2008年07月01日

フルーツの女王様

マンゴスチン080701.jpg

桃のようなジューシーな果肉とマンゴーのような甘さ、マスカットのようなさわやかな酸味、ベストバランスなフルーツで、やっぱり女王よねー、と思い出す・・・。
マンゴスチンの果肉がかなり恋しくなってきました。
(王様ドリアンの匂いは政権の座から引きずり落としたくなる人もいるでしょうが・・・)

東南アジアに雨季の今頃出かけると美味しいフルーツが市場に山のようになっていて、どれもこれも驚くほど安くてテンションが高くなり、この場ならばちょっとセレブ買い?の気分も味わえる。
日本ではトロピカルフルーツは相変わらす高価なので、現地では普通の果物 & 物価が安いことから 『えーー!』 ってくらいの値段を見て 「 一生ここで暮らしたい! 」 って、果物好きとしては考えてしまう。
マンゴスチンも何年か前から生での輸入が解禁になったし、いつかバナナやパイナップルまでは無理でも、マンゴーくらい身近な果物になってくれればいいのにと思う。

以前バンコクのマーケットで買ったマンゴスチンをホテルに持ち帰ったら、実の中に蟻が大量に居たらしく、蟻まみれの袋を相手に悪戦苦闘。
そんな苦労も果肉を一口含んだとたん 「ああ、これこれ! 幸せだ〜♪ 」 って至福の時間に早代わり。
ガッチリした外見をしてるけど、少し切れ目を入れてパックリ割る要領で皮を引き離すと、綺麗に白い果肉が表れるので、食べやすいのも魅力。

美大卒業してからあまり絵は描かなくなったけど、マンゴスチンを愛するあまりアジアでスケッチ。
手早く描き終えて食べたい欲求のためか、かなりいい加減な絵で失礼します。
posted by AKA at 07:48 | 色々な時間

2008年06月28日

故郷のイメージはいろいろ

先日葛飾区役所の清掃担当者が実家を訪ねて来て
「ゴミの収集について、お宅の本家の若奥さんに・・・」
と何時代だ?というセリフで話を始めたので、まるで横溝正史に出てくるドロドロ一族か田舎みたいで面白かった。
でも核家族が多い東京でこんなセリフが聞けて、さすが下町とホッとしました。

ワタシの実家は周辺に親戚だらけなので、子供の頃から他の友達とは家庭環境がちょっと違ってた感じがあります。

クラスメイトに大叔父の孫がいて、名前が『雁之介-かのすけ』だったものだから、時代劇みたいな名前を友達にからかわれてました。
大叔父さんが名付けた名前なのかもしれないけど、今時この名前、可哀相に・・・と当時思っていたが、今となっては案外インパクトのあるイイ名前じゃないの、と感じます。
いつも一緒に遊んだ従姉の息子は私の弟に似ていて、「 あら兄弟でそっくりじゃない! 」 という大人に向かって、7才くらいの弟が「 僕は叔父です 」と言い放った時、不思議そうにしてる大人の表情が面白かった。
似た容姿の様々な年齢の子達で遊んでるわけだから、他人から見たら 「お母さんはいったい何人産んだのか? 」 って感じだったかも。
ある意味で何時も見張られてる感じ、監視・言葉遣い・礼儀・序列、そういう窮屈さの反面で孤独感とは無縁、周りは親戚血縁ばっかりですから、退屈したらどっかの家に上がり込めばいいわけです。

080628.jpg

ところで今週花菖蒲が見頃なので、潮来〜佐原付近のあやめ祭りや水生植物園に行ってきました。
霞ヶ浦付近ってこんなに見所あるって知らなかったし、何か○○時代村・・みたいな情景が素朴な感じで、『菖蒲』っていうかなり和風な花との組み合わせが故郷っぽい風景そのものな感じでした。
故郷・・・っていうとこんな所を言うのかな? 東京は故郷から除外された存在と定義されてるかな? と感じるけど、東京でも私にとって実家は結構『 ふるさと 』っぽい場所になってます。
posted by AKA at 11:23 | 色々な時間

