2007年08月17日

手土産いろいろ

070817.jpg


「ハイ♪お土産」と家に遊びに来た友人から渡されたのはカラフルなリボン達。
オーガン系とか唐織のような凝った織刺繍のものなど、カワイイ素敵な物を色々頂きました。
その中で一際目をひいたのが、このフラワーモチーフのリボンでした。

霰模様のテキスタイルプリントと色がピッタリあっています。

熱加工でアウトラインをカットしてあるリボンですごく凝っていますね。
切り刻んでしまうのが勿体無いくらいで、ずっとこのお花の行列のままで取っておきたいくらいです。

いつもビーズやボタンなど、私のツボを心得たプレゼントをくれる友人に感謝!
posted by AKA at 08:46 | Comment(0) | 布のアトリエから

2007年08月09日

整理整頓

070809.jpg

細々した材料を使うとき見比べられて、でもスペースセーブされている。
という按配に収納しておくのは、そうとう情熱のようなものが必要ですね。

布類と革類は容量大きいので見なかったことにしてますが、その他の材料がもう・・すごいことになっています。
量というか品目というか種別というか、そういったありとあらゆる材料ですが、小さいモノとか細かいモノとかバラバラしてるモノとかが、どっさりあります。

この類のものを整理し始めると必ず「このリボン綺麗な柄・・」と眺めつつ
「これ何に使おう・・?」
「この前プリントした色と合わせたらどうかな」
と、完全に作業が脱線して行くのです。
posted by AKA at 08:12 | Comment(0) | 布のアトリエから

2007年08月03日

フリンジのタッセル

070803.jpg

制作を始めた頃からタッセルとかチャームなどのブラブラするものを付けるのが好きでした。
『オマケ』的要素の物なのに、時間をかけて一つ一つ変えて作ったりしてて、多分こういう細々としたものを作るのが本来楽しいんです。

綿詰めした円錐形の土台にフリンジをつけていますが、長いフリンジを使って、もっと大きく作れば、カーテン用のタッセルにもなりますね。

フリンジを何かに使って10センチ無いくらい半端な長さで残ったりした時には、こんなミニミニサイズのタッセルを残布とビーズで簡単に作って、ストラップとして使ったりしています。
posted by AKA at 08:29 | Comment(0) | 布のアトリエから

2007年07月29日

カットの恐怖

070729.jpg


日々やらなければならない、そしてやり慣れているはずの仕事の様々な工程の中で、とりわけ「この部分は好きじゃない」とかいう事は何かしらあると思うのですが、私の場合は革に関する様々な事のようです。

以前 『革を縫うのはプレッシャー』 を書いた時、これが一番緊張する時と思っていましたが、革を裁断するほうが数段ストレスだという事に気付いた・・
切羽詰まったように 「ギャー」 とか 「ひぇー」 と心で叫ぶだけ叫びつつ、カット作業の1日を終えるとグッタリと何もしたくなくなるか、まったく違う刺繍のようなワクワクする作業をして、気分を薄めるとか中和するとかしたくなる。

目打ちでラインを付ける時〜裁断まで気が休まらない恐怖の時間が続きます。
posted by AKA at 01:12 | Comment(0) | 布のアトリエから