2009年04月02日

クリーミーなマーマレード作り

マーマレードは皮と果肉のみで作るのが一般的ですが、私は中袋まですべて使ったマーマレード作りをしています。
この作り方のほうが、味がまろやかでクリーミー、きれいな黄色の仕上がりになるような気がします。
そういう作り方に変えたきっかけは、軽井沢の “ 沢屋のマーマレード ” がお気に入りで、一般的マーマレードのレシピを何度試しても気に入ったものにならず、沢屋のマーマレードをよくよく見るとかなり不透明で白っぽいことから、丸ごと全部を柔らかく煮るとこうなるのかもと気付いてからです。

マーマレード090402.jpg

無農薬のオレンジを国内で入手するというのはかなり困難なことなので、ワックスを徹底的に取り除く作業をして使用します。
でもその前に、一番大事な決め手は作り方ではなくオレンジです、もちろん。

●中袋がものすごく薄くて、袋ごとたべてもまったく口に残ることなく無くなる
●外皮がネーブルやみかんのように薄い
●種がほぼない

この3点が譲れない絶対条件です。
オレンジの味自体は甘いほうがもちろん望ましいですが、甘みや酸味は後から果肉やジュースで補助することは可能なので、あくまで食感を重視して選びます、無視して作ると 『 ゴミ入りマーマレード 』 になります。
「 さぁ作ろう 」 と思い立った時買ってきて作業という事は出来ないのが難点、専門業者じゃないから自分で適したオレンジを探さなくてはならない。
一袋もしくは一個だけ買ってきて、味見をします。
条件に満たないオレンジの場合は、その店舗で扱うシールのブランドはその年は不向きだったということで除外。
2月頃から色々買って探しますが、去年はとうとう初春の柑橘シーズン内に気に入るものに出会えなかったので、マーマレード作りはあきらめました。
去年の保存分が無いので今年こそなんとか!の思いから、満足度80%くらいのオレンジで妥協しました。
ほんの少しですが、苦味を感じる皮だったのが残念、毎年毎年勉強です。

さて、購入したオレンジを熱いお湯に漬けておいてワックスを浮かせます、そして薄めた洗剤で食器を洗うようにスポンジで磨きます。
濯いだら熱湯にくぐらせ、洗剤で二度目の洗いをして、濯いでから今度は熱湯で1分ほど茹でます。
そのあと乾いた布で表面を磨いて念には念を入れます。
あとは丸ごと全部を切って煮るのみ。
ここで更に望ましいのは出来るだけ薄く切る事なので、半分にして、種が無いかチェックした後スライサーにかけます。
薄いほど食感が良く出来上がりますよ。

イチゴジャム作り のページへ
posted by AKA at 12:20 | 色々な時間

2009年03月14日

東日本で一番の梅林

もうすぐ春なんだな、とつくづく実感させてもらえるので梅の花は好きです。
品種を色々見たい人は観光梅林がお好きかもしれないけれど、私は箕郷の蟹沢梅林が大好きです。(合併が多くて・・今は高崎市になってますね)
例年より早め、今週から満開で見頃でしょう。

梅090314

現在約10万本という規模、本数は東日本で一番のはずです。
ここに比べれば湯河原( 4千本 )、青梅の吉野梅郷( 関東一と名乗っているけど2万5千本 ) などは見ても物足りない感じさえします。
まぁ、以前も書きましたが、群馬の人って宣伝が下手で、自画自賛しない性格のようなんで、どこもマイナーになっちゃうんでしょうけど、30分くらい移動するとやはり大きな安中市の秋間梅林( 3万5千本 )もあるのでハシゴも出来ます。

観光梅林は色々な品種が植えてあるので、植物鑑賞には良いのですが、“ 圧巻 ” という印象にならない事も多い。
梅は桜と違って花が若干小ぶりだし、寒さもあってか何か寂しい感じがするのは否めないので、とにかく集団力で見せつけてもらわないと 「 おおー 」 って満足感が得られない。
だから5〜6部咲きという程度では出かけないほうがいいでしょうね。

箕郷の梅林は食用目的に栽培されている梅の産地ですので、花が面白い形状になってはいないけれど、どこまでも梅、一つの山が梅って感じなので、写真も梅の塊のように撮れるし、何時間かかけて真っ白に染まった里山をトレッキングしたりと満喫感は非常に高いですよ。
posted by AKA at 12:58 | 色々な時間

