2011年05月28日

奥の庭

新緑のシーズンは、日本庭園はどこを見ても綺麗で満足できました。

そして密やかな楽しみは、店舗の奥にある庭を見ることです。
以前、“ 奥の庭 ”でも書きましたが、玄関からは見る事の出来ない作りになっているからこそ、わくわくするのです。
小さな喫茶店の奥がガーデンになっていたり、お店の中に入ると一角がガラスになっていて、本当に小さいスペースでもきちんと手入れがされた小世界を見つけることが出来るのは、ガーデン好きとしては大きな喜びなのです。

料亭や割烹ではちょっと大きめの庭が設えてあり、そこを眺めながらの食事の時間は京都の楽しみの一つ。
色々な庭に興味があり、また、沢山の日本料理店が結集している地でもあるので、同じ店に足しげく通うということが無いのです。
ですから、庭を眺めながら・・・では無かった六盛さんのお昼ご飯は、味の記憶すらおぼろげになってしまう有様。

今回はお庭を見ながらお食事できる、中村楼さんと瓢樹さんを利用しました。


中村楼110528_1.jpg

中村楼110528_2.jpg

中村楼さんのお庭は、庭と言うのか自然の一部というべきか、小川も流れていたりしてすごいです。
どう撮っても私の腕では店内のライティングが写ってしまうのですが、部屋に入った瞬間に 「 おーー 」 と木々の緑が迫ってくる光景は演出効果が冴えます。

瓢樹110528_3.jpg

瓢樹110528_4.jpg

瓢樹さんは正統派な感じの奥の庭。
仲居さんも気配を感じさせず、でもサービスは良いタイミングでして下さるので、かしこまらずにゆっくり食事とお庭を堪能できました。


日本の庭110528_5.jpg

こういったものなら、物理的には置ける敷地もあろう・・・でも庭って空間全てのバランスで良さが生まれるものですからねぇ。
この石をそのまま家に持ってきて設置しても、この美しさを切り取ったようにはならないという悲しい現実。
ああ、日常生活って厳しいですね。
posted by AKA at 00:32 | 色々な時間

2011年05月27日

夕方からの名所散歩

京都に行くと必須的に足を向けてしまう八坂付近と嵐山。

今回は修学旅行生達の圧倒的勢力を避ける為に、どちらも夕方に訪れてみました。

京都八坂110527_1.jpg

二年坂・産寧坂付近も静か。
こんなに空いているならば夕方からの散策のほうが快適ではないか?
お寺の拝観やお土産屋さんが目的でなければ観光地は今度から15時以降に出かけようと思いました。

京都八坂110527_2.jpg

八坂の塔の下にある八坂庚申堂。
くくり猿が沢山あり、庚申の日にはご祈祷が行われているとのこと。
いままで何度もこの付近を通っているのに、境内に伺ったのは今回初めてでした。
このお寺の存在に気付かなかったってどういう事だろうと、不思議でたまらない・・・そうとうカラフルでインパクトある場所なのに。


嵯峨野110527_3.jpg

嵐山・嵯峨野も15時頃から散策。
時折、リキシャが通りすぎるくらいで、人影もまばらでした。
こちらも竹の青さが目に染みます。

嵯峨野の端のほうまでくると “ あぶり餅 ” の看板が目に入る。

「 あぶり餅と言えば、大徳寺の上にある今宮神社の名物では? 」

私が勝手に今宮神社の参道にしかないと思っていただけで、別にそこにしか無いという訳ではなかったのですね。
こちらも何度も通っているのに気が付いたのは今回が初めてでした。

清涼寺大文字屋110527_4.jpg

たまには白味噌味のお餅もいいかもと、清涼寺境内にある大文字屋さんという茶屋に閉店間際に立ち寄りました。

あまり境内の茶屋って利用することがない私。
何というか、観光客目当てのお商売で、『 味や素材に努力を惜しまない 』 という意気込みが感じられない場所という、勝手なイメージを抱いているからなのかもしれません。

散々歩いて疲れていたのと、暑さで喉が渇いていたところに “ 氷 ” の文字が入った定番のヒラヒラが風になびいていなければ入店したかどうか・・・。
でも、結果的には大文字屋さんはアタリだった。

何か良いって、失礼ながら “ 名物あぶり餅 ” ではなく、かき氷の宇治金時!
今まで食べた宇治金時の中でナンバーワンでした。
小豆が薄い色でサラサラと炊いてあり、練乳がこれでもかとかかっていて、栗も乗ってる。
喫茶店の缶詰の餡子と既製のシロップというものとは一線を隔していました。
あまりの美味しさに一揆食いをして、「 あっ、写真 」 と思った時には残骸と化していました。
posted by AKA at 23:32 | 色々な時間

2011年05月23日

手作り市

手作り市110523_1.jpg

百万遍の手作り市に行ってみました。

今まで北野天満宮の“ 天神さん ” や、東寺の“ 弘法さん ” などの京都の骨董市は何度か行ったことがありますが、この手作り市は初めて。
手作りという規定であればジャンルが限定されるわけではないので、想像以上に色々なモノに出会えます。

クラフト作家さんからパティシィエまで選り取り見取り!

甘党の私の興味はお菓子に集中してしまいがちに・・・

手作り市110523_2.jpg

チョコレートも安い。
ハーブの生チョコレート、450円。
保冷材を付けてくれて、すごい親切。

野外販売ということもあって焼き菓子が多いけれど、クッキー3個で¥100くらいで、あれこれ試しに購入したくなるリーズナブルな価格設定なのも楽しい。

この日は午前中に葵祭りを観覧し、手作り市、吉田山散策と盛り沢山の充実した1日でした。

記事のアップに時間がかかって、ノロノロと京都の話題が続いておりますが、暫しお付き合い下さいませ。
posted by AKA at 22:23 | 色々な時間

2011年05月18日

つくばのカフェ

つくば学園都市の周辺にはカフェが結構あるとウワサで聞いていたのですが、何の下調べもせず、フラッと牡丹を見に出かけてしまった。

まったく残念な・・・ここまで来て。

そもそも筑波に来たのは子供の時以来、きっと町の様子が変わっているだろうと、帰りに車で一回りすることにしました。
すると視界の後方の鬱蒼とした脇道に洒落た建物がチラッとみえたような気が。
戻って確認したのがラ・メゾン・ド・カンパーニュでした。

la-maison-de-campagne1.jpg

なんとまぁこんな場所に。
という立地にあるお店です。

メインは焼き菓子屋さんで、数席だけ喫茶スペースがあるというお店。
アレコレ悩んだ挙句、玄米のキッシュとオレンジのタルトを頂きました。

la-maison-de-campagne2.jpg

玄米をキッシュのフィーリングにできるとは、勉強になりました。
クリームベースのフィーリングしか作った事なかったので、これは是非今度試さねば!

la-maison-de-campagne3.jpg

前は竹林。
( 車道からこれ越しにカフェの一部が見えたのは奇跡の瞬間だったのかも )
こういうロケーションならではの静かな佇まい。
偶然だったから “ 出会えた感 ” がありました。
posted by AKA at 00:00 | 色々な時間