2018年06月11日

初夏の水辺

180610_1.jpg


梅雨入り直前にアヤメを見に水郷エリアに行ってました。

バラの時もそうでしたが、今年は桜から始まって今のところ全てのお花が10日〜1週間ほど早く見頃を迎えているようです。
そのおかげでしょうか、団体バスツアーなどでごったがえすことなくスムーズに鑑賞できました。


180610_2.jpg


久しぶりの砂浜。
日頃は山ばかりだけど、週3回プールに通っているくらい泳ぐのは好きなので、広い海見るとやっぱり入りたくなる!
海水浴はすっかりご無沙汰ですが、本心は年々海から遠ざかってるのを残念に思っているんです。
なんとなく海は若者、山はシニアのパラダイスっていう棲み分けが確立されてきているように感じて、山のほうが居心地がよくなってきているのかも。


180610_3.jpg


海ではもっぱらご馳走を頂くだけで満足して引き上げているこの頃。
美味しいカツオに大満足。
以前はマグロのほうが好きだったけど、最近はカツオのほうがさっぱりして好みになってきました。
舌のほうも若さから遠ざかってる兆しあり。
posted by AKA at 00:16 | 色々な時間

2018年01月14日

お魚三昧

180114_1.jpg


美味しい魚介が食べたい。
って流れになり、茨城に出かけました。

北茨城の鮟鱇からスタートし、メヒカリ・フグ、翌日は水族館に行って最後は貝類で〆ました。


180114_3.jpg


何度来ても、魚介に関しては茨城は最強のコスパだと感じます。
私は牡蠣が苦手なのでパスしましたけど、「美味しそうだなぁ」って、見てるだけでも分かって満足しちゃうのは素晴らしい。


180114_2.jpg


お天気も良くなかったので、どこに行ってもガラガラな感じで、のんびりまったりと過ごして、体重増やして帰ってきました。
またピカピカなお刺身とか食べたくなったら行きたくなっちゃうかも。
posted by AKA at 17:49 | 色々な時間

2017年11月23日

ご飯より高カロリーな栗

171123_1.jpg


栗が大好き!
今年の秋も楽しませてもらいました。


一年中いつでも食べれて便利な天津甘栗はいつも買い置きしています。
もちろん登山の時も殻を剥いて持っていくので、小さくて甘いのや、大粒でほっくりしてるのや、さて明日はどの栗にしようかな〜って選んでると、
「 そんなにストックするほど栗好きなんだ 」
って、友人に半笑いされたりします。

栗は食べた時にお菓子よりも水分を欲しないので、外で食べるには重宝します。
数粒食べると、ゴハン一杯分くらいに匹敵する高カロリー食品なので、行動食・非常食にとても適しているんです。
しかも栄養の為じゃなく、美味しく食べれるのですから魅力的。
災害時にも大いに役立ちそうです。


171123_2.jpg


木曽でも " 名菓老木 " 買ってきました。
中に入ってる栗がほっくりしてて、上品なお味。

栗は木の実なので栄養価が抜群に良いけど高カロリーなので、当然ながら食べ過ぎに注意しないと。
ナッツとしては脂質が低いのでヘルシーとされているけど、他のナッツとは大きさがそもそも違いすぎ。
私は栗5粒分と同量のアーモンドなんて一度に食べる事ないですもん。

甘くなってると気をつけるのですが、自然の味のままだとついつい油断して、おやつ代わりに栗をパクパクと止まらなくなって、気づけば一食分ってことにもなりかねないです。
posted by AKA at 12:36 | 色々な時間

2017年11月04日

山のスイーツタイム

UVメーターの針が振り切りそうな快晴です。


171104_1.jpg


ギラッギラ!
冬山のつもりで行ったから、雪は溶けちゃってるし、とにかく暑くてびっくりしました。

目的が食い気だった私としては、のんびりと腰を落ち着けて調理したり、食べたりするのに寒さ知らずな天候だったのでラッキー。
この日の楽しみは山でのプチティータイム。


171104_2.jpg


最近のマイブームは山フレンチトースト。
登ってる間にバゲットに卵とミルクがしっかり染み込んで、焼くとしっとりホンワリ。
優しい甘さが運動後にぴったり。


171104_3.jpg


メイプルシロップが大好きなので、湯気で立ち上る楓糖の香りが至福の時です。

携帯性が良いから、ホットケーキに付いてるパックのシロップを持っていった時もあるのだけど、甘いだけで全く香りがなくて美味しく無い。
意外かもしれませんが、野外という雑な環境のほうが、本当に美味しいものは際立って美味しく感じるものなんですよね。
直ぐに冷めたり、最低限の道具や調味料を工夫して作るので、味の誤魔化しが効かないからかもしれません。

この日はメイプルシロップのアンバーとダークを半々に混ぜた物を持って行きました。
ちょっと焦がしちゃったんだけど、美味しかった〜。


171104_5.jpg


友達がアンリ・シャルパンティエの期間限定フィナンシェを担いでくれました。
" 余計な物を1gも持つな " という登山のセオリーを無視した、掟破りの木箱入り・・・余分な重さが贅沢な時間の象徴のようです。
緑茶と金柑のフレーバーがオススメ。


171104_4.jpg


栗きんとんの川上屋のお菓子は、持って行ったロイヤルミルクティーと相性バッチリです。


日帰りなら食に比重を置いた登山は本当に楽しい!
ストイックなアスリートタイプの登山者からは 「 何やってんすか? 」 って驚かれる事もあるけど、これが私の登山スタイルなのでした。
重さに耐えられる体力がある限り、山メシ登山は続行するつもりです。
posted by AKA at 20:12 | 色々な時間