2009年02月22日

アラブ系チェス

前列のポーン ( 歩兵 )、ルーク ( 塔 )、ナイト ( 桂馬 )、ビショップ・・・あれ? ビショップが象になってる。
そしてクイーンがいない。
そういえばアラブ、イスラムの国には “ 女王 ” にあたる存在が無かったのかも、第一夫人、第二夫人、第三夫人・・と順番はあるし、“ スルタナ ” という言葉も聞いた事はありますが、キング=スルタンの隣で縦・横・斜めと一番の能力を発揮するほどの存在感という位置づけではない、女性がいないチェスの駒。
“ 宰相 ”みたいなキャラクターがスルタンの隣に鎮座しています。

チェス090222.jpg

チェスはもともとインド発祥らしくて、ビショプの駒は本来は象だったらしい。
ガネーシャを意味してるかどうかは知りませんが、それがヨーロッパに渡って、ビショプは聖職者になった様です。

トルコの町ではあちらこちらでゲームを楽しむ男性の姿をみかけます。
飴色の内装が素敵なチャイハネで、お茶を飲みながらバックギャモンに興じる光景というのは、オシャレでいい感じですが、そういう世界に女性の姿は一切ありません。
私はどうしてもチャイハネでお茶がしたかったけど、いつでも女は私だけ。
本当は水タバコをくゆらせる光景も是非とも見たかったのですが、もう空気が “ 女人禁制 ” です。 ( そう入口に書いてあったとかではないですが )
旧市街を散策していても、街の中の80〜90%くらいが男性という印象。
そのくらいの割合になると、私としては居てはいけないところに居るような、居心地の悪さを感じます。
もちろんゲーム盤がある席に座ってみるなんて、出来る雰囲気ではななかった。

素敵なゲームボードが沢山売ってるし、体験できなかった雰囲気を家で再現しようと、購入することにしたのですが、生憎バックギャモンはやったことがない。
普段目にする駒とは違うという事が珍しくて、チェスを購入。

トルコ人は外国人がトルコ語を話すなんて考えてもいないせいなのか、「 ありがとう 」とか、一言口ににしただけで態度が豹変する。
予算より高めな価格で提示されたチェスをなんとか値引きしてもらおうと、話に聞いた言葉をこの機会に試してみたのです。
無表情に○○○$じゃないと、と言うトルコの店主に向かって

「 トルキエ イレ ジャポンヤ ユルラルダンベリ ドストデルミ 」

と発音なんてメチャメチャで、呪文のように私が呟いたとたん、『 おーー、それを言われちゃ御終いよ! 』 とばかりに、値段が1/3になったではないか。

この言葉を言うと、ウソみたいに値段が下がると聞いていたのです。
「 トルコ人と日本人は昔ながらの親友じゃないですか 」
というセリフですが、ホントに値下げしたのには私のほうがビックリした。
トルコ語は日本語と文法が似ていて、単語を日本語と同じ順番で言えばいいので、チャレンジしやすい。
“ おはよう ”“ ありがとう ”“ はい・いいえ ”などの初歩的言葉でもトルコ語を口にした途端、相手の喜びようは他の国では見たことないくらいで、今にも抱きついてきそうなくらい嬉しそう。
なんていうか、感情に素直な国民性っていいですね。

posted by AKA at 11:17 | 色々な時間

2009年02月18日

日向夏

日向夏.jpg

東国原県知事が宣伝に力を入れていたので気になっていた日向夏が、出荷の時期に入ってきてようやく食べる事が出来ました。
柑橘系なのに林檎のようにクルクルと皮を向いて、普通なら苦くて口にする事はまずない、皮の白い部分も一緒に食べるのです。
種も無いので非常に食べやすくていいですね。

人って始めて試みる時は何でもそうですが、「 評判が誇張で、万が一苦くても驚かないぞ・・・ 」 という覚悟を決めて口に入れてみる。
「 へーーー 」 っていうのが感想。
苦くない、というのは間違いなく評判通りです。
確かに苦くもないけど、あんまり甘くも無い。
すごく極端な表現をすると、全部の要素が薄味ではっきりしない味でした。
たまたまこれがイマイチの出来で、そうなのかどうかは初めて食べるのでまったく判断しようがないです。

甘い味も、酸っぱい味も、苦味も、香りが強い物も、全部苦手な人には最高の味です、とにかくサッパリ感が一番の特徴ですね。
グレープフルーツから苦味を抜いた感じ、と聞いていましたが、今まで食べた物に一番近いのは“ ぶんたん ”かな?
柚子の突然変異種らしいのですが、まったく柚子の香りはしません。
ゴールデンピーチの時が 「 ヤッター! 」 と、☆☆☆の感動だったので、過剰に期待してしまいました。
posted by AKA at 12:00 | 色々な時間