2009年02月08日

トルコ刺繍とトルコ人気質

刺繍キルト090208.jpg

アラブの刺繍がたっぷりされた民族衣装など、すべて一点物の刺繍がキルトに仕上げられています。
イスラム的デザイン独特のモザイクのような刺繍図案が参考になりました。
トルコでは貴重な愛想の悪い店主、とのやり取りに癖々して一枚しか購入しなかったけれど、帰国してからじっくり見て後悔、あと数枚購入すればよかった。

“ トルコ人は大変な親日家である ”
という話は良く耳にするけれど、私はそれを 『 心の中で好感をもっている 』 程度と解釈していたが、実は世界一、国家レベルの親日家です。

確かに100年以上前、遭難したトルコ船エルトゥールル号の乗組員を助けてあげた事はあるし ( 人道的に当然の行為 )
オスマントルコの宿敵ロシアを戦争で負かした事もあった( 別にトルコの為に戦ったのではない )

でもそんなのはずーーと昔の事で、トルコでは日本人は恩人ですと教育されるのかもしれないが、日本人は教科書に出てくるオスマントルコ以降の記憶は絶たれているから、どうしてそんなに愛されるのか合点がいかなくて戸惑ってしまうのです。
それともBC.****年という国になると、百年前なんてこの間の事のようなのだろうか?

街を歩くと次々声をかけられ、「 自分は日本が大好きなんだ 」 と話しかけてくる・・・
とにかくそれを私に伝えたい人がこの街に何人いるのか判らないけれど
【“超”親日家選手権 】 の審査員にでも任命されたような気分になった。

食事中に日本人だからサービスだと言って飲み物が運ばれてきたり。
とにかくその親切と好意は一日中どこにいても休むことなく注がれるのです。


用事があって銀行に行った時の事。
日本と同じく発券機があり、番号が掲示板に表示されるシステムで、安心してロビーチェアに座り順番を待っていた。

『 ピンポーン 』 と番号が変わったとたん、横にいたご婦人に 「 アナタの番じゃない? 」 と聞かれた。

また 『 ピンポーン 』 と鳴ると、前を通りかかったカップルが 「 あの番号、君のじゃないか? 」 と尋ねてくる。

しばらくして 『 ピンポーン 』 と鳴った時、後方にいた老人がわざわざ席を立って私の肩を叩き、私の持っている番号札を見せろと言い、違うのが分ると安心したように戻っていった。

『 ピンポーン 』、『 ピンポーン 』、『 ピンポーン 』
番号が変わるたびに私の周囲のありとあらゆる人が毎回声をかけてきて、
「 異国に来た不案内なこの日本人を無事カウンターに届けなければ! 」
と使命感に燃えているようだった。

どうやらトルコの人は、日本人がどんなに機器や先進システムに強いかという事を忘れちゃってるようなのです。


バザールでH氏を見失い周囲をキョロキョロと見回していたら、一人の若者が私の腕をつかみ、足早に 「 こっちだ 」 とグイグイ引っ張っていく。
到着したのは女子トイレ。
彼は私が漏らさずに済んで良かった、とばかりに満足げに去って行った。


チケット売り場の無いバス停で、切符はどこで売ってますか? と聞いたら、おじさんが自分の回数券を譲ってくれた。

生憎ピッタリ小銭がなく、10円程度の事なので 「 おつりはいいです 」 と言うと、
そんな訳にいくか! とバスを待つ列全体を巻き込む大事へと発展し、人から人へと両替がされていき、私のもとにきっちりおつりが戻ってきた。

その上、私達の行き先を聞くと、『 誰かその方面へ行くやつはいないかー 』 と探し出し、遠慮する私におかまいなく一人の青年に目的地まで同行させるという徹底振り。

どんな国にも悪人というのは居るものだとしても、トルコで日本人が路頭に迷うなんて到底ありえないというのが個人的感想です。
但し、日本人を愛する彼らの親切はものすごい過剰だということを覚悟しなければなりません。
posted by AKA at 09:32 | 色々な時間

