2010年08月28日

着物のクリーニングで寸法が!

クリーニングで手入れをする着物を選んでいた時、全く着ない羽織が目に止まりました。
あまり見捨てられた状態だと生地も劣化するし、良くないな・・・
洗い張りして仕立て直しする事もなさそうだから今回クリーニングの仲間に入れてやりました。

着ない理由はデザインの好き嫌いではなく、寸法。
縮緬の為に縮んだのか、裄が着物と同寸法しかないのです。

着物100828.jpg

そんな羽織ですから、一応手入れするか程度の気持ち。
とは言え、クリーニングでこれ以上縮んだりしたら唯の不用品になってしまいます。

・この羽織の裄はギリギリです。
・丈は縮んでもかまわないので、裄を意識して仕上げて下さい。

発送の時に、念の為その旨を伝えたほうが良いかもと、羽織にメモを挟んで配送しました。

「 縮緬ですので大変縮みやすいお品物ですが、
作業担当者にその旨伝えます 」
とのお返事を頂き、一ヶ月後に作業が完了して戻ってきました。

なんと!!
裄が3分伸びた! びっくり。
こざっぱりした上に、寸法の問題まで解消されるとは思っていなかったので、¥2500のクリーニング代金が猛烈なデフレ価格に感じられました。


羽織やコートの場合、裄は着物よりも2分〜3分長くするものです。
“ そうでなければ着てはいけない ” などの、ルール上の問題ではないのですが、気になる人は気になるものです。

羽織が着物と同寸法だと、ちょっと手を伸ばした時・歩いている時・片側に羽織がずれた時、チラッと着物の袖が見えたり隠れたりする。
たかが1cmくらいの事で着ないなんて微妙かもしれませんが、このチラチラする感じが気に入らないのです。

問題が思ってもみないかたちで解決されたので、早速この秋にでも羽織ってみたいと思います。
縮緬だったから、縮みやすいけれど伸びやすかったのかな?
綸子や紬でも、こんな風に都合よくいくかは疑問ですけど。
posted by AKA at 10:50 | 着物のお手入れ 着付け

2010年07月23日

オモシロ柄の着物をスカートに

大きな唐草が、四角形のみで表現された着物を洋服にリメイクしました。
方眼紙の上でデザインしたみたいな楽しい柄はアップで見ると着物の和風テイストがあまりしてきません。
着物になっていれば着物生地だし、洋服になっていれば洋服生地に見える。

洗い張りされてストックしてあったコレは半端な上に派手な模様。
赤と黒、大柄、激しいわ・・・。
そういう時の私の定義、大胆な色柄はスカートにすべし。

スカート100723.jpg

着物の生地は幅が無い。
天地のある柄ならば何枚接ぎかしなければならないけれど、抽象模様ならばヨコのまま使って段ギャザーにするのが一番楽ですね。
しかもギャザースカートは直線裁ちなので超簡単。
このスカートは無地の黒生地も少し入れて、ちょっとシメてみました。

アンティーク着物は錦紗など細い糸の物も多くて、洋服にする場合にタイトなシルエットの服にすると、色々な動作で負荷がかかって生地を傷める可能性が高い。
ギャザーやタックを多めに入れてフワッとしたラインにするほうが安全です。

先ほど大柄な色柄は・・・と申しました。
私は派手なモノを顔周りに持ってくるのは難しいし、トップスに比べてスカートは縫製が簡単と思ってそうしています。
でも、誰にでもそうとは言いきれない様ですね。

小柄な友達に言われたのです。
「 背が高いから派手なスカートが似合っていいね 」 と。

その友達曰く、小柄でボトムスが派手だとバランスが難しくなるのだそうです。
確かに着物選びでも、背が高い人は大きな柄が似合い、低い人は細かい柄のほうがスッキリすると言われていますね。

