2009年10月20日

旅行先で絶対に買うもの

以前は旅行に行くと、いわゆる名産品とか特産品とかを買って帰る事が多くて、吟味するのも時間を費やしててバカバカしかったのですが、最近はある品目に決めてしまっているのでラクチンになりました。
日本人の性として、旅行に出たらお土産の事につい気持ちが向かってしまうのは押さえられないのですよね。
“ せっかく来たんだからモード ” ってヤツです。

決めた品目、それは穀類。
なかでも米! です。

稲穂091020_1.jpg

稲穂091020_2.jpg

安らぐ風景を満喫すると、胃袋も満喫させたくなってくる。
天日乾しのお米はスーパーなどでは購入するのが難しいけれど、農業直売所なんかなら当然のように並んでいて、そうでないのに比べて1割ほど高めの値段ですがそちらを購入しています。
絶対に消費出来る必需品なので、お土産 = 無駄遣い って事が無いし、余分なものが家に持ち込まれることもありません。

案外どんなところでも米は作っているものなんですよね。
千葉に行った時だってちゃんとありました、千葉産のお米。
関西でも佐賀産とか関東圏ではお目にかからなそうな、出来るだけ遠方の物を買って帰りました。
今まで当てずっぽうに買っている中で、1番美味しいなぁと思ったのは富山のお米でした。

あと穀類ではないのですが、その県を中心に展開している地元企業のスーパーには絶対足を運びます。
ヨーカ堂とかイオンなどには並んでいない、地元で愛好の食品など、土地柄を反映した品揃えがGOODです。
不味い物は地元市民によって淘汰されているのでコストパフォーマンスの良いものが見つかります。
焼津のスーパーの乾物コーナーには、削ってない一本物の鰹節が削り節パックと同様に当然アイテムのように並んでいて 「 おぉーー流石だネ 」 と関心したものです。

posted by AKA at 11:00 | 色々な時間

2009年10月13日

緑色のハンター

昆虫って大抵捕まえるとジタバタ暴れるとか、一目散に逃げ出すとかするからコミュニケーションなんて成り立たない。
でも螳螂は流石!
全く動じない。

不思議そうに首をかしげるとじーーっとこちらを見つめる。
顔と顔を接近させると怒ったように立ち上がって威嚇ポーズをとったり、手に乗せても平気で眼球のお手入れをしていたり、鎌と指でハイタッチしてくれたり・・・生きたオモチャみたいで楽しい。

螳螂091013.jpg

子供の頃から女子のくせにカマキリが大好きで、家にも連れて帰り、ちょっとゴハンを食べてる間に見失うと
「 まっ、いいか 」
と放置したままテレビなんか見始める。

かくして翌日、窓をを空けようとカーテンに手をかけた母とカマキリが対面し、悲鳴が家に響き渡る。

成虫ならまだしも、冬の間に卵を発見して嬉しくて家に持ち帰り、そしてまた忘却の彼方へ・・・
またまた母の恐怖の絶叫!
しっかりカマキリの形をした僅か数mmの大群があっちにもこっちにも!

これには私も流石にゾッとしましたが、猛烈な説教のほうが堪えた。

一度に二匹捕まえて虫篭に入れておいたら、翌日一匹に。
「 一匹逃げたぁ〜 」と父に報告すると
淡々と 「 ああ、食べられたんだろう 」 となんでもない事のように共食いの事実を知らされた。
「 カマキリはね、メスのほうが大きくて強いんだ!オスなんか餌食になっちゃうんだぞぉ 」
と何やら意味ありげに説明するもんだから、想像するだけで怖かった。

いや・・・一番怖い思いをしたのは恐らく食べられた小さいほうの蟷螂。
「 何でコイツと狭いカゴにぃぃぃぃ !」
って恐怖心を察せられなかった、ゴメンよ・・・ “ 虫篭の中でお食事真っ最中 ” というグロテスクな光景を目撃しなかったのは不幸中の幸いだった。


BBQの最中カマキリに出合ったので、ちょっと遊んでみたりする。
おっきなお腹をしたオオカマキリ。
もうすぐ卵を産むんだね。
十分遊んでもらってから、エサがいっぱい居そうな茂みに帰してあげました。

BBQ091013.jpg

そして人間の食事・・・。
共食いはしないけど、相当グロテスクなものを食べてるじゃないの。
posted by AKA at 17:41 | 色々な時間

2009年09月26日

中秋節の定番お菓子

人から頂く機会も少なく、周囲の人気や美味しい場所の情報も少ないお菓子。
砂糖たっぷり、油分も高くてカロリー満点。

月餅090926.jpg
“ 月餅 ”
実は結構気になる存在。

好物という意識は全くないにもかかわらず、出会うと買う確立が高い。
というか、どこかに気に入る月餅がないかと探しているくらい。
特に秋の空気が立ち込めてくると、あのガツンとした重い味が欲しくなってしまうのです。

唯、味が濃い上にお饅頭ジャンルにしては大きすぎやしないか?
中国ではケーキ的大きさのものもあるから、お饅頭という概念の食べ物ではないのかもしれない。
しかも案外お高い。

私は中華街の長安道にある聚楽のミニサイズの月餅が気に入っています。
真空パックで何日も経ってる、という心配がないから。
本来切り分けて食べる目的のものだから、ミニは邪道かもしれないけれど、皮と餡のバランスは小さいほうが日本人の口に合うような気がします。

posted by AKA at 13:23 | 色々な時間

2009年09月21日

シュークリームカフェ

「 シュークリームカフェでお茶をしました 」
そんな光景ではありませんか。

カフェ090922.jpg

シュークリーム専門のカフェなんてあったら絶対行くけれど、実はこのケーキセットが激安だった為に、オンナ5人が申し合わせたようにこのメニューをオーダーしただけなのです。
店員さんも心の中では “ この女どもめ! ” と呆れたかもしれない。

メガネのJINS併設のカフェに入店した時、ヘビーなランチを済ませたばかりで、「 ドリンクだけネ 」 と全員思っていたのに・・・

『 ケーキをご注文の場合+¥200でドリンク付 』

それを目にしたと同時に飛び込んできたのは、シュークリーム¥200の表記。
ってことは400円!
ちなみにカフェラテの単品価格は¥400ぐらいだったような?

更に
『 ケーキには+¥100でジェラートが付きます 』

こうなると店の経営がどうなっているのか心配になってくる。
そう思ったにもかかわらず、全員で同じものをオーダーするんだから、女って激安に弱いのですね。
プレートにはシナモンで文字を描いてちゃんと出してくれるし、500円で快適おしゃべり空間を提供していただきました♪
posted by AKA at 10:18 | 色々な時間