて眉間に皺が寄ってしまうのが喪服の存在なんです。
先日テレビで、“ 最近はお葬式をしない傾向があるみたいです ” という事実を知って、この荷物の出番は生涯どのくらいあるのだろう?という疑問が増す一方です。

喪服100603.jpg

私がお嫁に行く時にフルセットで持たされたものなんですが、一度も使っていません。
それは幸いと言っていい事なのですが、袷と絽に羽織、襦袢、小物、履物と結構な場所を占拠します。
かといって、前々から使う日が分かる物じゃないので、手元で保管するしかありません。

私 → イマドキお葬式は洋服でいいんじゃないか?派
母 → 紋付も持たせず嫁に出すなんて我家の恥!派
嫁入りの際の様々な着物の準備の時に、そういう真っ向対立があったのです。

嫁入り道具に着物を色々準備する、というのはちょっと周囲でも聞こえてこない話になっていた。
小紋や訪問着だけじゃなく、喪服着物まで用意しようというのは、娘が嫁ぎ先で恥をかかないようにとの親心でしょう。
「 じゃあ作ればいいじゃないの、任せるから 」  母は仕事にしていたくらいだから着物関係を万全な準備に、というのは当然の感覚かもしれないと、その件から戦線離脱すると・・・

『 じゃあ、黒羽織も作らなきゃね、
黒羽織は色無地や、地味な付下げに着れば入学式にも着ていけるのよ 』

入学式に黒羽織、平成の世にそんなママはいるのか?
何故かそのセリフで “ 男はつらいよ ” のおばちゃん、三崎千恵子さんの姿が思い浮かんでしまった・・・。
感覚が昭和だ、昭和すぎる。

黒羽織!
要らない、要らない、絶対要らない!

『 じゃあ冬はどうする気よ?帯付き姿なんてみっともない 』

母にすれば羽織なしの姿は、ジャケット無しの礼服に匹敵するというのか?

突っ込みたい事は山ほどあったのに、「 これを持って行かないなら嫁に行くな 」 と言い出されでもしたら・・・と思うと、結局大荷物で嫁に行くことになってしまったのでした。

でも私の友人が、舅が亡くなった際のお葬式にフォーマルスーツを持って北海道に向かったところ
「 洋服はありえない 」 「 あなた紋付持っていないの? 」
と言われ、親戚の人の紋付を着せられた話を聞いたので、嫁ぎ先によっては必須か・・・と、手元にあることが保険のようにも思えたのでした。
posted by AKA at 12:38 | 着物いろいろ話

2010年03月05日

着物の定番? 格の高い文様

着物の柄には季節があることは良く知られていますが、季節だけでなく柄にも“格”というのがあって、紋付とか小紋といった分類だけでなく、それぞれの着物の用途に応じた柄が選ばれいてるのも興味深い事です。
前回の記事で、茶屋辻文様の着物についてアップしましたが、ふと 「 茶屋辻、あぁ、あの柄ね 」と知られた柄だろうか? と思ったのでその話題を。

風景文様は武家で用いられた柄で、鳥瞰図みたいにパノラマ的に模様を配しているのが特徴です。
時代劇でも大奥の打ち掛けなどで目にしますよね。
平民からすれば上流社会の柄、そういう事から格式が高く、礼装などに好んで使われるようになった文様らしいのです。

茶屋辻 ( ちゃやつじ ) 文様
茶屋辻文様100305_1.jpg

四季の花鳥に流水、楼閣・雲取りなどを配した文様。
武家が用いた夏の文様で麻に染められた模様でした。
私の着物は袷になっていますが、格の高さから季節問わず用いられるようになったそうです。


御所解 ( ごしょどき ) 文様
御所解文様100305_1.jpg
御所解文様100305_2.jpg
御所解文様100305_3.jpg

四季の花鳥に流水、御殿・御所車・檜扇・欄干などの公家生活のモチーフを配したもの。
最近こういう格のある柄は留袖などの礼装でよく見かけます。

実は先日の茶屋辻文様の着物も初めて着たのですが、着ていない着物の多くは“風景文様”と言われる古典柄です。
それが以外にも多い。
母の着物も叔母達の着物もこの文様は結構ある、その頃はちょっとした場に失礼のないような着物で・・・ということで、格式が感じられる柄を小紋のような着物にも意識して選んでいたのだろうなと思う。

「あれもこれも御所解と茶屋辻じゃない」「ぜんぜん可愛くないから着たくないんだけど!」
と言う私に母は
『その当時流行ってたのよ。 これは春用、こっちは秋用、これは礼服。』
流行なら仕方がないが・・・・御所解ってどんだけ必須?

今、私の同世代の人達でこれらの風景文様を好んで着る人って少ないんじゃないかしら?
そういう私もその一人。
あまりの興味無さに、上写真のブルーの綸子は腰巻になったくらいだ。
古典柄が消滅して欲しくないと思いつつ、正直着る機会はないという感じです。
posted by AKA at 12:29 | 着物いろいろ話

2010年02月02日

着物で雪山に

雪山に着物で行く人ってまずいない・・・
自然の風景と着物ってなんでこうも馴染まないのか・・・
それでも冬の山でなければここまで唐突感はなかったかもしれませんが。

着物100202.jpg

山間の道を移動中、ちょっと車を降りてみました。
二枚歯の下駄だったので、雪に埋もれずに済みましたが、普通の履物だったらベチャベチャになったことでしょう。
ま、普通こういう場所に着物で出かけていくケースは無いと思うので、それについての対策を深く考える必要はないかもしれない。

スキーをしなくなってから、冬に山方面に出かけることはなくなったのですが、静かな、静か過ぎる山もいいものですね。
「 クロスカントリーやりたぁい 」
着物で雪山を眺めつつ、心の中はそういう欲求で一杯です。

雪原のど真ん中で、珈琲入れて飲む・・・
う〜ん、いいなぁ。

あったかい着物にぬくぬく包まれていると、自然に立ち向かうっていうモードが降下ぎみになります。
以前はアウトドアも堪能できない冬は大嫌いでした。
でも着物を着るようになると、冬こそ本領発揮!
重ね着も楽しいし、色に囲まれるのも楽しい。

冬は冬らしい楽しみにひたれるってありがたいですね。
posted by AKA at 12:47 | 着物いろいろ話

2009年10月26日

おはらい町を着物で散策

伊勢のおはらい町とおかげ横丁には赤福だけじゃない美味しいモノがどっさりだと聞いていました。
さて、朝ごはんを抜いたのはこれが楽しみ♪
買い食い!

伊勢091026_5.jpg

ついつい 「 ここには何があるのかなぁ 」 ってあっち覗いたりこっち覗いたり楽しくってしょうがなかった。

おかげ横丁1.jpg

お店の暖簾も統一感あっていいですね。
陶器屋さん・お団子屋さん・竹細工屋さん・てこね寿司屋
暖簾の位置が低くて、昔の人は本当に小柄だったのね。( 私が大きすぎ? )

伊勢091026_3.jpg

伊勢091026_4.jpg

おかげ横丁はギッシリお店が詰まってて、あちこち食べモノ買っても座れるところが沢山あるので、長くいても全然疲れず食べまくれます。
お豆腐のお菓子・牛メンチに串カツ・伊勢うどん・ロールケーキ・お饅頭・牛めし・・・
ああ〜満腹、でも胃袋もっと大きかったら食べたいお菓子がもっとあったのに。
お参りというより、間違いなく買い食いメインの一日でした。
posted by AKA at 13:04 | 着物いろいろ話