2009年11月10日

スピリット・オブ・ビューティー

着物を着るようになって、アクセサリーの好みが確実に変わったような気がします。
ルースなどの価値よりも、手仕事のほうに魅力を感じる。
という心境の変化でしょうか?

週末に友人と森アーツセンターギャラリーで開催してる 『 スピリット・オブ・ビューティー展 』 に行ってきました。
生憎カメラを忘れたので着て行った着物の写真は無しですが。

ヴァン クリーフ&アーペルの宝石どっさり! すっごい目の保養になりました。
ダイヤ ルビー サファイア エメラルド のオンパレード!
あまりに別世界過ぎて、これっぽっちも 「 こんなの欲しいなぁ 」 という気にならないところがすごいところです。
でも、珊瑚とかには目が行くのは最近の傾向でしょうか?
人によって美しく感じない、というジャンルではありませんので、確実に美しい物を見たい方にはお勧めの展覧会と言えましょう。

ジュエリー091110.jpg

自分が使うアクセサリーに関してはヴァン クリーフ&アーペルとは多分真逆の好みです。
一番最近友人のジュエリー作家小田真紀子に依頼して作ってもらったのは真珠の指輪で、指の関節の間が埋まる幅の超個性派のデザインです。
なんとなく、シンプルな着物と合わせたいと思ってオーダーしました。
私の中ではこれは着物用のアクセサリーなんですが・・・。

実は私、アクセサリーを着けたり外したりすると失くす可能性大!な人です。
ネックレスもピアスも指輪も着けっ放しにしてます、寝るときも温泉の時も外しません。

真珠っていうのはどうかな?
着けっ放しに出来ない・・・不安。

着物と真珠は相性いいから必須アイテムだし、着物用なら日常使いではない、という気持ちがなければ未だに真珠と縁が無かったかもしれません。
ダイヤモンドなんてまして関心が薄くなってます。
ダイヤモンドの指輪を着けっ放しで土いじりをしたり、お風呂洗ったり・・・「 別に普段使いですからこんなの、オホホホ 」 なーんて身分なら関心も高くなりそうですけどね。
スピリット・オブ・ビューティーとまで大げさなテーマでなくてもアクセサリーは気持ちの余裕だとも思うので、生活に支障のない程度にはかかわっていたいものです。
posted by AKA at 11:44 | 色々な時間

2009年11月08日

リーフィー・シー・ドラゴン

葉っぱのカタチを擬態した海の生き物。
葉っぱの擬態といえば昆虫の十八番だと思っていたのですが、海の中でもしっかり変装上手がいて感心。

リーフィーシードラゴン091108.jpg

リーフィー・シードラゴン、思いっきり見たままのネーミングの生き物。
葉っぱの形をしたタツノオトシゴの仲間、という事ですね。

無気力状態で ヒラ〜 ヒラァ〜 と漂ってる感じです。
まぁ機敏に動いたら擬態にならないですもんね。

私はつい 「 不便そうな体だな 」 なんて人間の生態しか経験がないので思ってしまうのですが、こういうビラビラしたものが付いてる生物はどこまで神経が行き渡ってるのだろうか?
あっちこち引っかかったり絡まったり、我々の社会なら “ 巻き込み注意 ” ってそこら中に貼られるような厄介な体のようにお見受けしましたが・・・。

とはいえ初めての出会いに感動し、その形状に見とれ続けました。
カンペキです。
posted by AKA at 10:21 | 色々な時間

2009年10月29日

絶景!夕日スポット

夕日を見るなら英虞湾!
地形が複雑なので狭いエリア内で朝日も夕日も見れるお得なエリア。
そう思い続けてずっと楽しみにしていたので、朝から雲が多くてガックリし、夕日メインの行動を急遽変更してダラダラと過ごしていたら、夕方に近づくにつれ西の空に雲の隙間が見えてきました。

大慌てで西の方を目指す。

英虞湾の夕日1091029_1.jpg

なんとか見れた!
想像よりも薄いけど・・・

それなりに満足して沈みかけた夕日に別れを告げて車を走らせると、程なく周りの家も畑もピンクに近い色で反射し始めた。
ハッとして振り返るとすごい色に。

英虞湾の夕日091029_2.jpg

雲はまだまだ多いものの、茜色の空が!

夕日って沈む最後の最後の時がすごいんだ・・・。
夕日が地平線に沈む環境で育っていないものでド素人でした。
雲の無い快晴の日だったらどんなだったでしょう。
多分海が真っ赤に見えるのかしら?
欲張りな私はいつか絶好のスポットで英虞湾の夕日を見る事を誓ったのでした。

英虞湾091029.jpg

翌朝の英虞湾。
逆光ぎみの位置からでしたが、肉眼ではしっかり記憶に収めた。
学生時代に来たきりだったけれど、やっぱりいい所でした。
posted by AKA at 18:22 | 色々な時間

2009年10月28日

地魚フレンチ

着物の旅を一旦中断して志摩へ。
野菜好きの私ですが、最近はかなり魚も平気になってきて、色々楽しめるようになってきました。
とは言え生まれて此の方 「 お寿司食べたい 」 と思った事がない程度の許容範囲なので、どちらかというと手間のかかったものを頂きたいから、志摩の“ hd'or−アッシュドール ” へ。

プライムリゾート091028_1.jpg

海が見えて雰囲気もとても良いところです。

こちらはバターなど極力使わないフレンチだそうですが、以前話題にした店と違って、ソースなどは素材をじっくり丁寧にピューレにしたり煮込んだりして、味を凝縮している感じがしたので、“ あっさり ” というのとはちょっと違っていて、とても満足しました。

hd'or-091028_1.jpg
hd'or-091028_2.jpg

アミューズ・前菜も2品・スープ・メインなど。
アワビ、蟹、魚のテリーヌ、甲殻類のカプチーノ、伊勢海老もプリプリです・・・ただ私にはちょっと塩がキツメなのが気になったけれど。
牡蠣の料理に関しては、台風18号の被害でオーダーストップらしいです。

日本料理店では定番のアワビも注文しましたが、感想は・・・「 美味しいけど高価すぎ! 」 です。 ( 伊勢海老も同じく )
伊勢海老食べるなら千葉のほうが安くていいかも。

そしてもう一軒行きたかったフレンチの有名店 “ ラ・メール ”

コースは¥23,000〜・・・・・無理しないほうがいいよね・・ ( 涙 )
カレーも¥14,000・・・・・・本当か?

では、せめてショップでその味の一片でも感じられるものを買えないかしら、と見てみたのですが。
カレーのレトルト¥5,250
缶スープ180cc ¥1,890
まったく庶民のわたくしには目がパチクリするような価格でした。
お邪魔して申し訳ございませんでした。

posted by AKA at 11:49 | 色々な時間