・アンティーク着物のスカート へ
posted by AKA at 19:46 | 着物のお手入れ 着付け

2010年06月21日

帯のシミを目立たなくする

無地のところにあるシミって致命的な難点になりますよね。
柄が込み入っていればさほど目立たないのですが、お太鼓柄の背景にシミがあると、見慣れている本人は余計に気になってしまうものです。

夏帯100621_1.jpg

紗の刺繍帯、私にとっては夏帯は枚数が多くないだけに貴重。
でもシミ抜きは出来そうもないから、この帯はどうしようもないなと思っていたのですが、そうでなくても紗は繊細なので、シミの部分から劣化している様子なのです。

切れてからじゃ遅いので、とりあえず目立たない接着芯を裏から当てました。
するとその部分が透けなくなったせいか、シミが目立つ様になった気がする。

@ そのままにして、夜とか目立たない時間帯で使う。
  帯を点検するように眺める人はいない?・・・という超楽観的予想。

A図案と似た色で刺繍を加える。

悩んだ挙句 A を選択したのですが、次なる問題は図案ではなく、絹の刺繍糸です。
そこらの手芸屋には売ってない・・・、最低オカダヤくらいまで買いにいかないと・・・、しかも必要なのは修正くらいの量だし・・・。

ということで、近所の手芸店で絹の穴糸を買ってきた。
これなら300円もしませんが、このままでは刺繍には全然不向き。
まずは3本で撚ってある糸を解し、カーリーヘアみたいにチリチリになった糸を何度も何度も扱いて、ピンッと張ってから撚りのクセを取るように上からアイロンを当てました。

すると案外いい感じの絹刺繍糸の出来上がり。

やっぱり必要は発明の母だ。
一本作るのに要した手間も結構なものだけど。

夏帯100621_2.jpg

魚の尾っぽ辺りから笹の先の小枝みたいな部分を加えました。
図案的にはかなり無理のある構図・・・。
それでも 不自然な刺繍 VS 醜いシミ ならば刺繍の勝利のように思えたので、ちょっと自己満足です。

・ビーズ刺繍をした帯 へ
・漆のキズ新修理方法 へ
posted by AKA at 12:38 | 着物のお手入れ 着付け

2010年02月20日

二部式帯の結び方

前回作り方を記載した二部式作り帯の結び方を一応ご紹介しておきます。
普通ポイント柄の帯はお太鼓結び用になっているので、柄出しの関係で角出し結びには出来ない場合が多いですが、この帯なら結べます。

作り帯100220.jpg

帯を胴に巻くのには “ 関東巻き(時計回り) ”と “ 関西巻き(反時計回り) ” がありますが、自分の巻き方が決まっているのなら、両面帯の場合、裏表で柄出しの位置を変えましょう。

― 胴を巻く ―

帯結び1.jpg 帯結び2.jpg

・後から二重に巻いて紐を結びます。
 45cmは長めに見えますが、長いほうが扱いやすいです。
・結んだ紐を帯の中に入れ、お太鼓が乗るように上部にタオルを入れます。

― お太鼓結び ―

帯結び3.jpg 帯結び4.jpg

・お太鼓側に付けた紐を結んで “ て ” の部分を作ります。
 名古屋帯のような山の部分が出来るので、そこに枕をあてて背負います。
・角出し結び兼用なので “ て ” は少し長めですから、中に畳んで下さい。

― 角出し結び ―

帯結び5.jpg 帯結び6.jpg

・まず“ て ”を蝶々のカタチにして、付いてる紐で結びます。
 背負い紐や帯揚げで背負います。 
 角出しや銀座結び用の背負い紐というのもありますね。
・蝶々結びと背中の間に綿を入れた小さな枕を入れるとふっくらします。

角出しや銀座結びは普通の帯を巻いてから、後で蝶々を作ろうとすると、見えないので左右対称にならなかったりしますが、これならそんな事にならず楽です。

両面使える二部式帯 作り帯の作り方
posted by AKA at 12:34 | 着物のお手入れ 着付け