2014年04月20日

麻のスカート

ナチュラルな素材だけど、全く素朴感の無いスカートが欲しくて作りました。


スカート140420.jpg


例え販売するものであっても、
「 自分だったらこういうのが欲しい 」 っていう気持ちを脇に置いといて・・・
という姿勢で作ることができないので、形がシンプルなリネンのスカートも何か要素を加えないではいられないのです。


" ナチュラル " とか " シンプル " っていうテイストがオシャレに見える人だったらそんな必要はないのだけれど・・・。


私は無地のTシャツにデニムのボトムで出かけたりすると
「 今日は寝坊したの? 」
と言われる。
学生時代からトレーナーが死ぬほど似合わなかった・・・。

だから飾らない雰囲気を持った人に憧れる気持ちが昔から大きい。
だってすごく素直で優しそうな人って感じがするじゃないですか。


真っ向からシンプルを狙えないキャラなので、最近は素材や色がナチュラルだけど、ちょっとだけプラス要素があるものを選択するようにしてます。
posted by AKA at 13:58 | テキスタイル-絵のような布

2014年04月13日

レース模様

ポシェット140413_3.jpg

このポシェットは、定番の " MINI BAG " よりちょっと深いサイズで、幅は23cmです。
前回アップしたポシェットよりこちらのほうが持ち物は多く入る形です。


新柄のバタフライレースを使ったパターンでは、革色によって肩紐のデザインが異なります。

どちらも肩紐は目立たない幅で作っていますが、
ライトブラウン / レザー感がありカジュアル
ライトグレー / レザーがメタリックなので軽快な印象
テキスタイルカラーと革色で印象って変わるものですね。
posted by AKA at 08:23 | テキスタイル-絵のような布

2014年04月07日

洋服に合わせて楽しむポシェット

以前はポシェットが苦手でした。

ポシェットに限らず、肩紐を斜め掛けするバッグが好きじゃなかった・・・。
あの斜めの紐のために洋服の印象が分断される気がしたんですね。
服のデザインによっては、服がグチャっとシワがよったり、フワッとした服だと潰れたり・・・。


たまたま好きな物に出会えなかった為に苦手になり、疎遠になっていましたが、自分で作るようになってだんだん苦手意識を克服しつつあります。

最近になってポシェットは服を合わせる感覚で、選べばいいのだと思うようになりました。
バッグのジャンルといっても、ポシェットは服の一部のような印象になるので、バッグを選ぶような感覚ではなく、服馴染みを重要視して選ぶと失敗しないですね。


ポシェット140407_1.jpg


ポシェットくらいの大きさなら肩紐は極限まで細くすれば、武骨な印象にはならないし、服のシワは影響が小さいし、肩こりの心配もない。
服と馴染んでいれば、バッグ2個持ちでも不格好ではないですしね。


ポシェット140407_2.jpg


ポシェットは幅の無いデザインも多いですが、こちらは長財布が入るくらいのサイズで制作しました。
他のバリエーションも洋服合わせが楽そうな色柄を意識して作ってます。


あんなに敬遠していたのに、両手が空いて手元で出し入れ出来るラクチンさにハマりそうです。
今や着物の時も、ちょっとした外出ならポシェットだけで済ませてしまう事も多くなって、こんな便利な物を何であんなに嫌っていたのか? と、不思議でたまらないです。
posted by AKA at 18:56 | テキスタイル-絵のような布

2013年10月09日

黒のバッグ

秋冬といえば、黒のバッグはマストアイテムという方も多いと思います。
確かに、服に黒の色がまったく無いコーディネートでも、バッグや靴を黒にするという事は多々あることなので、一番ベーシックな色に違いありません。

バッグ131009_1.jpg

定番のレース模様と新作の花ドローイング

黒のバッグというと印象が重くなったりしますが、モノトーンでも明るい部分を作ると、華やかな感じになるものですね。

テキスタイル131009_2.jpg

花模様には、ビーズを刺繍したりして、ちょっと立体感出しました。
革部は全く同じでも、テキスタイルが違うと雰囲気全然ちがいます。

整然としたシンメトリー柄
大胆なアシンメトリーで柄
持つ人の個性が反映されそうな黒です。
posted by AKA at 16:16 | テキスタイル-絵のような布