2009年02月05日

トルコのデザインとペルシャ商人

トルコの絵皿090205-1.jpg

イスタンブールのイミグレーションを通過し、税関とをガラスで隔てた到着ロビーに目を向けると、山ほどの男・男・男・・・男性しかいない。
革ジャンを着込み、人相が悪く( 100%誤解 )、そこにいる全員が、ヨーローッパで警戒していた出稼ぎ窃盗団かテロリストにしか見えない。
「 もしかして私、とんでもないところに来ちゃった? 」

空港ロビーを前にした瞬間、 “ ようこそ別世界へ ” と言われたように怯んだのが、トルコ滞在のスタートでした。

こんな事を思い出したのは、先日大切にしていたトルコで買った陶器をひとつ、H氏がメチャメチャに割ってしまったから。
そして自分が滞在中に陰鬱な気分になり、あまりトルコを楽しんでいなかった事、それなのに今更滞在中の事を振り返ると面白い所だったと思えるので、トルコでの事を書いてみようと思いました。

イスラミックなものが大好きな私は、街に出かけて建築物や色々なものを見ましたが、そこにはウォーーと夢中になるデザインが満載。
旅に出たら現地の物を買って帰るのも楽しみの一つ、ブランド品にはまったく興味のないワタシですが、布や陶器などには興味津々。

品物に値段がついて無いから交渉するなんてことはアジアでは普通の事。
ところがバザールなどで 『 何かを見せてもらい、それを買う 』 という事が、ココでは一筋縄では行かない事だと思い知るのです。

「 すみません。アレはいくらですか? 」 
と店主に聞いた瞬間に儀式が始まるのです。

『 まずはお茶でもどうですか 』
勧められるがままに腰を落ち着け、魔法の様な速さで少年が運んできたチャイを頂くと、店主は自分がどんなに日本が好きかという事や、ソニーやトヨタはトルコ人の遠ーーーい親戚である東の果てに住む日本人が作っているのが自慢だ、という事などを延々話すのである。

そして一杯目のお茶が無くなり、そろそろ商品の話をしたい私がヤンワリと
「 それで、アレはいくらですか? 」 と切り出すと、
『 まあまあ、今度はエルマチャイ ( アップルティー ) でもどうですか? 』
と言って、また少年に甘いお茶を運ばせ、必死の英語でのチグハグな会話が再開されるという按配。

いくらなんでも30分近く経っているじゃないか、と半ば強引に
「 で!、アレがいくらなのか知りたいんです! 」
と再び切り出すと、

『 はぁーー。( 残念そうに溜息 ) アナタはお金の事しか興味がないんですね・・・』

「 お金にしか興味が無いのではなく、その皿の値段に興味があるだけだ! 」
と言ってやりたい気持ちだが、どうやら30分くらいはお茶を飲みながら世間話をして、打ち解けた雰囲気になってから商談というのが、お行儀の良いお客という事らしいです。

海外では知らない人から飲み物をもらうのは睡眠薬強盗の危険性があるのだけど、この場はそういう事ではなく、単なる習慣です。
でも、ワタシの購買意欲はみるみる萎んで行きました。

値段次第では買わないかもしれないのに、一軒ごとに店主とお茶をし。
時間をかけてまずは値段を教えてもらい。
そこからようやく値段交渉・・・。
以後よほど欲しい物でもないかぎり店に入らなくなりました。
今思えば休憩時間と思えば楽しい時間、喫茶店のマスターを相手にしていると思えば良かったんですよね。

絵皿090205-2.jpg

後日その店の前を通ると 「 MIYA!こんにちわ 」 と声をかけてくる。

この店はワタシ好みのツボを押さえていて、先日とは違う陶器が目に入って
「 それはいくらなの? 」 と懲りずに聞いてしまったが、
「 これは○○・・・でももっと安くするよ、いくらにしてほしい? 」
と即答してくるではないか。
店主とゆっくりお茶を楽しみ、自己紹介をすればその後は至ってスムーズ。
これがペルシャ商人との付合い方であることを理解したのは帰国直前でした。 
posted by AKA at 18:17 | 色々な時間

