2012年05月16日

飲茶

色々買い物があって横浜に行ったので、聘珍樓横濱本店で飲茶をしました。

白茶120516_2.jpg

選んだのは白茶。( 飲んだことないから・・・ )
“ 白牡丹 ” という名前の茶葉です。

白茶というだけあって、確かにハーブティーのように色が浅い。
茶葉の色と水色から、「 緑茶に似ている風味かな? 」 と思って口にしたら、全く違うものでした。
最も近いのはダージリンだと思う。
ダージリンに似ているけれど、紅茶や黒茶のように渋みやコクはなく、かなり爽やかです。
これはかなりいい感じ、スイスイ飲めます。

飲茶120516_3.jpg

点心は気に入るものとそうでもないものの落差がある感じなので、また行きたいか・・・どうかは微妙でした。
でも、長年モヤモヤしていた事がひとつスッキリしたので、それは良かった。

それは “ 月餅 ” のこと。

それまで口にしなかった月餅を香港で食べて、
「 これはコクがあって、和菓子とは違った美味しさがある 」
と知って以来、日本でも見つけるたびに色々なお店のを食べてきましたが、どれもこれもあの時の味と全然違う。
答えを求めるその歳月で、いつしか月餅なんかが好きな珍しい人と言われるようになりました。

それがこの日、飲茶メニューに月餅を見つけ、売店ではなくメニューに月餅があったのは初めてだったので、さほどの期待もなくオーダーしてみました。
結果、やっと見つけました、あの時の月餅のレベルです。
10代の終わりからこれまで数々の月餅・・・随分年月かかったなぁ。

しかし聘珍樓! 随分初歩的な場所で発見されるとは意外です。
当然の事ながら、聘珍樓の月餅は全種類買っているはずだったのに。
餡の種類で見逃していたものがあったのだろうか?

帰りに、黒服の方にその事を尋ねてみたところ、
「お召し上がりになられた月餅は、当店の点心師が毎日手作りしたものをその日にお出ししているもので、売店では販売しておりません」
との事でした。
真空パックと出来たて。
冷凍赤味マグロと生本マグロのトロぐらいの差だ!

直接分けてもらうことが可能である事を確認したので、次回は出来たて月餅を買いにこようと思いました。
posted by AKA at 22:09 | 色々な時間

2012年03月07日

館林美術館

『 生誕100年 南桂子展 』 を見に行こう。
と午前中に決まり、館林美術館に出かける事にしました。

館林美術館120307_1.jpg

何年か前にボタニカルアートの展覧会を見に着て以来ですが、相変わらず立派な空間だなぁ・・・と感心する。
どうしてこの場所にこんな施設があるのかと首をかしげるほど、突然な感じのロケーションです。


南桂子120307_2.jpg

昨年4月から始まった巡回展もここが最後。
それももう後期展示になってるので、その内ゆっくり時間が取れたらと思っていると見逃してしまうかも、ということで、天気が悪かろうがなんだろうが出かけることにしました。

「 見逃さなくて本当に良かった 」

この方の作品、本で見るのと実物は全然違う!
いや、本も印刷のクオリティーが色々なので、私の見ていたのがイマイチだったのかもしれませんけど。
それにどんな作品だって実物のがいいのですが、この方はちょっと差が激しいかな。
細かい線を写し、それを印刷、なんて処理をしてると線の鮮明さはかなり劣ってしまう。
そういう鮮明度の事だけじゃなく、伝わらないものって沢山あるんですね。

南桂子作品も実物の線の可愛らしさといったら!
線がカワイイんです。
そして辛抱強いんです。

そういう感じで、とっても満足な気分で帰宅しました。

夜になって私の顔をじーーっと見てH氏が一言。
「 南桂子作品の顔に似てるね 」

どうリアクションすればいいのか微妙な心境になる。
だって、どの作品もあの顔だよ。
目の幅がそんな感じなのかな?
posted by AKA at 22:39 | 色々な時間

2012年02月14日

マンゴーツリー

久々に新丸の内ビルで食事。

マンゴーツリー120214_2.jpg

マンゴーツリーのランチは35Fのロケーションの割りに安くていいです。

エスニック料理のお店って、チーク材を沢山使って重々しく、狭く感じるインテリアのお店が多いですけど、こちらはとっても明るく開放的。
ランチはビュッフェなので、料理の写真は撮らなかったけど、辛さも抑え気味で食べやすいです。

マンゴーツリー120214_3.jpg

食べながら改めて、東京は海辺の街なんだ、と思う。
そんなに東京湾と密接に暮らしていなかったので、海との距離感が狂い気味な私です。

新丸の内ビルって食事は便利なんですけど、駐車場がちょっと面倒で時間がかかるので、車の場合は余裕がある時でないと別の所に行ってしまうんですよね。
母の脚が悪くて車の移動を強いられるようになってから、外食の場所と駐車場の関係は無視できないので、家族の行動範囲が本当に狭くなりました。

6000円食べれば2時間無料なので、とても使い勝手は良いのですが・・・。

地下に入ってゲートでチケット取ったら、奥のほうまで走って、そこから駐車係りにチケット渡して、地下からの立体駐車場に入れる。
というシステムなので、地下駐車場と立体駐車場の両方とも利用するような時間が必要です。
帰りも、清算機 → 駐車係り → 立体なんで何台か待つ時もあり → 他の人の迷惑にならない様にあわてて乗り込んで → 地下を走ってゲートにチケット入れて出る。
せっかちな私にはやや不向き。

たまたまかもしれませんが、待っている間に出てきた車はほぼ外車とか、大きい車ばっかり。
「 私の車じゃ恥ずかしくって、ココには入れられないわ 」
って思っちゃいました。
父の車以外で来ることもないだろうけど、その上そんな事を思ってしまう駐車場って利用しずらいわ。
posted by AKA at 18:49 | 色々な時間

2012年01月26日

ロックキャンディー

ビンゴの景品で、貰った人と贈り主が
「 これ、美味しいよねー 」
と話題になったキャンディーアーティザンズ。

飴の類を滅多に買わない私は知らなかったけど、そんなに有名なキャンディーショップがあるんだ。

それから一週間後
仕事関係の会社のお年賀を頂きました。

キャンディー120126.jpg

「 あけおめ 」とか「 ハッピー・ニュー・イヤー 」など、可愛く入ってる。
直径1cm、ミニアチュールですね。

キャンディー120126_2.jpg

「 会社のロゴマークバージョンのほうを持ってきたはずだったのに 」 と言って渡されたのはこのバージョン。
色々オーダーもできるのね、ロゴのほうの出来も見たかったなぁ。


しかし、短期間に2回もこのパッケージを見ようとは・・・
すっかり浸透している商品だったのねぇ。
カワイイの一杯ありそうだから、今度ショップを覘いてみよっと。

プレゼントには絶対喜ばれそうだし
ホワイトデーあたりはすごいラブリーなメッセージキャンディーが登場するんでしょうね。
posted by AKA at 18:51 | 色々な時間