2017年03月21日

冬のピンク

くすんだピンクが好きで、赤、ピンク、ブラウンを混ぜたような微妙な色を見ると心が和む。


170321_1.jpg


レンテンローズは渋い色が素敵。
我家はピンクや赤系の花を飾ることはあまりないのですが、こういうクラシックなピンクは空間と合うようです。

寒い時期の花の持つ耐性を表すような、健気で控えめな雰囲気が愛おしい。
もう少しで春が来るっていう期待感が膨らむ色です。


170321_2.jpg


友人からもらったサクラのお菓子とカード。
そう、春のピンクといったら桜色のような心を開放するような華やかさ。

こういうピンクは心躍るけど、いつも傍に寄りそうなら渋すぎるくらいのピンクのほうが自然体で過ごせそうです。
posted by AKA at 21:40 | 植物の色

2016年10月08日

小っちゃい秋

161008_1.jpg


例年ならば、もう紅葉は終了。
という山もあるくらいなのに、今年は天候不順過ぎて、過去のデータは全くアテにならないようです。

気温が低くなって、太陽の光を浴びないと葉っぱはキレイに色がつかない。
日照不足過ぎて、今年は紅葉のハズレ年かもしれない予感。

それでも秋の気配って、心がすぅっと落ち着くみたい。


161008_2.jpg


曇りがちだと、歩く意欲よりも食欲のほうが勝ってしまうので、のんびりと外ランチを堪能して過ごしました。
温かい食べ物が恋しくなる季節になってくるので、次回からは汁物にしようかな、とか、食べてるそばから次のメニューを考えている食いしん坊な私です。


以前どこかの山の頂上で、ザックの中からカセットコンロを引っ張り出したグループを目撃しました。
心底ギョっとした。
えっ、エッ?、えっーー! って、見間違いかと3度見しましたよ。

本格的に料理でもするのだろうか? と様子を見てたら、今度は別の女性のザックから、そこそこ大きい土鍋が出現。
これには絶句しました。
あれは何キロくらいあるんでしょう・・・。

それぞれ食材やら、酒やら、燃料やら、担当の役割があるようで、荷物を分担して山頂鍋パーティーをするみたい。
鍋山行っていうやつですね、初めて見たから驚いた。
しかも、見たところ60代のグループ。
以前から思ってましたけど、あの世代は本当にすごい体力なんです。


私が土鍋の係りを割り振られたら、腰痛になるかもしれない。
でも本当に楽しそう〜、いいなぁって、大人数登山もちょっと羨ましく感じました。
山で食べるゴハンは何でも美味しいけれど、絶景の中で鍋なんて、絶品でしょうね。
夢のような山ゴハンです。



161008_3.jpg


麓の農産物直売場のほうが、秋真っ盛りです。

早く大っきな秋が来ないかな。
ああ、待ち遠しい。
posted by AKA at 18:47 | 植物の色

2016年08月13日

ピンクから黄色へ

160813_1.jpg


今年は季節の移ろいが早く感じます。
この間まではピンクに囲まれて、なんてメルヘン!って高揚感があって、楚々とした空気を満喫してました。


160813_2.jpg


初夏はとにかくウキウキする。
大人になっても乙女の気分でピクニックを楽しんだりしていたのに・・・


1608013_3.jpg


梅雨が終わったら夏花シーズンのはずでしたが、すっかり秋の花々が盛りになって、深い緑に包まれています。
ああ、高揚感はあまりに短かすぎました。


こうなると、『 気づいたら老いていた 』 というのに近い焦りが湧いてきて、秋と真っ当に向かい合えない気分です。
posted by AKA at 17:11 | 植物の色

2016年07月25日

グリーン

何時もならもう梅雨明けなのに、関東は粘ってますね。
梅雨は案外嫌いではなく、その時期ならではの過ごし方で楽しんでます。


何といってもグリーン。
どこもかしこもグリーン。

とくに苔の美しさは頬ずりしたいくらい。


160725_1.jpg


ベルベットのカーペットで暮らしてる気分でしょ?
湿度も温度も適度で、活き活きと快適そうです。


160725_2.jpg


森の中の花は、時に独創的です。
このコは 『 花輪くん 』 と名付けました。
前髪をかき上げながら、「 ヘ〜イ!ベイビー 」と言いそうな感じじゃない?



そして梅雨時にかかせない作業が山椒の実の塩漬け作り。

160725_3.jpg


近くの森でも採れるくらいに身近な香辛料です。
サッと湯がいて、岩塩を混ぜて漬けるだけ。
佃煮に入れたり、肉と炒めたりするとグレードアップした味になるので、冷蔵庫に欠かさずストックしています。


梅雨が明けたら、うだるような暑さで機動力が低下しそうだから、色々用事を詰め込んで案外梅雨は大忙し。
杏の実を赤ジソと一緒に甘く漬けこんだり、梅酒を作ったり、夏の花を植え替えたり。
でも予定の半分もこなせてない内に梅雨が終わっちゃいそうです。
posted by AKA at 12:40 | 植物の色