2011年05月07日

笠間陶器市

益子を朝から堪能したので、ランチの後2時過ぎに笠間の陶器市 “ ひまつり ” に移動。
益子〜笠間はだいたい30分くらいで到着します。

笠間の街に入ると、ブルーシートに覆われた屋根が沢山目に入りました。
茨城はやはり余震も多いし、関東の中では被害が大きいのだと、景色を見てつくづく実感しました。


笠間ひまつり110507_1.jpg

地域の皆さんが大切に守ってきた笠間焼。
余震も続く中、制作に打ち込みイベントを開催するって大変な事だと思いますが、訪れる人も多かった様子ですし、この活気が心の支えになったら良いのにと思いました。

笠間ひまつり110507_2.jpg

街のあちこちが会場化する益子と違って、笠間の陶器市は大きな公園が会場になり、200くらいのブースが立ち並びます。
周囲は芝生の気持ちの良い広場なので、お弁当を持ってピクニック感覚で行くのもイイ。

笠間ひまつり110507_3.jpg

マップもちゃんと用意されていますので、お目当ての作家さんもチェックしてたどり着けます。
時間のロスなく順序良く周れるので、すごく買い物はしやすい印象。

私はもともと笠間で陶器を購入することが多い為か、欲しい作品が複数あって迷いました。
「 次のご縁を残して・・・ 」
そう思ってあれこれ買わずにガマンしました。

その日はその足で東京の実家に戻るので、友達を車に乗せて東京に帰宅。
常磐道は目立った渋滞も無く、三郷ICまで1時間くらいで到着。
とてもスムーズに予定を遂行出来た充実の陶器市の1日でした。
posted by AKA at 00:06 | 色々な時間

2011年05月06日

益子陶器市

いつも楽しみにしている益子陶器市。
震災の影響でどうなってしまうのかしらと心配しましたが、期間を少し短縮して開催されました。
前半のほうが人出が少なくて見やすかったようです。

趣向を凝らした可愛いブースが沢山並んでいてワクワク、俄仕立てと思えぬ仮設店舗ばかりですごいなぁと関心します。
作家さんごとに約500のお店が設置されているらしいのですが、どこでもスペースがあればお店になっちゃうので、正確な参加人数が把握できないらしいです。
ですから、どこに〇〇さんのブースというような地図はありません。
そんないきあたりばったりなのも面白さかもしれません。

益子陶器市110505_2.jpg

「 行くんだけど・・・ 」
の声かけにすぐ反応した友人1名が前日我家に泊まり、早朝一緒に車で行くことになりました。
そして前日に共通の友人から連絡が着ました。
「 早起き出来たら、私も行きます! 」

フットワークの良い愛すべき友達です。
夫婦で早朝に東京から電車で来て無事合流しました。
電車で益子まではアクセスはかなり大変ですから、お疲れ様って感じです。
( アクセスと駐車場はこちらを参照 )

1人や夫婦で行くのも良いけれど、やっぱり女同士は楽しいものです。
友人は陶器のランプを買うか迷ってましたし、私も色々迷ったものがあったけど、お互いに 「 それは使い難いよ 」 とかアドバイスし合えるので、冷静に選択できます。

楽しいけれど、生憎空模様は不安定な1日でした。
突然突風のような強い風が吹くたびに、近くで 「 ガッチャーーン! 」 と音がするのでドキドキ。
割れ物にとっては雨より恐いのは風ですね。
作家さん達はテントを押さえたり四苦八苦されていました。 ( 作品割れちゃって可哀相でした )


益子陶器市110505_1.jpg

雨がパラついたら常設の陶器ギャラリーに入って物色しつつやり過ごす。
こういうお店も普段より少し割引が行われているのでお買い得。

食器以外にもオブジェやボタンなどの気軽なアクセ、時計やシェードなどのインテリア関連もあるので、食器に興味なくても楽しい作品は沢山あります。

益子陶器市110505_3.jpg

カフェも沢山あるので、休憩場所には事欠きません、益子の器で提供されるフード類で満足満足。

人出は少なくなるとの予測も出ていましたが、活気は通常通りの印象でした。
午前中にはあちこちの駐車場が “ 満車 ” の看板を立てていました。
少し遠い無料駐車場もあるらしいけれど、会場付近の場所に待たずに駐車するには9時半くらいまでに行くほうが安心です。

早めに出かけたので、しっかり目的の品物も見つけられ満足の益子陶器市でした。
posted by AKA at 00:49 | 色々な時間

2011年04月23日

桜を惜しんで

地震以降の日々は制作の日々でしたので、自粛などを意識しなくてもアトリエに閉じこもりでした。

展覧会も終了し、今頃になって山桜を愛でています。

ソメイヨシノに比べれば、実にひっそりと山道に佇む。
今年の桜にどれだけ心を和まされていることか。

さくら110423.jpg

4月らしさを感じようと “ 桜きんつば ” を購入。
桜の葉の塩漬けが餡に入った、ほのかなサクラの風味。
自宅でのこんなティータイムがすごく幸せに感じられます。

サクラの着物は一切登場することなく単衣シーズンに突入してしまいそう。
今年はとっても小さなサクラ時間でした。

山はまだまだ寒くひっそりとしていますが、来月には美しい新緑で癒してくれるだろうと楽しみです。
posted by AKA at 19:07 | 色々な時間

2011年04月06日

小さな春の時間

今アトリエは全く寛げる場所が無い。

机上面は作品が占拠しており、あっちこっちに布が下がっている。

作品と無縁なベランダは生憎まだ寒い。

カフェ110406_2.jpg

久しぶりに外でお茶を飲む・・・なんかほっこり。
花も可愛い。
日差しはすっかり春。

カフェ110406_1.jpg

好物のショートブレッドに、寒くてもアイスコーヒー。
( ほっこり感と飲み物の温度は相変わらず無関係なのであった )
こんな些細な時間ですが、すごくリフレッシュ出来たから、ブレイクタイムってやはり重要なんですね。

私はウチCAFE派なので、普段お茶を飲む目的でわざわざ喫茶店に行くということはしない。
多分紅茶好きなのが原因。
コーヒーは美味しいお店沢山あるけど、しっかりした味の紅茶を提供してくれるお店、となると50軒に1軒・・それも怪しいくらいの確立なのがとても残念。

だから生活空間が何処もかしこも雑然としてくると、どうリフレッシュしたものかとお茶難民になってしまう。

小さな花を飾ってお茶を飲む。
ささやかな幸せの時間が待ち遠しい。
posted by AKA at 23:38 | 色々な時間