2008年02月23日

シナモンドーナツ

生地もシナモン、外もシナモンシュガーという徹底的にシナモンのドーナツ。
ミルクティーとともに食せば、口の中はチャイみたい。

080223.jpg

ドーナツが唐突に食べたくなって、作業しててもその事ばかり思い浮かんで、とにかくドーナツを済まさない限り他の食事を受付けなさそうな状態になった。
ドーナツ・・ドーナツ・・ドーナツ・・
と頭の中はドーナツ一色。

こうなると買いに行くほうが早いか、作るほうが早いのか決断を迫られた末に、今回はとにかく直ぐにという事で、作るほうに決定。
時々こういう症状になるけれど、タコヤキだったりオムライスだったり、庶民的な食べ物に取り付かれやすいので解決が容易で助かります。
( 言うまでも無く庶民ですから当たり前ですけど・・・。)
間違っても 「 オッソブッコ食べないと死ぬー 」 という面倒くさいメニューに悩まされるような事はありえません。

私はドーナツを食して気が済んだし、シナモンドーナツ好き相方は、市販のシナモンドーナツの味はシナモンの効きが足りないと何時もクレームつけていたので、二人してシナモンだらけのドーナツには満足しました。
posted by AKA at 11:27 | Comment(2) | 色々な時間

2008年02月02日

冬の那須

那須のカフェはレベルが高く、件数も多く、観光地価格という事でもないので、のんびり過ごせてお気に入りなので年に何回か出かけます。
今週も急に思い立ち那須温泉に行ってきました。
那須の道路は除雪されているので、晴れている日なら冬タイヤ付けなくても行ける場所だし、今はどのお店も空いてて利用しやすい。

今回はどうにも肩の痛みが酷くて、温泉に何日か入ったら効くかしら? と、バタバタしている最中に強行に出かけました。
だからお風呂と食事と睡眠だけで1日をローテーションする訳にはいきません。
コンパクトになる材料の作業を用意して出かけました。

那須のカフェ080202.jpg

でも、温泉の合間に暖房の効いた人のほとんどいないカフェで刺繍したりして過ごすのって、なかなか気分転換になって良かったです。
( カフェの人も知らん顔しててくれました )
「 今度はミシンも車に積んで、本格的に湯治! 」
とまで思いました。

夜はいつも雪になったので、那須高原でも冬は雪見風呂が楽しめるのか・・・
冬の温泉は長湯も苦じゃないし、空いてるし、また来よう。
posted by AKA at 17:56 | Comment(0) | 色々な時間

2008年01月25日

こんにゃく大福

080125.jpg

こんにゃく大福、というお菓子を頂きました。
ネーミングからすると餅がこんにゃく? それとも餡がこんにゃくなのか?!
普通そういう風に考えるじゃありませんか。

ビックリするくらい蒟蒻の存在は無視された味わいと食感です。
( モチクリームが一番近いかもしれない・・・ )
餅にこんにゃく粉が入っているらしいのですが、あまりに消極的な使い方で、美味しいのだけれどインパクト無さ過ぎてがっかりしました。
「 クリーム大福 こんにゃく配合 」 
私ならそういう商品名にすると思う。
蒟蒻を前面に押し出すのはヘルシーである事を言いたいのかもしれないけど、相当カロリーはありそうな味がしました。

例えば・・・オレンジがほとんど入っていないオレンジジュースの場合だったら、生産者は必死になって色や香りや味をオレンジに近づけようとするものだし、『オレンジジュース』と書いてあって、パインの味したらどう思います?
そういうセオリーからするとかなり逆な方法ですし、蒟蒻の味がしない事は多分お菓子としては 正解だと想像が付く・・・という皮肉な存在。
味を消してまでもコンニャクを、という入魂の一品でしょうか?
posted by AKA at 20:49 | Comment(0) | 色々な時間

2008年01月09日

ソファがあるカフェで

ソファスペースのあるカフェは大好きで、特にこんなインパクト大な花柄があったり、色合いが良かったりするとなおさら蟻地獄のように吸い寄せられて、体脂肪のことも忘れスイーツを注文する羽目になる。

080109.jpg

もう・・かなりのリラックス状態になってしまいます、そしてうだうだと居座り、
「こんな靴欲しい」 だの
「こないだ食べた□□の○○は絶品」 とか
「今度は△△に行きたい」 などなどと
もうどうでもいいような内容の話を延々と女友達と繰り広げるのです。
ほとんど公共の場だということが忘却の彼方へと忘れ去られることもあり、かなり“我家”と化してしまう危険地帯。

こんなお客はいるし、スペース効率悪くて集客力低下するのに、あえてソファの有るゆとりカフェをやってくれる経営者さん感謝します。

posted by AKA at 21:01 | Comment(0) | 色々な時間