2012年12月10日

モノトーン

暗いところで色を見ると
「 なにか柄になっているのかな? 」
というくらい、近い色の組合せで制作した模様です。

テキスタイル121210_1.jpg

ブラック・ガンメタ・ダークグレー
自然光が当たらないとかなり柄が不鮮明になり、全体が黒っぽいモノトーンの抽象柄のように見え、角度によって模様が光って現たりする。
地味になったり、派手になったり。

テキスタイル121210_2.jpg

大きめのバッグなので身長が高めの人でしたら、腕にかけてもバランス取れるけれど・・・

テキスタイル121210_3.jpg

本来デザインの方向性は肩がけして使うように作っています。
厚着してても大丈夫。
わりと色々なタイプのファッションに合わせやすいカジュアルバッグです。
posted by AKA at 22:12 | テキスタイル-絵のような布

2012年10月23日

着物と小鳥

霰模様の着物と共に写っているのは、びっくりなほど軽量のバッグです。

バッグ121023_1.jpg

制作中はそれほど軽いって事に気がつかなかったのですが、出来上がってちょっと驚きました。
底や他のパーツも牛革を使用しているのに、350gくらいしかありません。
多分、食パン一斤分くらいかもしれません。

明後日からの展覧会で展示しますので、会場にいらっしゃる方には是非、ひょいっと持ち上げてみていただきたいです。

AKA+Hのバッグは出来るだけ軽く作るようにしていますが、大きさからすると、最軽量記録だったりして? という印象です。
同じタイプの他の柄や素材の物はここまでは軽くないので、偶然の産物かもしれません。

テキスタイル121023_2.jpg

新作の小鳥柄は、ちょっと和テイストなカラーで制作して、他の色もかなり個人的に好みなのです。

さて、明後日から展覧会です。
今回、睡眠不足に陥っていない為か、比較的元気に当日を迎えられそうです。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
posted by AKA at 19:31 | テキスタイル-絵のような布

2012年10月16日

秋のピンク系テキスタイル

ブラウンとピンクの組合せの渋カワいい感じのカラー。
光沢のある素材に少し茶系をぼかしながら色を配置してみました。

テキスタイル121016.jpg


久しぶりにウッドのハンドルのバッグを制作。
こちらの木部はブラウンとピンクと紫が混ざったような色です。

最近革との組合せが多くなりましたが、木は私達のアトリエで染めることができるので、テキスタイルと一体になった思うままの色を表現できるので、作り手としては気に入っている素材です。
木は何処と無く優しく温かみがあって、何色に染めても、その雰囲気が失われない。
このような大胆な柄も、革や金属と組み合わせるとすごくモダンな感じがするのに、木がコンビだと、どことなくのんびりとした風情になるので、そういう変化もまた楽しい。

全体が枯れているというか、落ち着いた色なので、大人なピンクという感じです。
posted by AKA at 19:09 | テキスタイル-絵のような布

2012年07月12日

水彩画のような水玉

ぼかしが優しい雰囲気の水玉。
夏の日差しに映えるような色調で、色を作りながら描いています。
どうしたって二度と同じ色にならない、っていうところがまた味があるのです。

Tシャツ120708_1.jpg

いつもは線を重視してドローイングの作品が多いのですが、ちょっと趣向を変えて作ってみました。
今回はカットソーですが、サラリとした布やガーゼなどでも柔らかい印象になりそう。

台湾120708_2.jpg

蒸し暑い台湾で着てみましたが、かなり快適でした。
小さめのシルエットのものを着ることが多かったけれど、夏はやっぱり幅広タイプが快適度上がりますね。
posted by AKA at 11:22 | テキスタイル-絵のような布