2015年12月18日

小さな鍋つかみ

今までミトンとか、手を入れるタイプの鍋つかみを使ってました。
プレゼントして頂いたり、オーブンに付属されていたり、" あるものを使ってる " という状況で、要は 『 鍋つかみ 』 というツールについて良く考えてみた事なかった。
結構必需品にもかかわらず。


今キッチンにある見慣れた指無し手袋タイプのミトンは、手首の辺りまでメチャメチャ汚れてる。

実は手をいちいち入れて使うのは面倒で、そのまま握ってしまう事のほうが多いから全体が汚れてしまう。
多分、鍋つかみが必要になるその前に、手に装着してスタンバイしている事が出来ないから。
1品だけ作ってるならいざ知らず、それを使う瞬間は突然やってくる・・・結局、ミトンとして使うべき状況にならないのでした。


その上、ダッチオーブン、スキレット、銅鍋、ケーキ型など、掴む必要があるのは汚れやすい金属製ばかり。
我家では軍手と同様、消耗品と捉えたほうが良さそうです。
多分、単純な平たいのがいいみたい。
シリコン製のワニの口みたいなのも、「 清潔に保てそうでいいかも〜 」って思ってたけど、全く不向きみたいです。( オーブン限定なら良さそうだけど )


鍋つかみ151218.jpg


善は急げで、使わなくなったキッチンクロスが大量にあったので、20cmくらいの小さな物をペアで4セット作ってみました。

今頃になって鍋つかみのシーンを色々と思い返すと、その辺りに置いてあるフキンを畳んで使っちゃう事も多かったから、絶対小さいのが使いやすいはずです。


キッチンクロスを袋に縫って、タオルを何重にも畳んで入れて、上からステッチミシンでズレないように縫うだけ。
雑巾よりちょっと時間がかかる程度の簡単なもの。

刺し子したりアップリケしたり、手間をかけるとカワイイけど、使うのが惜しくなっちゃいそう。
見苦しくない不用品、っていうくらいが我家には丁度いいと思う。


それにしても、持て余してたキッチンクロスが少しでも減ってよかった。
以前は色モノのクロスが可愛くって随分集めたけど、いざ頑固なシミが付くと、漂白剤でサッパリ落とすことが出来なくて、次第に濃色のクロスは使わなくなってました。

もともと丈夫な布なので、処分のタイミングが無くって、赤系でリメイクしたいアイテムも思いつかなくって困ってました。
今後は クロス ⇒ 鍋つかみ というルートを辿らせましょう。
posted by AKA at 19:24 | 布のアトリエから

2015年09月19日

使わないボタンでヘアアクセサリー

最近 " やろうと思ってるリスト " というのを作って、出来そうな時間内に相応しい作業をチョイスしするようにしているんです。

見たい番組があってテレビの前に1時間ほど居たい時は、【 シャツのボタンの交換 】 とか、急ぎじゃないけどわざわざ時間を作ってやるほど緊急じゃない作業を片手間でやってみたり。
日常的な家事以外はそういう風に気づける状況にしておかないと、後回ししている間にやりたい事を忘れる様になってしました。


縫いたい反物もあるのだけど今は大作に着手出来ない状況なので大物はガマン。
昨日はバレッタパーツを不要なボタンで使えるようにする作業をしました。
何時間かまとまった作業時間が取れないけれど、短時間で不用品を何か使える物にできたりすると、少しは達成感を味わえます。


150919_1.jpg


バレッタのベース作りは色々なやり方があると思いますが、私は黒の接着芯を1.5cmくらいのテープ状に切って、グルグルと巻き付けます。
アイロンテープより服地用の接着芯のほうが収縮性があり、ピタッと仕上がるのでやりやすい。
2巻きか3巻きほどさせたら、あとはアイロンを当てるとラミネートされたみたいにくるまれるので、あっという間に土台が完成です。


150919_2.jpg


後はもう好きなものを好きなように縫い留めていくだけ。
1つ20分もあれば出来上がりです。


今回は飴玉のように綺麗なアンティークのコートボタンと、半端な貝ボタンに淡水パールやスワロを適当に留めていきました。

ずっとバレッタパーツが放置されたままだったので ( まだ余ってるけど ) 短い時間を有意義に使えた感じがします。
posted by AKA at 12:39 | 布のアトリエから

