2009年05月18日

海外で物を売るということは

ポーチ090518.jpg

パリの展示会に参加した作品が戻ってきたという知らせが届き、やはり “ 和 ” っぽい雰囲気が強いテキスタイルのほうが受け入れられるのかな、と思う・・・
ワタシごとき者が売り上げ報告の現地換算レートを見て、ユーロってこんなに下がったのか、と愕然とするのであるから、ウン百万円の車などを売買している各製造業や投資家がどうかなるのは当然の混乱だろうなと、円高ってものを初めて身近に感じたのだった。

日本の材料を使って日本で作ったものを海外で売る

プレミアが付くような物を除いたら、まったくもって非現実的発想としか言えない現状かもしれない。
でも、ずっとずっと継続して売買をしていたら、レートが悪いから売らない、良くなったら売る、そんな発想もまた非現実的。
どちらにしても、エコノミスト的思考のかけらすら無い私は、唯唯 「 はぁ・・・」 という風に、自分に関わりのある事実だけ受け止めるのみで、長期的目算も為替もまるで無縁の世界、という日常です。

せいぜい消費者的目線で、「じゃあ、今海外に遊びに行っとくべき?」 というのが精一杯の思いつき、というのは我ながら情けないですね。
posted by AKA at 12:28 | テキスタイル小物

2009年04月21日

植物模様のヘアアクセサリー

ヘアアクセサリー090421.jpg

花、草、鳥などのモチーフに、刺繍を加えてヘアアクセサリーを作りました。
“ キャッスル ”という新作テキスタイルプリントの一部分です。

アクセサリー作りって楽しいので、他にも色々作ってみたいな・・・と、いつも思っているものの、作業の優先順位が低ランクに設定されてしまっている為に、なかなか行動が伴わない。
作品から離れて、「 自分の帯留めにパールのを作りたい 」 と淡水パールも金具も用意してあるにもかかわらず、ずーーーと収納されたままという現状からしても、アイテム増やすのは難しいかもしれない。
せめてヘアゴムからの変化球でヘアクリップとか、ジリジリとでいいから仕様を拡大していかねば。

ふとした時間の途切れに刺繍糸を取り出し、ここにはこんな色を・・・と、たった一つの為にあれこれ考えるのもリフレッシュになりますね。
小さいから、ずっとかかりっきりになる事はないので、悩みを明日に持ち越すこともなく、暫し集中すれば完成。
こればっかりやりたいと思うくらい楽しい。
posted by AKA at 18:26 | テキスタイル小物

2009年01月19日

バスケット型バッグ作り

バッグ090119.jpg

縫う順番を1工程でも間違えたり、縫う位置がずれたりしたら、カタチにならないデザインのバッグなので、何度作っても自作のマニュアル手帳を確認しながら制作しています。
カット寸法に間違いがない?
革のモチーフはピッチが正しい?
縫う順番は合っている?
ステッチの位置は大丈夫?
制作途中は、なんでこんな大変なデザインにしちゃったんだろうと、アタマを掻き毟りたくなるし・・・ちょっと軽いヒステリー症状が現れる。
でも出来上がると、ラララ〜♪って歌いだすくらい開放感かんじます。 ( 一種のハイ状態かもしれない )

展覧会の時に、このバッグを360度眺め回しながら
「 ここが最後じゃない? 」 「 でも、ここは上から縫ってないよ 」 「 何でココの面がこれより上なのに、底より下なの? 」「 なんか複雑じゃない? 」
仲間同士でナゾナゾ解きをヒソヒソと話してらっしゃるのが聞こえると、よくぞ大変さに気づいてくれました! と嬉しさ全開です。
自己憐憫から嬉しがるポイントがズレている事も気が付かない・・・。

イメージ先行で制作しましたが、車などでは中身が取り出しやすく重宝していて、今は一番ヘビロテのバッグです。
posted by AKA at 18:07 | テキスタイル小物

2009年01月13日

プリントと刺繍のヘアゴム

最近制作しているテキスタイルプリントは細かい柄のものが多いので、小さくカットして使うと、もともとどんな作品の一部分だかまったく分からない雰囲気になります。
お花刺繍にしたり、銀糸の刺繍にしたりして、ヘアゴムにしました。
バッグなどはいろんな行程があって、制作が楽しい反面、辛いと思う時もありますが、こういう小さなものを作るって、只只楽しいです。

ヘアゴム090113.jpg

納品の途中で、確認用の写真を撮っていなかった事に気がつき、しかたなくケータイのカメラで撮ってみましたが、何だかレトロ調な色合いになってる。
夜の雰囲気ある店内。
無理があります・・・私はケータイで写真撮るのが苦手で、手ブレするし、押してから変なタイミングでシャッターが切れるし、設定も色々変えられるはずなのに、ちゃんとマニュアル読んでいません。

街中あっちでもこっちでも撮ってる姿を見ない日はないくらい、みんな活用しているようですが、コツとか教えてもらいたい。
「 写真が良く撮れるケータイ 」
という事項を必須にした選び方すると、やっぱり違うのかしら?
posted by AKA at 18:17 | テキスタイル小物