2008年12月31日

お正月リース

リース081231.jpg

トラディショナルなスタイルでないと効果が無さそう・・・
と思いつつ、しかたなくアルミドアの上部にガムテープで固定した釣り糸を垂らして、手作りのリースをかけています。
門松って、やっぱり門とか玄関に付けるものだから、家についてればどこでも良いってわけにはいかないはずなのに、今住んでる家は鉄筋コンクリートなので門松を取り付けられるところが無いです。

これは我家が特殊だとは思えません。
最近の玄関ドアはアルミ製がほとんどだし、外壁だってサイディングボードやパワーボードが主流の素材になっていて、「 ここらにクギでも打ち付けよう 」ってわけにはいかないはずです。
けれどそういう対応のデザインにはなっていなさそう・・・
と、鳶職の屋台を眺めて思う。

「 おねぇさん!  どぉよ、 いっこ買ってかねぇ ?」

買いたいのはやまやまなれど、スペック的に無理。
子供の頃からこういうものは本来こういう屋台で買うもの、という家で育ったので、どうもスーパーなどにビニール入りで売ってるお飾りとか見ると
「 このぉ偽物め! 」
という気持ちが起ってしまうのですね。
鏡餅もしかり。
サトウの真空パックとかもなんとなく寂しい気持ちになってしまいます。
いっそ開封して並べたい・・・( もっとも長所を無視した利用法例 )

門松必須。
という人が少なくなっていて、色々な取り付けパターンが出てこないんでしょうか。
今日は威勢の良い松を、ベッタリと梱包テープで外壁に貼付けにしている家を見かけましたが、最後まで剥がれずに保つか、保つくらいの粘着性なら塗装がはがれるんじゃないかが見モノです。
posted by AKA at 18:45 | 色々な時間

2008年12月09日

常陸そばとあんこう鍋

そろそろアンコウが食べれる時期になったかな?
「 それならいわきか最低でも北茨城まで行かないと! 」 急遽そんなことになり、突発的に出かけました。
そういえば、この秋バタバタしていて秋蕎麦を食べず終いだった事を思い出し、茨城といえば“蕎麦”は外せないメニューなので少々時期ハズレの蕎麦も目的に加えてみる。

笠間-和味.jpg木挽庵.jpg

左:笠間の和味(なごみ)のせいろと野菜天麩羅 
11:30頃到着しましたので2組目の入店でスムーズでしたがあっという間に満席に、お蕎麦も美味しいし天麩羅はヤーコンや柿など面白いものの盛り合わせ。
マクロビオティックも取り入れているお店でした。
右:ひたちなか市の木挽庵の田舎そば
もちろんせいろも頂きましたが、太めで十割の田舎そばのほうが香りが良いです、もちろんせいろより量は少ないですが・・・
14時の閉店20分前に到着したので、こちらも直に入店できました。

ところが蕎麦屋を二軒まわると到底北茨城まではたどり着けないものですね。
結局日立まで行き、そこで普通のあんこう鍋をたべたのですが 「 んーーーこんなものかもな 」 という中途半端な感想。
むしろ他の魚料理や刺身の鮮度や美味しさのほうが際立っていたような・・・
特にお気に入りは“ 目ひかり ”
家の近くでも買えますが、あしが早い魚なのか箸でさわるだけで皮がやぶれたり、扱いが難しいのです。
茨城で食べたのは甘くて、身がフワフワで、正直あんこうより好みでした。

今度は茨城の蕎麦産地ならではのつけ汁が“けんちん”になっているのを食してみたいし、アンコウもちゃんと “ どぶ汁 ”(あん肝を溶かした汁で作る鍋)になってるのを目指して旬の2月にでも再チャレンジしたいです。
posted by AKA at 12:54 | 色々な時間