2019年07月14日

梅雨の湿原

190714_1.jpg


太陽がそろそろ恋しくなってきています。

尾瀬沼にテント泊をして燧ヶ岳に登る予定の日は、山は晴れマークの時間ありそうな予報だったので、淡い期待を抱いて決行。
水芭蕉はもう終わって、ニッコウキスゲはこれからが本番という時期ですが、沢山の蕾が見られたので、今年は良さそうな予感がしました。

190714_2.jpg


初日は尾瀬沼まで登ってテントを設営するだけなので、とてもラクチン。
沼の景色を眺めながらのんびりと木道歩き。

190714_3.jpg


そして、ゴハンを作ったりしながらグダグダと過ごす。
テント泊はなんといってもこれが楽しい。

でも、就寝した途端にパラパラと雨が降ってきて、次第に本降りの雨がテントを叩くようになり、疲れも全く無かったために全然眠れない。
「明日の登山、道はグチョグチョだろうな・・・」
せめて止んでほしいと願いつつ朝を向かえ、外を見た途端 、グチョグチョ確定!

序盤はだらだらとした道が続くので、全く標高が稼げない。
靴がズボズボ沈む道を悪戦苦闘しながら進んで、かなりの距離を歩いた気がしていたところで “ 一合目 ” の看板を目にした時は絶望した。
久々に、何でこんな事しているんだろう?と、モチベーション最悪登山でした。

でも今回の目的が、『 楽しい要素が無くても、長距離歩ききる 』 というドMなトレーニング登山が目的だったので、まさに絶好のコンディションと言えましょう。

190714_4.jpg


雨が降ると花びらが透明になるサンカヨウ。
登るほど花は見事になっていったので救われた気がしました。
posted by AKA at 23:26 | 植物の色

2019年03月10日

おうちパフェ

寒さが緩んだら苺フェアの季節。
子供の頃から苺が大好物。
だけど、苺のパフェに関してはブレーキがかかってしまう。

ストロベリーソースが嘘っぽくて気に入らない。
クリームが多すぎ、しかも植物脂肪のホイップ。
何よりパフェにコーンフレークが入るのが苦手。

それらの項目をクリアする苺のパフェは当然の如く、かなりお財布に優しくない。

でも苺を満喫したいから

190310.jpg


たまにはホームメイドのパフェ。

苺ソース/少々、苺のムース、チーズケーキ、バニラアイスクリーム、クーベルチュールチョコレート、苺のアイスクリーム、生いちご。
その日の気分で気ままに重ねて重ねて・・・。
ヘビー級のパフェの出来上がり。

流石にそれなりの材料費はかかったけれど、満足感は相当でした。
おやつに食べたこのパフェの威力は相当で、夜になっても全くお腹がすかない。
一体何カロリーあったのか・・・
過ぎた事は考えないようにしようと、そのまま就寝となりました。
posted by AKA at 22:33 | 植物の色

2018年12月25日

ホワイトクリスマス

181225_1.jpg


暖かさが戻ったので霧氷は期待せずに山に行ってみましたが、登山道はガッチガチのアイス。
雪雲に覆われた氷点下の世界でした。


181225_2.jpg


どんどん風が強くなって、吹雪いてくる。
まさに冬。

青空が少しでも出てくれたら絶景だったのに。
ちょっと残念に思いながら下山していると、真っ白な雪景色の中、前方からサンタが登って来た!

山中であまりに意表をつく人物が視界に入ったので、一瞬ぎょっとしたが、接近してみたらサンタの上着と帽子を身につけたカップル登山者だった。

すれ違う時、“ こんにちは ” の代わりに
「 メリークリスマス! 」
と声をかけあう。

181225_3.jpg


「 出会った人にクリスマスプレゼントをお配りしているんです 」
と言って、真っ赤なキットカットを手渡してくれた。
ありがとう サンタ青年!

山を登るのはしんどい運動だと思う。
でも、そこで出会う人たちはとても暖かく礼儀正しいので、辛さを吹き飛ばす楽しい思い出になることが多い。
登山口から上は、そこに集う者たちの人情の世界があります。

単なる冬山の思い出が、とても楽しいクリスマスの思い出に変化した出会いでした。
posted by AKA at 18:41 | 植物の色

2018年11月24日

食材も省スペース化

今年はキノコが豊作みたいで、とても安く手に入るので助かります。

先日も地元産のしいたけが15本くらい入った大袋で200円という破格なものが売っていたので、大喜びで二袋購入。
とても冷蔵庫には入り切らなかったので、乾物にしました。
このカラカラ陽気だと数日で小さくなって干椎茸の完成。
冬なら常温保存出来るので助かります。

181124.jpg


ブナシメジもよく乾物にします。

こんなにワサワサした嵩張るキノコも、干すと二株がこのくらいの分量になるので凄くコンパクト。
しかも干シメジは干椎茸よりも簡単に戻せます。

生椎茸と干椎茸はちょっと違った風味になりますが、シメジはそれほど違和感ありません。
ストックしておくと、スープの具などに手軽に使えて超便利です。


posted by AKA at 21:49 | 植物の色