2015年07月27日

小さい入れ物

私が今使っているお財布は3個。

実用的な厚めの折財布。
着物の時に使う薄くて大きいガマ口。
一番小さいカードサイズ。

お財布を持たずに外出するなんて考えられないほど、日常生活では当たり前にそこにある生活必需品になっているので、荷物の中でお財布の場所を確保してあげる事は当然の事だと思ってました。


テキスタイル150727_1.jpg


このカードサイズはポケットにも入る大きさで、かなりコンパクトだから小さいバッグを持ちたい時や、旅行の時は必ずコレを選んでます。

いつも一緒にいる相棒のようなお財布なのに、山にいる時は 「 これ邪魔! 」 と感じてしまう。
気になって図ってみたら48gでした。
日常では全く頓着しない範囲の重さですが・・・・


今にして思えば、家を出て帰るまで、一度もお財布を出すことなく終わるケースは多々あります。
そもそも、山でお金を使うことはあっても、お財布自体はそれほど何かの役にたっている訳じゃなかったのです。
現金や免許書をしまっておく入れ物、それだけの役割です。


テキスタイル150727_2.jpg


すご〜く簡素なものを作ったら、12gで出来ました。
こういう物のグラムを図るなんて、不気味に神経質な人間になってきたようでちょっと怖い!
それもこれも体力低下が原因。
スタッズずっしりついた財布でも気にならないくらい、何キロでも背負える、っていう体になりたいけど、もう無理そうです。


私にしては珍しくピンクらしいピンクの配色にしたのは、男前な山道具の中に見えない所で少しだけ女っぽさのあるものを加えたかったからかもしれない。
ぺったんこなので何処に入れてても邪魔にならない。
お金を入れるものとしてはミニマムだけれど、貢献度はマックスになりました。
posted by AKA at 23:54 | 布のアトリエから

2015年06月23日

足袋のかたち

着物の足元も徐々に軽い色合いを選ぶようになってきました。


足袋150623_1.jpg


一番ヘビーローテーションは木綿レース。
履いた後、お洗濯済むまで違う足袋を渋々選んでます。
そんなにお気に入りなら、もっと作ればいいのに!


そもそも、私が足袋を手作りするようになったのは

● 気に入った布で好みの足袋が欲しい
● 沢山ある布の消費にもってこい


というのはもちろんなのですが、それ以外にもっと基本的な理由としまして

● 足の形と足袋の形が合わない

というのがあります。


足の形は大まかに5タイプあると言われています。
『 エジプト型・ギリシャ型・ローマ型・ゲルマン型・ケルト型 』 ですね。

その内日本人は概ね3タイプのようです。


150623_2.jpg



・親指が一番長いエジプト型  日本人の65〜75%
・第2趾が一番長いギリシャ型 日本人の20%
・指の長さがほぼ同じローマ型 日本人の5〜10%

割合は大体こんな程度と言われていますが、足袋は日本人の足に合う様にエジプト型のラインで作られています。


私はギリシャ型。
既成品の足袋を履くと、人差し指が押されるので、足袋の中でぎゅぅ〜と指を丸めて踏ん張るように歩くことになっちゃいます。
ソックスなら収縮性があるので気になりませんが、足袋だと丸めた人差し指の関節も表から浮いて見えます。
残念! な感じ。
足袋屋さんにお誂えで注文っていうのは、私には贅沢過ぎます。


反して革靴選びはつま先が痛くなる事は少ないです。
ハイヒールを好んで履いてる時代でも、外反母趾になることはありませんでした。
中央部が細くなってたり尖がってる靴のほうがむしろ具合が良い!

ヨーロッパに行くとそれが原因と知らずに、「 すっごい履きやすい! 」 って、靴ばっかり大量買いしてましたが、欧米はギリシャ型の人が多数のようです。
向こうの靴が履きやすいのは当然だったんですね。
そうと気づいたのは頻繁に足袋を履くようになってからです。


でも、近年若い世代はギリシャ型が多くなっているという調査結果も!
しかし、エジプト勢を抜き去らない限り、足袋の形は変わらないかなぁ・・・。
posted by AKA at 21:14 | 布のアトリエから