2018年12月25日

ホワイトクリスマス

181225_1.jpg


暖かさが戻ったので霧氷は期待せずに山に行ってみましたが、登山道はガッチガチのアイス。
雪雲に覆われた氷点下の世界でした。


181225_2.jpg


どんどん風が強くなって、吹雪いてくる。
まさに冬。

青空が少しでも出てくれたら絶景だったのに。
ちょっと残念に思いながら下山していると、真っ白な雪景色の中、前方からサンタが登って来た!

山中であまりに意表をつく人物が視界に入ったので、一瞬ぎょっとしたが、接近してみたらサンタの上着と帽子を身につけたカップル登山者だった。

すれ違う時、“ こんにちは ” の代わりに
「 メリークリスマス! 」
と声をかけあう。

181225_3.jpg


「 出会った人にクリスマスプレゼントをお配りしているんです 」
と言って、真っ赤なキットカットを手渡してくれた。
ありがとう サンタ青年!

山を登るのはしんどい運動だと思う。
でも、そこで出会う人たちはとても暖かく礼儀正しいので、辛さを吹き飛ばす楽しい思い出になることが多い。
登山口から上は、そこに集う者たちの人情の世界があります。

単なる冬山の思い出が、とても楽しいクリスマスの思い出に変化した出会いでした。
posted by AKA at 18:41 | 植物の色

2018年11月24日

食材も省スペース化

今年はキノコが豊作みたいで、とても安く手に入るので助かります。

先日も地元産のしいたけが15本くらい入った大袋で200円という破格なものが売っていたので、大喜びで二袋購入。
とても冷蔵庫には入り切らなかったので、乾物にしました。
このカラカラ陽気だと数日で小さくなって干椎茸の完成。
冬なら常温保存出来るので助かります。

181124.jpg


ブナシメジもよく乾物にします。

こんなにワサワサした嵩張るキノコも、干すと二株がこのくらいの分量になるので凄くコンパクト。
しかも干シメジは干椎茸よりも簡単に戻せます。

生椎茸と干椎茸はちょっと違った風味になりますが、シメジはそれほど違和感ありません。
ストックしておくと、スープの具などに手軽に使えて超便利です。


posted by AKA at 21:49 | 植物の色

2018年11月13日

赤橙

181113_1.jpg


茜色と山吹色の落ち葉に西日が差し込んで、キラキラと光る道ができていました。
2つの色が混ざり合って、深い橙色がとても美しい。
フカフカの絨毯のようです。

181113_2.jpg


あちこちで柿の風景を見かけるようになりましたが、我家も大豊作でとても食べ切れると思えず、先週はずっと干し柿作りに勤しみました。
縁側とベランダが柿に占領されています。
雨が降る度に濡れないように入れるのが大変!

軒下があればもっと楽だろうけど、あと数週間のガマンです。

posted by AKA at 18:51 | 植物の色

2018年08月02日

真夏の大雪渓

暑い日が続く最中、天然クーラーを味わう絶好のタイミング♪
これ以上涼しい場所は日本列島には無いはず、ということで大雪渓に行ってきました。


180802_1.jpg


間違いなくひんやり〜、なのですが、ドライアイス状態な冷風と生ぬるい風が頻繁に入れ替わる不思議な空気。
3時間睡眠くらいで来た為か、雪渓の後半1時間くらいはボーーっとなり、アイゼンのザクッザクッという規則的な音と、白く変わらない景色の中で眠くて眠くてたまらない。
登山中に眠くなるなんて、ちょっとない経験です。
時々左右の崖からガラガラッと聞こえる落石の音でハッとし、またぼんやりの繰り返し。


180802_2.jpg


涼しいけど淡々とした雪渓を2時間かけて通過したら、素晴らしいお花畑!
ようやく景色が変わって眠気から開放されヤル気が戻ったのは束の間でした。


180802_3.jpg


急斜面を登っても登っても、どこまでも花園!
だけど容赦ない紫外線攻撃が待っていた。
暑くて暑くて汗ダラダラ、完全にバテバテ。

稜線手前の水場で、頭が痛くなりそうなほど冷たい雪解け水をがぶ飲みして、ちょっと生き返る。
あの水が無かったらどうなってたことやら・・・。

最高の景色の中でお茶とおやつを食べるんだ!
ほぼその一念で登りきりました。



180802_4.jpg


この日のおやつはクロワッサンラスクを手作りして持って行きました。
サクサクの食感とバターと甘さが生き返る〜♪
このひと時の為に歩いたのだ。


後半とんでもなくペースダウンした感覚になってたけど、結局ほぼコースタイム6時間+休憩で登れたので、暑すぎて気力負けしていたんだと思う。
こんな所まで猛暑が押し寄せているとは、本当に地球が心配になるわ。

予想外の暑さでしたが、登りきってしまえば体温上昇も納まって体調は完全復活で絶景の休日を楽しめました。
お目当てのウップル草は早い梅雨明けの為に完全に終わってしまい、枯れた穂が並んでいるだけだったのが少し残念だったけれど、翌日も稜線歩きを満喫して大満足な夏休みになりました。
posted by AKA at 17:26 | 植物の色