2017年04月19日

明日からテキスタイル展

テキスタイル170419_4.jpg


明日からAKA+Hのテキスタイル展示が始まります。
今日は設営ですが、台風一過のように既に日差しが眩しい。
昨日までの突風が収まったので本当によかったです。


テキスタイル170419_3.jpg


久々に定番バッグを追加制作しました。



テキスタイル170419_2.jpg


初めて作るフラットな四角いポーチ。
ファスナーにレザープリントのチャームが付いています。
手帳なども楽々入るA5くらいのサイズで、ちょっと大き目ですが、奥行きがないものも自由に使えて便利ですよね。


テキスタイル170419_1.jpg


最近定番バッグになりつつある、ビッグなサイズのTOTOバッグ。
新柄でも制作しています。
使うと手放せなくなる、頼もしいバッグなのでオススメです。


最近引きこもりでしたので、色々な方との出会いがとても楽しみです。
どうぞ宜しくお願い致します。
posted by AKA at 08:56 | 布のアトリエから

2017年03月07日

着物収納特集

「 いいんじゃない?収納マイウェイ 」
と題した、今日発売された七緒の収納特集号で、私の着物小物の収納が2ページ掲載されています。


170307.jpg


取材のご依頼を頂いた時、『 桐箪笥なんかなくても大丈夫 』をテーマに何か工夫されてませんか?
との事だったのですが・・・。

あまり工夫を凝らしている自覚はなく、しかも、オーソドックスの極みで桐箪笥愛用者です。


過去もインテリア雑誌などの収納取材の依頼は全てお断りしていた私でしたが、着物に関しては参考になる情報も編集者の方からお聞きできるのではないか、という興味のほうが大きかったので快諾させて頂きました。


知り合いでも他人様の収納の中身って見る機会は無いのが実情ですし、余程親しくない限り、「 見せて 」 と言うのも憚られます。
楽しく参考になるお話も沢山伺えたので、今後の工夫に役立てたいと思っています。
posted by AKA at 18:31 | 布のアトリエから

2016年12月19日

タテ型のカルトン

テキスタイル161219.jpg


牛革製二つ折りのペーパーケースです。


学生時代は素敵なカルトンを持つ事に憧れて、ヨーロッパに行くと面白い柄の物を購入して帰ったものです。
今思えば、その頃こんな個性派な模様を使って自作してみればよかった。
きっとデッサンの時間も少しは楽しく向きあえたかもしれない。


今では写真も記録メディアの中に入れたままだけど、一年の出来事をコラージュにして、フォトスタンドの様に飾っておいても楽しいかもしれない。

でも実用的には、しばらく保管したい郵便物とかチラシとかクーポンとか、そんな醜い日々の紙モノを見えないように放り込むのが、一番現実的な用途だったりするかもしれません。
posted by AKA at 19:47 | 布のアトリエから

2016年10月23日

簡単手作り ハンガーカバー

しっかりした立派なハンガーは洋服の型が崩れなくて優秀なのですが、ハンガーの厚みだけでもそこそこのスペースを取りますよね。
ワイヤーハンガーは省スペースで、クローゼットに沢山洋服を掛けられるので収納力が魅力。
しかも安価。
ハンガーの買換えの時、洗濯にも使えて定番だから同じタイプを補充できるしサビないし、軽さや値段にも惹かれてアルミのワイヤーハンガーに変更したのですが、シンプルな作りの分、気になる欠点もアリ。

やっぱり肩の部分が出っ張る。
そして金属は滑るので、服が落ちやすい。


この問題については、ワイヤーハンガー+ハンガーカバーしかベストな解決法が見つからなかった。


ハンガーカバー161023_1.jpg


無くても何とかなってる物だから、つい作業を後回しにしていたけど、意を決して作り始めたら超簡単なので、あっという間に出来上がり。
不自由していないで、もっと早くに作るべきだった。

裾を"わ"にして折り畳んで袷にしたものを、二組合わせて肩ラインを縫い合わせて返すだけ。
裾を縫わない超スピーディーな方法で、しかもしっかりする。

生地が四枚なので、気になるワイヤーの肩への負担も軽減されます。


ハンガーカバー161023_2.jpg


衿が広く開いたカーディガンは、特に落下しやすかったけど、しっかり滑らず掛けられます。
イライラが解消されました。


ハンガーカバー161023_3.jpg


脱いだ長襦袢を少しの間干したい時も、いちいち着物ハンガーを出さなくても良くなりました。


布で作ったカバー一つで、こんなに服がズレなくなるなんて、作る前は予想してませんでした。
「 多少効果はあるだろう 」
くらいに思っていたけど、雲泥の差です。

生地がキャンバス系で織りが粗かったのが良かったみたいです。
サラサラした生地だったら効果が下がってしまうでしょうね。
posted by AKA at 12:49 | 布のアトリエから