2010年04月02日

ピンクの色合わせ

グラデーション系のピンク
ナチュラル系のピンク
ペール系のピンク

ピンクのカラーコーディネート、悩む!
大まかに “ ピンクが好き ” という方々も、1色違うだけで好みが分かれたりする微妙なことだと思います。
やっぱり、「 AKA+Hらしいピンクだね 」 と言って頂きたいし・・・。

テキスタイル100302.jpg

結局どれか一つの配色に決めない事にしました。
どうせ一枚一枚が手染だから、決める必要は低いかと・・・
この模様は布の上で色が重なり合って別の色を作っていく模様なので、捺染する色が同じでも、別のところに色を置くと配合が変わるので、仕上がりの印象はかなり違うものになる面白さがあるのです。

作っている私達は 「 これに決まりだねっ 」 ってならなかった・・・
どれもNGじゃなくて、何度やってもどれもありえる配色。
結局ピンク系統だけは全部合格ってことに。


今日個展のDMが出来上がってきて、印刷が済んだら一気にホッとしました。
大抵その作業付近に季節の納品などが重なって、アトリエがテンヤワンヤの大騒ぎになる事が多いです。
考える事が多くなって、軽〜い錯乱状態になってしまったり。
それがDM制作が終わると、不思議なほど 「 後は黙々とやるだけ 」 って、す〜〜と頭が落ち着いて、疲れるのは体だけになるんですよね。

私、肉体疲労は割とへっちゃら。
体が楽でも頭だけ疲れてる時の方が堪えます。
頭のほうがクリアなら、睡眠4・5時間くらいでも過ごしていられますが、悩みやストレスを感じると7時間寝てても全然作業に集中できなくなってしまうタイプです。

・色を伝える匙加減 へ
・おやゆび姫の模様 へ
posted by AKA at 12:39 | テキスタイル-絵のような布

2010年03月18日

光るストライプ模様

筆で描かれた自然な感じのストライプ。
かすれたり、強くなったり、弱くなったり。
ちょっと木目のような温もりも感じてもらえたらいいな・・・という模様を、シャープな金属風のメタリックで作ってみました。

Tシャツ100318.jpg

花柄などの具象柄とはまた違ったスッキリ感があって、このTシャツはメンズはもちろん、女性が着てもカッコイイんじゃないかと思います。
スカートとかも作りたくなってきました。
帯もいいかもしれないなぁ・・・銀の模様の帯、夏の着物にクールに合わせてみるとか。

テキスタイルプリントでもストライプのような定番模様は、図案の用途も様々広がるので楽しいです。
このデザインはスクリーンの組み合わせによって、市松になります。
もちろんチェックも作れます。
組み合わせにハマってしまいそうです。
posted by AKA at 12:41 | テキスタイル-絵のような布

2009年12月08日

ネコの森

ネコ好きの方って本当にネコに夢中ですよね。( 犬好きだって犬に夢中か・・・ )
そんなネコ愛好家の方々に少しは喜んで頂けるようなテキスタイルプリントが出来るといいなぁ、と制作しつつ思います。

黒ネコ、白ネコが森の中でかくれんぼ♪
そんな雰囲気でネコが沢山登場する布の模様。
今のところイメージは、モノトーン系なのにファンタジーいっぱい・・・かな?

テキスタイル091208.jpg

沢山の動物が登場する、影絵のテキスタイルプリントは大変好評を頂いているのですが、“ 猫がいっぱい ” バージョンのテキスタイル図案を検討中デス。

実を申せば・・・
『 AKA+Hのテキスタイルプリントで猫の模様はないんですか? 』
そのようなご質問を頂く事はありました・・・
動物以外にも魚だの鳥だの鯨だの様々な生き物を作品のモチーフに登場させてきたのに、ネコを描いた図案が無いとは!
そのテーマが洩れていた事に気付かされてはいたものの、ネコ模様に取り組むのがこんなに延び延びになっていました。

私もH氏も大の犬好き。
これは少しは理由になっています・・・。
私の気のせいでなければ、着物愛好家の女性ってネコ好きの方が多いような気がするのですが? 私は少数派なのでしょうか?
ネコを抱く着物姿は、確かに犬よりしっくりくるのは認めます。
posted by AKA at 18:12 | テキスタイル-絵のような布

2009年12月01日

水彩のテキスタイルプリント

ペン画で草花を描いたテキスタイルプリント “ HABANA−葉花 ” の水彩画風サンプル。
筆の柔らかなタッチが感じられる布のほうが好きです。

スクリーンプリントはしっかり色ノリするので、どちらかというと可愛らしい雰囲気になるのに対して、水彩表現はどことなくしっとりとした落ち着いた感じが出るので、制作している時も優しい気分になれます。
手仕事感って事でしょうか。

テキスタイル091201.jpg

落ち葉の町は寒々としているのに、どこかホッコリとした郷愁のようなものが漂っていて、寂しい感じと優しい感じが同居しているような・・・そんな色合わせになっています。

今年は間違いなく紅葉シーズンが長いような?
家の前の銀杏を見上げると、まだまだ緑がかった部分も残っていて、黄金色のピークはこれからっていう様子です。
街路樹の落ち葉掃除が一気に終わらないので、確実に長い秋を実感しています。
posted by AKA at 12:24 | テキスタイル-絵のような布