2012年11月08日

紅葉と雪と着物

長期の休みが取れなかったのですが、どうしても紅葉が見たくて白山スーパー林道に行ってきました。
急遽出かける事にしたため、余裕がなく前日の夕方に金沢入りし、翌朝石川県側からスーパー林道に入りました。

なにせ、片道の有料道路料金が¥3150という金額ですから、紅葉絶頂期でもなければ通行する気になりません。
「 紅葉と雪景色の両方を楽しめます 」 と、観光協会に確認して出かけた甲斐があって、それは綺麗で、道路に迫るように流れる迫力の滝と黄金色のコンビも楽しめました。
( 水量が多い時には道路まで水しぶきが来るそうで、それはそれで天然スプラッシュマウンテンっぽいかも )
最終的に、「 3150円は安い 」 と呟く私でした。

紅葉121108_1.jpg

雪の白山を望む山頂付近は紅葉の木々と地面を覆う雪の組合せ。
深まる秋と雪国の迫り来る冬を同時に感じられました。

白山は雪かもと聞いていたので、ウール着物で。
確かに、途中のトイレなどは、屋根の雪が溶けて雨のカーテンのようになってたので、正解だったかもしれません。
気温は高かったし、ウール着物はあったかいのでコート類は着なくても大丈夫でした。


白川郷121108_3.jpg

紅葉121108_2.jpg

スーパー林道の岐阜県側の終点は白川郷。
紅葉はピークでした。
展覧会がいつもより数週遅かったので、紅葉狩りは諦めていましたが、今年の異常気象のおかげで間に合ったのですね。
posted by AKA at 18:33 | 着物いろいろ話

2012年06月04日

着物と海

山の奥深くよりは、海のほうが着物向きかな、と思う。
しかし、山にしろ海にしろ大自然を前にすると心がワクワクして、思いっきり駆け出したりしたくなる性質なので、それを押さえつけるのはかなり根性が要りました。

着物120604_1.jpg

海辺に合いそうなイメージの着物にしてみようと、ブルー系の帯を合わせました。
要するにスッキリとした感じを目指してみたのでした。

角出しに結んだ帯が、時間が経過するにしたがって不思議な形状に歪んでしまった。
車で移動ならお太鼓結びのほうが後姿は乱れないかもしれない・・・
でも、帯枕が無いほうが乗っていて楽なんですよね。

120604_2.jpg

伊勢・志摩は色々な景色の浜辺があって羨ましいな。
玉石の浜辺なんて、ニースのよう。
寛ぐには不向きなんだけど、水はとっても綺麗でした。

120604_3.jpg

結局、初夏の海を前にビシャビシャやりたくなり、翌日は洋服。

120604_4.jpg

マスクメロンを買って、浜辺で食べました〜。
なんだかすっかり夏気分です。
posted by AKA at 19:10 | 着物いろいろ話

2012年05月30日

お伊勢参り

思い立って、お伊勢参りに行ってきました。

前回は秋でしたが、新緑の伊勢もとても良かったです。
伊勢120530_2.jpg

グリーンの色合いがとても爽やか。

伊勢120530_1.jpg

但し、木陰以外はすごい日差し。
もう初夏ですね。

前回は仮橋を渡りましたが、新しくなってからまだ2年くらい・・・もういい味出てます。
木地のままだと直ぐに景色に馴染むのですね。
確かに20年もしたら、替えなければならなくなるというのも納得です。


秋に比べれば、参拝客は少なめな気がしました。
でも、ゆったりと過ごすには良い時期でした。
着物の人も私だけ。
秋の時は何人か見かけましたけど、暑くなると天気は不安定になるし、着物気分も下降するからかしら?
posted by AKA at 23:54 | 着物いろいろ話

2012年03月14日

着物とネイル

テレビ見ていて一番目がいってしまうのが、女性タレントのネイル。
単色で仕上げている人のほうが少数派というくらいみんな凝ってる。
5本指全部違うカラーになってたり。

カワイイなって思うので、色々試してみたくなるのですが、洋服の時に面白い感じの色でも、着物を着ると全然合わなーい。
そして、セルフネイル派なので、難しいのは出来なーい。
寝る前にちょっとだけ時間を見つけて手入れする程度が精一杯。

ネイル120314.jpg

結果、フレンチっぽい感じにすることが多いのです。
着物を選ばず無難。
この日は爪の先が白ですが、ラメとかメタにしておくと、チョイチョイって修復できるので、1色よりも長持ちさせられるという不精な理由もある。

私の着物はわりと平凡な感じのものが多いので、ネイルも相応に地味めにしておく方がバランスがよろしい様です。

自分で塗る上、原始的に全てマニキュアでするのですが、ジェルネイルのようにネイルブラシなんて細い筆も無いから、細い線は楊枝で描くのです。
先っぽガシガシと噛んで柔らかくすると、あの短さが扱いやすく、後始末はポイッと捨てるだけなので、案外使える。
描くというより乗せるって感じか。
チマチマとした作業になりますが、線が大失敗になることは無いので確実です。


持ってる着物がモダンでモードっぽいのだったらロックな感じの黒のネイルとかもしてみたいのだけど・・・
ヌードカラーとか彩度の低い色は着物に無難に合うので、そんな色のネイルばかり集まってて、少々飽きてきました。


作業の関係で直ぐネイルがダメになっちゃうという事情がなければ、色々貼り付けたり、何か描いたり、って相当楽しそうなんですけど!

着物の柄と同じような模様を描いたりしたらお洒落よね。 (左指限定か?)
パールを付けるのも着物と合いそう。

ちょっとハレの日とかに時間をかけてやってみたいな。
posted by AKA at 20:05 | 着物いろいろ話