2010年08月08日

花染テキスタイルプリント

大きな花とビーズ刺繍をガマ口に。
AKA+Hの布で遊ぼう企画は色を作ってもらう趣旨になりそうです。
手先が器用な方もそうでない方も楽しんで制作してもらえそうな気がしました。

がま口100808.jpg

「こんな色調が好き」
「この色とこの色の組み合わせが好き」

誰でも自分の好みはあるけれど、使うもの全てを買った品物でまかなっていれば、毎回ピッタリの好みの物に出会えるワケではない。
では是非この機会に、思う存分自分好みにして頂きましょう
という企画ですね。

リボンパッチワークも候補にしていましたが・・・
中級コースかもしれないね、ということになり着彩を体験して頂く内容にしました。
そちらのほうは、もしステップアップ講習の機会があればやってみてもいいかもしれません。

秋の個展用のがま口はどんな絵で制作してみようかな・・・と現在思案中。
ちょっと大きめのばかり揃える予定です。
posted by AKA at 10:21 | テキスタイル-絵のような布

2010年06月30日

河原の風景をスカートに

70cmが1図案という大きい柄のテキスタイルプリントは随分前に制作したものですが、整理の際にひょこり出てきました。
あまりに不思議な図案なので、単なる色彩構成的にドローイングしたのかな?
しげしげと眺めていると、「 その絵は利根川の河原をイメージして制作したんだ 」 とH氏は言った。

そう言われた途端、なんとなく河原に見えてくるから、人の脳細胞に与えるキーワードの役割は相当影響力が強いみたいだ。
あんなに何だか分からなかった柄なのに・・・。

スカート100630.jpg

当時は1カラー10mくらいづつ制作したらしいのですが、「 色々使った 」という事で1パネルの長さしか残っていません。
この図案を切り刻んだらますます何だか分からない柄になるよね・・・。
石コロはもはや唯の円形になるよね・・・。

ということで、一番大判で消費できるのがスカートでしたが、裁断したら残り布も出ないくらいギリギリの用尺。
幸い風合いがナチュラルなキャンバス地だったので、春から初秋まで着れそうなスカートが出来ました。
使い切った感がありましたね。
なんとか河原っぽい情景を残せたかな?
posted by AKA at 12:27 | テキスタイル-絵のような布

2010年05月05日

テキスタイルプリント展

西荻窪のレトロな洋館で、明日から展覧会が始まります。
とっても雰囲気ある建物です。
今日準備をしてきました。

テキスタイル100505.jpg

準備の最中にも、ご近所の方が覗いて見て下さったり、興味をもって頂けて嬉しかったです。
久しぶりの展覧会なので、ちょっとドキドキです。
楽しんでご覧頂けたら嬉しいです。

「並べきらない・・・」
すごく作った為に什器の上が大混雑な感じになってます。
明日また検討してみましょう。
posted by AKA at 21:16 | テキスタイル-絵のような布

2010年05月01日

イスラム的 お城の模様

トプカプ宮殿、アヤ・ソフィアなどのイスラム建築。
ペルシャ絨毯の魅力。
アルハンブラ宮殿の優しさ。
メスキータに並ぶ果樹。

テキスタイル100501.jpg

“キャッスル”というタイトルのプリントテキスタイルは、そんな旅の記憶がベースになっているような気がします。
私はとても気に入っている作品なので、今回の展覧会のDMにも使いました。

細かい模様がお好きな方には気に入って頂けるのでは?と思います。
植物や鳥を細かく描きましたので、展覧会にお越しの際は目を近づけて細部までよくよくご覧くださいね。
モザイクタイル部分も、3mm角ぐらいで表現しています。

バッグは前シーズン作らなかった人気のWESTINというタイプで制作しました。
このカタチはカジュアルにもフォーマルにも合わせやすくて、キャリア系女性に好評です。
ちなみに、着物にも合わせやすいカタチです。
来週開催する展覧会では3色のバリエーションを展示致します。


・トルコのデザインとペルシャ商人 へ
・トルコ刺繍とトルコ人気質 へ
posted by AKA at 12:09 | テキスタイル-絵のような布