2009年03月03日

いばら姫−様々なラストシーン

“ 眠れる森の美女−いばら姫 ”のお話で一般的に知られているのはグリム版だけど、じつは童話集によってはものすごいラストシーンになってて驚いてしまう。
もはや子供には教育上、聞かせられないような話になってるものも・・・

誕生のシーンや魔法使いのシーン、城がイバラで包まれるまでは細かな違いはあるものの、そうストーリーに影響はない。
『 100年の眠りから覚める 』
ココから “ 王子様が現れキスで王女が目覚め、幸せに暮らす ” っていう私の子供の頃から大好きだったお話を、粉々に打ち砕くストーリーが待ち受けていたのです。
童話を題材にしたテキスタイルプリントを制作中に、色々調べていて知った事ですが、お城や花や王女さま・・・メルヘンチックな布模様を作ろうとしてる気分が急降下しました。

いばら姫090303.jpg


ペロー版の場合 < 軽めの変化 >
王女は100年眠ったら魔法が解けることになっていて、王子が迎えにきた時に自分で目を覚ました。
王女は子供を二人生む、だが王子の母親が人食いで、子供は食べられそうになるところを王子に助けられるけど、王女は気が狂って自殺してしまう。

バジレ版の場合 < 重めの変化 >
王女が眠る城を鷹狩りで偶然訪れた王は、眠ったままの王女と結ばれ、王女は眠ったまま双子を生む。?!
やがて糸が取れて王女は目覚め、王も王女の事を思い出し、再び城を訪れ出産を喜ぶが、また国に帰ってしまう。
帰ってからも王女の事が気にかかる王の様子に気が付いた妻の王妃は、双子をスープにして王に飲ませようとするが、料理人が山羊とすり替え子供は助かる。
次に王妃は王女を火炙りにしようとするが、王の怒りをかって王妃が火に投げ込まれる。

すごい昼メロのようなストーリー。
ヒロインが眠ったままレイプされたり、寝たまま子供を生んだり、捨てられて置き去りにされたり、相手は妻帯者だったり、子供が食べられそうになったり・・・もう童話じゃないでしょこれは。
posted by AKA at 12:39 | テキスタイル-絵のような布

2009年02月24日

手描きプリントテキスタイル

手描きのドローイングでプリントテキスタイルを作る時、スクリーンで色表現しようとすると、当然レイヤーごとに図案を塗りつぶして描いていきます。
スクリーンを制作しちゃってから、 「 ココとココは同じ色じゃないほうがいい 」 なんて事になると、なんと始めから描き直しで、担当H氏の顔が曇る。
という事情で、かなり悩ましい作業が色決めなのです。
水彩画のような表現の布の場合は図案がしっかりしていれば決定も早いけど。 ( その分着彩は地獄ですが・・・ )

テキスタイル090223.jpg

版画作品などの場合、もちろん作家さんのスタイルにもよりますが、一つの絵は一種類の色だったりするのでしょうか? アンディ・ウォーホールみたいな人もいますが・・・。
布の場合は3パターンくらい、需要を考慮して販売するのが普通の事です。
AKA+Hの布は一点一点色合わせを変えて制作する事も多く、ピンク・ブルー・イエローなど全体のトーンはもちろん、ビビット系・ペール系・ダーク系などありとあらゆる色の組み合わせを想定してレイヤーを決めようとします。
紙の時と布の時では印象が違って感じられ、またカタチになると違った雰囲気になるのが面白くもあり悪魔のようでもある。

PCのドローイングならシュミレーションは便利ですよね。
塗りつぶしもワンタッチ。
色決めもあれこれ変えて確認できる。
便利で思うがままの表現ってならないのが辛いところです。
posted by AKA at 12:38 | テキスタイル-絵のような布

2009年01月30日

針葉樹のモチーフ

杉の木シルエットに花模様など実際ありえない組み合わせだけど、絵の世界では針葉樹も優しい感じになります。
針葉樹って生真面目で無愛想で冷血漢な感じ・・・その整然とした印象が案外図案にし易い理由だったりするのだけれど。

テキスタイル010130.jpg

森の中をドライブ中に変化のないビリジアン色の杉林がずっと続くと、ただ建材を眺めている気分になってきてウンザリしてしまう。
棒立ちで等間隔に並ぶ姿は軍人のパレードすら思い起こし、隙のない完全無欠の存在って、なんて魅力のないものなんだろうと再認識してしまうのです。

だから針葉樹を描くときは可愛く、少々滑稽な感じに。
完全無欠のイメージを和らげてあげれば親しみやすい存在になるかも。
posted by AKA at 13:58 | テキスタイル-絵のような布

2008年11月08日

紅葉色に染めていく

テキスタイル081108.jpg

布の模様を色着けしていく作業は1枚づつしていくので、色の組み合わせは無限ですから、同じ人が行っても同じ図案でも、その時の気持ちやイメージ次第で色々な物が出来上がります。
そういうオリジナルの布作りを他の方がされたらどんな布が出来上がるのか? とても興味が湧いてきました。

様々な方達に染着けの体験をして頂きたいな・・・
毎日布に接して暮らしていても“テキスタイル”という言葉もご存知ない方々が沢山いらっしゃるし、そんな事を色々考えています。

どうしたらそういう機会が持てるのか、やってみたい方がいらっしゃるか、等々、思案中です。
そういう交流を持てたら、本当の意味で使う人それぞれの自分色の布作りになるのですけどね。

秋は温かい色に惹かれますね。
紅葉の季節はやっぱり紅葉色の布、暖色系のグラデーションは気持ちにぴったりします。
posted by AKA at 10:38 | テキスタイル-絵のような布