2014年07月22日

お花畑の山

八間山140722_1.jpg


今週は1日だけ休みを取って、花がピークの八間山に行ってきました。

花の量が凄いと聞いてましたが、想像以上でした。
八間山も花の量はかなり多かったですが、裾の野反湖も物凄かった!
種類も豊富!



姫ユリやアヤメやノゾリキスゲなど元気一杯。

八間山140722_2.jpg



キスゲと白い花の共演、見渡す限りって感じに延々続く。

野反湖140722_3.jpg


アザミやイカリ草も沢山!

野反湖140722_4.jpg




多分、今までの人生で一番花を見た日だったかも。
直ぐにもう一度行きたいくらいだ。


八間山140722_5.jpg


八間山は登りで1時間半、下りで1時間、ヨコ移動が+1時間半くらい。
南側から上がれば息が上がるような急登は無く、軽登山のルートです。
植物だらけの美しい登山道を登れるので、3時間ほどは休憩ナシで楽しく行動できました。
( 山頂が人一杯でスルーした為 )
家に戻って、今ふくらはぎパンパン。
疲れを感じなくてもやっぱり休憩は取るべきだった。


でも心は軽快。
なにせ
梅雨まっただ中に登った山は


140722_6.jpg


何にも見えない。


イワカガミ140722_7.jpg


霧の中に咲く、イワカガミに心癒されたけど早々下山。

やっぱり花だけでなく、天気は重要でした。
お花好きには絶対オススメです。
posted by AKA at 20:20 | 植物の色

2013年04月29日

ひたち海浜公園

只今ネモフィラ満開です。
更に、チューリップも満開!

ひたち海浜公園130429_1.jpg

午前中の来場者数はものすごいので、ゆったり見るなら午後の遅い時間のほうが良いでしょうね。
観光バスも多数来ていて、遅い時間だと団体が少なくなるからだと思います。

ひたち海浜公園130429_2.jpg


ひたち海浜公園130429_3.jpg

秋の園芸店では、色々な写真が付いたチューリップの球根パッケージを目にしていました。
でも、これほど色々な種類のチューリップを咲いている状態で見たのは初めて。
ひたち海浜公園といえばネモフィラですけど、チューリップのエリアもそれだけでかなりの観光客を集客できるほど見ごたえ有りです。

ひたち海浜公園に行くならこの時期が一番いい。
これで入園料400円とは!
国営って優しいね。


園内はテーブルなども沢山設置されているので、花を見ながらのランチも楽しい。
海浜公園の西ゲート近くに大きなジョイフル本田があって、そこは安くてネタの良いお寿司が売っていたので、沢山買いこんでから公園に行きました。

中トロが沢山入った太い鉄火巻きが三本で498円とか、ピカピカ新鮮なネタの握り寿司なども、海が直ぐそこ、という立地ならではの価格。
お手軽テイクアウトとは思えぬクオリティーで、何時来ても茨城スゴイ、と感心します。
posted by AKA at 09:25 | 植物の色

2012年08月31日

少しづつ秋に近づく

日中は気温の変化など感じられないくらい、唯唯暑いという毎日ですが、山は確実に秋に向かっているようです。

山120831_1.jpg

もうススキはスタンバイ状態です。


花120831_2.jpg

花120831_3.jpg

花120831_4.jpg

花120831_5.jpg

花120831_6.jpg

シモツケ、ヤマブキショウマ、キボウシ、イケマ、マルバダケブキなど。
夏の花も初夏の物は可憐な雰囲気のものが多いですが、後半になると和風な雰囲気というか、お茶席に合いそうな風情のある感じの花が多くなる気がしますね。

登山口までの道路の脇には萩の花が沢山咲き始めて、これまた和の情緒。
アキノキリンソウも結構沢山見かけました。

「 お盆前には咲いていなかったのに・・・ 」
10日くらいで、随分と秋めいていました。
posted by AKA at 21:38 | 植物の色

2012年02月07日

極楽鳥花

極楽鳥花 ( ストレリチア ) にアンスリューム、シンビジューム、マルバルスカス。
南国情緒漂うお花を、八丈島に行った友達が送ってくれました。

フラワー120207.jpg

とりあえず長旅をしたお花は水揚げも必用だろうから、全部花瓶に入れました。
アンスリュームの赤とかグリーンはおなじみだったけれど、パステル系のは初めてで、ウレシイ。

ところで、こういう温室栽培のお花ってどういう扱いをすれば良いのか?

切花って花屋さんでは冷蔵庫に入っているのも多いけど、何でもかんでも冷えているほうが鮮度が保てるのかどうか?

こんな時便利、花屋の弟に聞いてみた。

・アンスリュームは寒いのは苦手
・ストレリチアは寒すぎは良くないが、あったかいよりは寒い方がいいかなぁ・・・

という回答・・・ってことは、一緒に活けないほうがよろしいって事?

もう少し見栄えの良いアレンジ考えて活け直そうと思っているので、その時はそれぞれ好む環境に置けるように別々にしてみよう。
posted by AKA at 19:55 | 植物の色