2015年06月30日

森の中のカワイイやつ

滝に向かって森を歩いていると、おサルの湧水が出現。


150630_1.jpg


杉林の林道に祠のようなものが建っていて、中を覗くと、
「 このお水どおぞ〜 」
って、このおサルが手を差し出してるの。


それから間もなく


150630_2.jpg


林野庁のセンスはどうやらそう悪くはない事が判明。
この手描き感が森とマッチしててこれもカワイイ。

こういう場所でキッチリ並んだゴシック文字を貼られたりすると、もはや異物としか感じられないでしょうね。


そして沢沿いに大岩を登ったり降りたりして滝に到着。


150630_3.jpg


お天気が悪い日は滝を目指すのがいいかもしれない。

滝までは森の中を歩くから、晴れていたら蒸し暑い。
沢沿いの道は年中グチャグチャ。
滝壺付近はミスト状態で、あっという間にびっしょりだし。
梅雨だからと残念な気分になる自分を発見せずに、静寂を楽しめるのが素敵です。
posted by AKA at 19:47 | 色々な時間

2015年05月19日

茨城の海へ

ひたち海浜公園150519_1.jpg


ふらりと " ひたち海浜公園 " へ。
ネモフィラはもう後半でしたが、ポピーがピークでした。


真夏の日差しの中何時間も歩き回った後、大洗に移動。


大洗150519_2.jpg


サーファーしかいない海。
海岸はまだとても静かでしたが、砂浜はほとんど無く、
ここで海水浴するのだろうか?・・・
ちょっとピンとこない風景でした。


大洗150519_3.jpg


食事は色々なシーフードメニューがありそうだったので、" えんやどっと丸 " というお店で。

刺身や海鮮丼の類から鮑の入ったカルパッチョやら蟹のパスタまで、色々堪能しました。
魚を延々とお醤油に浸し続けて食べるのが苦手な私には向いてるお店でした。


そして最後は水族館。


大洗水族館150519_5.jpg


大洗水族館150519_4.jpg


クラゲに癒されて小旅行を終えました。
posted by AKA at 19:59 | 色々な時間

2015年05月13日

フレンチプレス

「 珈琲でも飲みに行こうか 」

というと、我家では軽井沢に行くことを意味する場合が多い。

いつも買い物をするツルヤのコーヒー売場にかなり豊富なラインナップが陳列されている丸山珈琲。
とにかく、軽井沢といえば、ミカド珈琲と丸山珈琲なんだなぁ・・・って、存在は勿論知っていたのですが、なんと初めて入店してみました。


丸山珈琲150513.jpg


珈琲はフレンチプレス式。
これが何だかとっても以外でした。


メニューは今までで一番というくらい膨大過ぎて、コーヒー党じゃない私には読めば読むほど選べなくなり、深入り焙煎と書かれていたので、
「 ブレンドを下さい 」
となってしまいました。
だって・・・。

『 クリーミー 』 とか 『 フルーティー 』 とか味の説明が書かれているのですが、コーヒーの味を探究したことがないので、クリームを入れてないのにクリーミーな味の豆とは?
という具合に頭が段々混乱してきて、メニュー読みを放棄しちゃったんですね。
H氏は、かなり興味深げに見入って、気に入りそうな一杯を見つけたようです。

私はそんな適当なオーダーをした結果、ハズしてしまいました。


もともとフレンチプレスで入れたほうが酸味が生まれるって聞いた事があります。
ちゃんとスタッフの方に自分の好みを伝えて選んでもらうべきだったけど、プレスで飲むならやっぱり紅茶のほうがいいかな。
posted by AKA at 18:09 | 色々な時間

2015年04月08日

素朴とみせかけて・・・

肌寒い春の午後、ちょっとメロウな雰囲気。
そういう時はミルクティーで暖まり、ゆっくり過ごしてみるのもいい。


以前にカフェで頂いたキャロットケーキがミルクティーにぴったりだった事を思い出し、記憶を頼りに作ってみました。

実はそれまでキャロットケーキは食べた事がなかったのです。

何時も冷蔵庫の野菜室に転がっている、あまりに日常的な食材で、ケーキとイメージが結びつかないことと、パティスリーで見かけることも無かったためで、スイーツとして全く頭に浮かばない存在でした。


ところが食べてびっくり。
勝手に地味な味で、単調でさっぱりした物だと決めつけていましたが、全く逆のタイプでした。
しっとりとしていて複雑でリッチな風味で、人参は沢山入っているけれど人参味ではない。
スパイスが効いていて、何となくエスニックフードのようにも感じられます。



キャロットケーキ150408.jpg



表面にバタークリームを塗るのが定番のようですが、
そうすると、食べきれない時の保存が厄介になりますので、表面はココナッツパウダーで化粧してあげました。
溶けることがないので、ずっと白さを保ってくれます。

バタークリームでもいいけれど、このケーキは酸味との相性もよさそうだと思ったので、バターにクリームチーズを同量加えたものをホイップして、扱いやすいように間に挟みました。


ミルクティーと共に口に運ぶとチャイのよう。
人参さんは我家の定番スイーツの仲間入りを果たしました。
posted by AKA at 18:13 | 色々な時間