2008年06月15日

ビルを描いた図案

テキスタイル080615.jpg

モノトーンにパープルをアクセントカラーにした配色のビルが立並ぶ、直線的なテキスタイルプリント。
平面構成された四角形の連続、実はオリジナルはまだ別のスクリーンが加わりますので、もっと込み入った感じのデザインになっています。

ハッキリと花とか生き物とか何を描いたか認識できるように構成した図案は、本人の意図がストレートに伝わるので、見た方の感じた事がこちらの目線と近い感覚で共有できる気がします。
でもこの図案みたいに大きなスクリーンサイズで、しかもバッグとか何かの形にした時に色んな部分がカットされてしまうと、もはや風景には見えなくなる場合もあり、
「これって○○ですか?」
という視点や感想がすごく感心するような事だったりして、楽しいのです。

「これはね、蝶ですからね!」
と蝶を描いて、蝶以外には認識できないように感覚をロックしてしまうのって、そういう楽しみが奪われてしまうって事でもあるんですね。
posted by AKA at 09:00 | テキスタイル-絵のような布

2008年06月07日

幾何的な大きな花柄

ビーズ刺繍バッグ080607.jpg

テキスタイルプリントの花の中心はスクリューの様に旋回し集中するイメージで中心ほど細かいタッチ。
花びらには舞い上げられるリボン状のラインが交差する模様・・・不思議な花のモチーフ図案です。

大人の女性に好まれるテキスタイルプリント。
「 着物にも洋服にも持てる“がま口タイプのバッグ”を作って欲しい 」
と依頼された時、クールとフェミニンを半々の側面で持ち合わせている彼女の雰囲気と、この花模様の相性はどうかな?と思いました。
光沢ある地色とモノトーンのビーズ刺繍と刺し子のステッチを加えて、あくまでクールなイメージの花模様に。
持ち手は取り外し可能なので、ビーズチェーンとチェンジしてシーンにあわせてドレスアップすることも出来ます。

着物バッグでがま口タイプは定番だと思いますが小さくて実用性が低くなることもあるので、マチを付けてコロンと丸い感じにして内容量を確保しました。
これなら着物バッグにありがちな、財布・ケータイ・ハンカチ・口紅入れたら満杯・・・そして困る、ということにはならないでしょう。
AKA+Hのバッグで既製のがま口金具を使ったデザインは制作していないので、今回リクエスト頂いて初めて作ってみましたが、ワタシも自分の着物の時用に作ってみようかな。
posted by AKA at 18:15 | テキスタイル-絵のような布

2008年05月10日

新緑色のプリントポーチ

テキスタイル080510.jpg

オリーブの木みたいな植物と鳥の図案です。
5月の森をイメージして、クールな色のグリーントーンで制作したテキスタイルプリントをポーチにしました。

実はグリーン系の色が好きな女性は少数派なんですよね。
私は好きな色だし、友達も熱狂的グリーン好きがいるもので、特にグリーン系が敬遠されているという事を意識した事はなかったのですが、沢山のパターン色の組合せを制作して、実際に作品をご覧頂く機会がくると、グリーンが強調された色合わせは人気者という訳にはいかないようなのです。

どうして?
あんなに新緑の森には心躍るのに・・・

そしてちょっと思い当たったのが着物の事。
グリーン系の着物って他の色に比べて少ないと思うのです。
私は緑色の着物は大好きですが、一般的に日本人には最も似合わない色なのかもしれません。

でも二番手の存在としてはかなり優秀で、色々な色と仲良くなれます。
相性の良い色と適度に組み合わせて、グリーンを引き立たせるように配分を考慮するようにしています。
posted by AKA at 18:14 | テキスタイル-絵のような布

2008年04月27日

ぼたんの柄にビーズ刺繍

ビーズ刺繍080427.jpg

牡丹が見頃の季節、名所ではぼたん祭を開催するところが多いですが、何種ぐらいが何株植えられているのか、調べてから見に行くようにしてます。
お花見といってもぼたんの場合は園芸鑑賞の要素も多いので、品種の数が多いほうが見ていて楽しいです。
もちろん株が大きくて花数が多いみごとな牡丹や借景が良い所もありますが。

相方は牡丹好きなので、このテキスタイルプリントも牡丹がイメージかな?
私はこういうデザインの花は一年中オンシーズンということにしちゃいますが、色合いは春真っ只中な雰囲気にしています。
ピンクや水色やスミレ色。
どれも春の花に多い女の子っぽい色合いにして、パステルカラーのビーズでふんわりした優しい感じに仕上げています。

こういうワンポイントビーズ刺繍ならバッグや洋服など、すでに形になっているものにでも後から刺繍できるので、ちょっとグレードアップさせたい時にビーズや、色合あわせが難しそうな時は透明なスパンコールを、一部分に集中して加えてみると素敵になると思います。

posted by AKA at 08:59 | テキスタイル-絵のような布