2008年05月08日

田舎のフリーマーケット

農産物直売場の片隅に “青空市 フリーマーケット” の旗が。
普段着の衣料品や引き出物系の日用品など、場所も新潟の山の中、通常なら興味も湧かない雰囲気なのに、フラフラっと1つのテーブルに足が向きました。

アンティーク080508.jpg

箱の中にバッチや安物の時計と共に無造作に放り込まれた黒く変色した指輪。
模様の一部にはガム? 糊? 何だか不明なベトベトするものが埋まって、悲しそうに鳥モチーフがワタシに向かって猛烈アピールしている。
強い興味を押さえつけて、どうでもよさ気な感じで汚い指輪をつまみ上げると、独り言口調の大きな声で 「 あれぇ、これ値段付いてないや〜 」 と言ってみる。
オバサンは指輪を一瞥すると 「 なんなら100円でもってけば? 」 という衝撃的な発言をした。

シルバー製だと思った私の見立てに確証はないし、細い模様を埋めたベトベトした塊の中は割れていて、素人がボンドで接着を試みた可能性だってあるから、値段なんてゲームのようなもの。
一方は必要ない物をすぐ捨てるのは心が痛むし、もう一方は見知らぬ他人からタダで物をもらう訳にはいかないから、お互いにバツの悪い思いをしなくて済むちょっとした形式のようなものかもしれない。

私が100円玉を渡すと、オバサンは私の手にその指輪を乗っけてくれた。
周囲に人が居ない状況だったら、小躍りしてスキップしながら車に戻っただろう、そのくらいにその小汚い指輪はワタシを幸せな気分にしてくれた。

旅から戻って、色々な道具で詰まったものを根気よく取り除き、磨き上げたら綺麗なシルバー色になりました。
農家のオバサンにしたら、この指輪はタオル一枚より価値のない存在なのかもしれないけど、ワタシは大歓迎! 100円でなかったとしても連れて帰った事は間違いないし、救出できてホント良かった。
posted by AKA at 00:08 | 色々な時間

2008年05月07日

鯉のぼりの和菓子

和菓子080507.jpg

生菓子って粘土細工のように色々なカタチが作り出せるから、焼き菓子よりも季節の諸々をストレートにモチーフとして表現できる世界だと思うので、見てて楽しいものです。

失礼なことを言ってしまうと、“味” については美味しい不味いはあると思うものの、予想外の衝撃的感動を受けた経験はなく、あくまで目で味わう存在のように思っています。

その分ビジュアルは
「そうきたか・・・」
という作品世界が広がっているのでこのまま紐でも付けてぶら下げたり、置物にしたいような物まであり、美しさの追求はどこまでも深層なものですね。

無論、どんなものを作るにしてもセンスや知識は不必要という事はないですが、慌しく毎日毎日が過ぎていく最中に
「 もしもし、今日は○○の日ですよ 」
という感じで、一時停止させてくれるような力があり、季節を大事にしている一人前の日本人になったような気分を満喫させてくれます。


posted by AKA at 12:37 | 色々な時間

2008年04月30日

イチゴジャム作り

080430.jpg

4月に入って小振りの苺が箱単位で安く店頭にならぶようになると、イチゴジャムを1年分まとめて作るのが恒例の作業です。

厳密に言うとイチゴジャムというより、イチゴのコンポートという状態で瓶詰めにしています。
イチゴは柔らかく煮えているけど形が煮崩れるギリギリの、イチゴシロップが煮詰まる一歩手前で止めるのです。
そして、イチゴのジャム作りでは普通加えることが多いペクチンは (家庭ではレモンを使いますが)、我家では加えません。
ペクチンを加えないとシロップにトロミが付きにくくなりますが、酸味が押さえられるので、そのままお菓子作りに利用することが出来ます。

ジャムとして食べる時は、開封した後清潔なスプーンなどでグチャグチャっとビンの中のイチゴを潰します。
そうすると崩れた果肉で、充分ジャムとしてのトロミを付けることができるし、果肉でストロベリー生クリーム、シロップだけソーダやアルコールで割ればイチゴドリンクが作れたり、色々便利です。


関連記事 − あんずジャムと梅ジャム
posted by AKA at 11:00 | 色々な時間

2008年03月28日

パーティーがある生活

バッグ080328.jpg

店で洋服を選んでいると、店員さんが寄ってきて

「 こちらはちょっとしたパーティーでもお召しになれますよぉ♪ 」

というセールストークが始まる。
「 ふむふむ、なるほど。そりゃ便利ね。 」
と最初は何気なく聞いていたけれど、このセリフをかなりの頻度で耳にすることに気がついた。
ワンピでも靴でもアクセでも 『 ちょっとしたパーティー 』の登場率たるやスゴイ。

そしてふと思う。
この日本でちょっとしたパーティーって何処で行われているのか?
新年会でも歓迎会でも同窓会でも飲み会でもない、パーティー!
普通パーティーといえば結婚式か、せいぜいX'masパーティーくらいのものだが、X'masだって真冬に露出度の高い服を着てクラッチバックを持つなんてフォーマルスタイルじゃ無い。
「今日って仮装のルールだっけ?」と言われることは必至。

最近友人達とこの話題について盛り上がり、今年は「ちょっとしたパーティー」 とやらをやってみようよ、という目標を冗談まじりにしてみた。
なんだか大人の生活の仲間入りみたいでワクワクするかも。
この花柄バッグならパーティー仕様になりそうな感じかな。
posted by AKA at 23:10 | 色々な時間