2015年02月10日

2月の石垣島

石垣島といえば、
" 青い空 青い海 "
・・・という具合にいかない季節もある。


石垣島150210_1.jpg


「 1月と2月はかなりの確率で曇り 」 という事を知っていた上で行ったので、始終このような天気であってもガッカリすることはなかったのですが、知らずに行ったとしたらかなりのイメージの違いに驚くだろうと思います。
5日間の滞在で晴れたのは4日目の数時間程度。
その上東京の11月くらいの気温に強い風が加わるので、暖かいとは言い難いです。


保温性の高いインナーは必須、それとタイツやレギンスも大活躍。
晴れれば長袖Tシャツと聞いていたけど、1月中旬から2月の中旬にそれで過ごせる確率はかなり低いのではないだろうか?

島人は上半身はダウンジャケットを着てるのに、下に目をやると、短パンに素足にビーチサンダルという冬と夏が共存したファッションの人もいて、本当に文化の違いが面白い。


石垣島150210_2.jpg



石垣島150210_3.jpg


寒くても花は咲いてたので、ビジュアル的には南の島らしい〜。
夏のように旺盛にというわけにはいかないでしょうけれど、桜が咲いていたり、真冬の本州に比べたら十分楽しめました。

それに建物がこれほど違うと、ちょっと感動。
日本語が通じるという状況に違和感を感じちゃうくらい、ヘンな感覚に陥りました。


石垣島150210_4.jpg



石垣島150210_5.jpg


だって・・・こういうの目にすると、「 ここは何処? 」 って感じ。
ラジオからは所々聞きなれた単語と島言葉が混ざった、ほぼ話の内容が分からないDJのトークが流れてくる。
別の局に変えても、
「 您好 午安! ☆▽✕◇*◯仝 」
・・・・・もっと分からん。

沖縄県といえど、那覇より台湾のほうが近かったという事を実感するのでした。


とにかく何処もかしこも空いてたので、のんびり過ごせるのは確実。
ホテルもかなりのディスカウントがされていました。
posted by AKA at 20:36 | 色々な時間

2015年01月13日

バター節約お菓子

バター不足・・・相変わらず解消されないですねぇ。
特に無縁バターは年末の洋菓子販売ピークを過ぎれば、チョロッとは一般ユーザーに回ってくるかと思っていたけど、全然ダメ。
高級なバターなら売っているのだけど・・・1000円とかね。


5.jpg


日持ちのする焼き菓子を作るなら、アーモンドプードルを沢山入れてコクを出したり、チョコレートを大量に入れたりして、どうにかこうにかやり繰りしています。


200gのバターが必要なところ、100gに減らしてチョコレートやカカオマスを200g投入。
パウンドケーキのチョコレート味ではなく、ほぼガトーショコラである・・・。
元々チョコ好きではないので流石に食べ飽きてくる。

しかもチョコ・・・、アーモンド・・・、その内ニキビが出てくるかもしれない。


そもそも、バターはお米みたいに重要食材ではないから、解決は遠いでしょうね。
って事で、昨日は大学イモを作ってみたが、地味〜。


あーーー今は猛烈にバターリッチでフルーツ風味のパウンドケーキの味が恋しいデス。

シフォンケーキとかで満足出来るように、好みを徐々に変えていく努力をすべきかな?
あの菓子型、高さがあって邪魔なのが難。
posted by AKA at 18:33 | 色々な時間

2014年12月28日

ホームパーティ

掃除や雑用に明け暮れた12月がやっと終わります。
でも、「 やらなくちゃ! 」 と長年思っていた事を随分済ませる事が出来たので、スッキリした気分で新年を迎えられそうで嬉しい。


この間ホームパーティーで友達に
「 キッチンの物が少なくなったねー 」
と言われて、ハッピーになった。

質素な生活をしてて 「 物がないね 」 と言われたら、何となく物悲しい気分になると思うのに、物を処分して 「 物が少ないね 」 と言われると褒められたような気分になるものなんですね。
人の心理は不思議です。

その友達はとても料理に熱心で、食材や調理道具が増えてしまうとの事。
みんな同じような悩みを抱えてる・・・。


最近は新たな料理ジャンルには足を踏み入れないようにしているので


忘年会141228_1.jpg


ホームパーティーも有るもので頑張って作る!

年に1・2回しか作らないようなお菓子の型などは処分しちゃいました。
以前は結構凝った料理も作ったけれど、今はパパッと作れるものとか、新鮮なお野菜を沢山使ったものとか、そういう料理が増えてます。
野菜の料理だと、あまり特殊な道具は不要なので、メニューに制限がないのが好都合。


忘年会141228_2.jpg


美味しいお菓子を頂く事もあるし、プロが作ったものを食べればいいのですよね。

自分で作るのが楽しい時期もありましたが、今になってようやくこだわりを捨てられるようになりました。
家の中でキッチンの掃除が一番大変!
日々キープ出来る量感を超えないようにするために、やりたがりの欲望を抑えるのに随分年月がかかってしまいました。
もっと早く気付けば良かったろうに、自分で自分の首を絞めててバカですね。


ホームパーティーがあると他人がキッチンに入る事になるので、もっと回数が増えると、整理整頓の機会が増えていいんだけどな。
posted by AKA at 13:42 | 色々な時間

2014年10月16日

秋の山メシ

141016_1.jpg


うかうかすると 「 秋が終わっちゃうのでは? 」 などと、ちょっと焦ってます。
あまりに早まった紅葉が予定を狂わしオタオタ気味。


慌てて出かけた山はすっかり秋の真っただ中・・・少しづつ落葉が進み、冬の準備段階に入ってるみたい。
キャンプ場はガラガラでした、ラッキー。


141016_2.jpg


自然の中で食べれば何でも美味しいけど、出来たての湯気とジュウジュウという音は更に旨みを増加させるような気がする!


141016_3.jpg


どんなに寒くてもサラダは必須。
全部ホットメニューにすると外での熱源のやりくりが大変すぎるので、冷たくても美味しく食べれそうなメニューもないとね。
だけど熱々のジャケットポテトを一緒に食べて温くなるようにしてみる・・・。


141016_4.jpg


アウトドアの常識、水に漬けこんだパスタならば茹で時間は1分でスパゲティも完成。

容器にパスタと3倍くらいの水を入れてそのまま放置するだけです。
4〜5時間経てばふやけて簡単調理が可能になるけど、冷えた保管場所なら漬けたまま3日ぐらい放置しておいても大丈夫です。
ふやけた状態で家から持ってくるなら水を捨ててもOK。

最近は家で作る時も、前もって漬けておきます。
この処理すると乾麺から茹でるよりも確実にアルデンテ! その上エコ!

準備不足で急遽出かけたので凝った料理は作らず、楽ちんメニューばっかりだけど、山メシってホントにいいなぁ。


登山目的じゃなかったけど、食べてばかりじゃ怠惰すぎるのでちょっとだけ歩く。

141016_5.jpg


山の風景は白樺がくっきりしたアクセントとなって、絵本のような様子になってました。
もう山シャツを着るような気温。
早めの秋は良いけど、早めの冬はイヤだなぁ。
posted by AKA at 18:39 | 色々な時間