2008年06月20日

萬珍楼點心舗

横浜中華街に行くとあまりの店舗数に動転するので、事前に食べる店は決めてしまい、浮気心が出ないように予約もしてしまいます。
友達同士となら穴場の小さいお店とか散歩しながら発見するのは楽しい♪ と思えるのですが、我家にとって中華街は一種のアトラクションみたいな所なので、いかにも“中華街らしい作りこみ”の店で食べたいという俗物的欲求が勝って、ついつい絢爛な店に足が向いてしまうのです。

080620.jpg

で、有名店の萬珍楼點心舗ですが、内装は萬珍楼のほうが豪華かな。
美味い♪と思う料理があったかと思えば、うーーん案外普通?・・と思ったり、『 ○○餃子1500円(3個) 』という価格帯の為に、過剰な期待から点数を辛目に付けてしまうのかも。
全体的に下味、漬込みなどをしっかりしてから作ってる印象がしました。
特級精選点心と点心の二段構成になっていて、点心のほうは700円とかの普通の値段、特級点心師が作ると高くなるということかどうか不明ですが・・・。

中身の詰め物は大抵海老で、海老巻き○○、海老詰○○、海老入り○○、といった具合で豚を庶民的と見下してる如く、春巻すら海老入りのみ。
肉系点心が少ないので、あっさりしたものが多く、年配の方でも油っぽくてムカムカしてくることなく食べれるメニューが多いです。
点心以外の料理も充実、小さいサイズの設定があるので、少人数で行っても色々食べれるのが親切ですね。
とにかくメニュー数膨大なので、食べたい物をフリ落とす作業が大変なのだ。
一般的な広東料理の定番メニュー以外を食べないと、ここまで来た意味がないから、食べたことないものばかり食したので、そういう意味合いでは満足出来る店だと思います。

その後調味料や乾物や菓子を買い、中華街行ったら絶対欠かさず立ち寄る永楽製麺所で冷凍庫の限界まで大量の麺を買い溜めする。
(ここの涼麺はホントに美味しい)
こんな具合なので車は絶対中華街に駐車しますが、安い駐車場を探した末、東横イン付属のピットインパーキングが一日¥1500でハイルーフOKなので最安値だと思います。
“あかいくつバス一回乗車¥100”で移動すれば見所のほとんどに行けるしね。

posted by AKA at 12:36 | 色々な時間

2008年05月19日

わらび採りと保存

080519.jpg


山で採ってきたワラビをアク抜きして塩漬けで保存する作業は春の楽しみ。
八百屋に行けば一束何百円で売っているのに、わざわざ高騰したガソリン代と高速道路の料金払って、山を登って、汗かいて、腰痛くなって、枯葉は混ざるし、虫も侵入してるし、長さはバラバラだし。
こんなマイナス要素ひっくるめても山菜採りは楽しい。

「 天然モノのわらびは味が違うな〜 」 ってつぶやきながら頂きます。
要は家庭菜園と一緒で、自分の口に入るものを自力で獲得したという満足感が他の苦労を吹き飛ばす訳です。

ワラビはまず良く洗って、全てのワラビが隠れる大きさの鍋などの容器に入れ、1sのワラビに対してスプーン1の重曹を入れた熱湯を用意します。
ワラビの入った容器(耐熱)にその熱湯を注ぎ、一晩浸して置きます。
次の日アクが出た重曹液は全て捨てて、良く水洗いして完了。

すぐに食べるなら重曹を入れたお湯で茹でれば良いのですが、塩漬け保存の場合茹でるとベトベトになるので、この方法でアク抜きして塩をたっぷり入れて冷蔵庫で保存します。
使う時は数時間塩抜きが必要ですが、炊き込みご飯やパスタに入れても美味。
posted by AKA at 18:14 | 色々な時間