2015年10月02日

北アルプスの紅葉

北アルプスの紅葉が先週末あたりから見頃です。
10月1週目は例年の紅葉ピークシーズンなので、事前に予定している方々で混みそうな予感がして今週行ってきました。

夏のお花畑シーズンより期間の短い紅葉シーズンのほうが混みやすく、週末は細い登山道が行列のよう渋滞してしまうので、9月末の、しかも平日に済ませてしまって正解でした。


151002_1.jpg


自分のペースで歩ける程よい間隔をキープ出来て、写真ものんびり撮れたし、紅葉も綺麗でした。
他の登山者の方々もゆったりと山歩きを楽しまれてて、ひと時見知らぬ同士短い会話を楽しんだり、慣例となってる 「 こんにちわ 」 の挨拶の後に、下る人は登る人に 「 いってらっしゃい 」 を声かけしたり、同じ部活の仲間的な和やかな空気が山を包んでるようでした。


151002_2.jpg


9月に紅葉する場所は、まだ秋の気分にチェンジしていなくて行き逃してしまう事が多いので、ちょっと弾丸気味の実行となったけど、早くも秋を満喫できて大満足です。


151002_3.jpg


山の上はハイ松帯なので紅葉とは無縁で、夏でも秋でもあまり様子は変わらないんですよね。
色づきが無いなら上がらなくてもいいのだけど、区切りがつかなくって登ってしまう感じ。

でもこういう眺めも清涼感が凄くて大好きです。


帰りに温泉に立ち寄ると、女湯には私とドイツ人女性3人のグループだけでした。
彼女達は 『 塩の道 』 をウォーキングで北上しているんですって、凄いと思いませんか?
日本語は全くしゃべれなそうなのに、コンビニもまばらな山間部を横断して、泊まるとこ探したり、名物を食べたり、温泉に入ったり。

海外からの方は本当に自流のテーマを持って旅を実行するな、と感心したり、色々な事を気づかされます。
それに比べたら登山なんて全然甘いですね。


「 大昔ですけど 」と前置きの上で、「 貧しい農村の農夫は塩の道を通る塩商人に自分娘を売ってたんですよ 」 と言ったら

『 え゛〜! 娘と塩を交換! 』

って、裸でかなりのリアクションしてて面白かった〜。
posted by AKA at 20:08 | 山旅

2015年06月14日

たぶんハイだった1日

先週何かの拍子に股関節を痛めたようで、ふとした動作でズキズキする。

そんな具合でしたが、あまりの好天気にどうしても山に行っておかなければ! という気分になってしまいました。
安全な山なら大丈夫でしょう。


150614_1.jpg


やっぱり、いい天気!

勢いで来てみたものの、天気とは裏腹に足の調子を考えると独りで行動するのは気が重く、
「 何でこんなことするんだろう、私・・・ 」
そんなマイナス思考になるも、とにかく青空だけ見て歩く。

一山登ったら気が済んで帰ってもいいしね。


150614_2.jpg


上に上がったら二つ目の山が見えた。
視界は超良好で微風。
あんなに家で難儀していた脚が全く痛く無い、不思議。


150614_3.jpg


原始っぽい! って段々と楽しくなってきて
すれ違う登山者の方から
「 こんな天気は滅多にないね! 」
「 今日は最高ですね〜 」
と声をかけてもらい、やっぱり来て良かったんだと、沈んだ気持ちは直ぐに吹き飛びました。


150614_4.jpg


あの山の向こうから休まず歩いて二つ目の山頂に来てみると、全く息も上がらず、脚は軽く、何処までも歩けそうな感じがする。

股関節の事を考えて、今日の予定はここまでだった・・・
でも、写真を撮ってもらった人達が3座目に向かって行くのを見た途端、すごく行きたい衝動にかられてしまった。


全然疲れなかった為に、今日一度も休憩していないし、標準タイムより2割ほど早いペース。
いつもは休憩で景色を見ながら食べたり飲んだりするのもすごく楽しいのに・・・どうしちゃったのか?

欲求していない体に無理矢理クッキーを押し込みながら、こんなに脚が軽く感じるし、通常は更に4時間くらいは余裕で歩いてるし、なんてったって今日は最高の日なのよ。
そう確信したけれど、予定を変えずに下山する事にする。


" あ〜あ、勿体ない " と心でブクツサいいつつ下山して、ランチをしにカフェに向かいました。


150614_5.jpg


お気に入りのペニーレインに到着して、車から降り立った途端、ガクッと突っ伏して転びそうになった。
どうにかこらえたけれど、まともに真っ直ぐ歩けない!
ヨタヨタで脚をブルブルさせながら、出来るだけ平気を装って、どうにかこうにか席に辿り着いた。
さっきまでの絶好調な私は何処へ?


あの気力は単なる脳がハイ状態になってただけ、薬物をやると同じ感じなのかな?
下界に戻った途端、脳も股関節も現実に戻ったようです。

あのまま調子に乗って3座目に向かってたら・・・多分遭難予備軍入りだったかも。
『 整備された登山道で救助要請 』
って、世間からバッシングを受けそうな事になってたかもしれない。
甘〜いキャラメルラテを飲みながら一人反省会。


150614_6.jpg


ペニーレインのオレンジブレッドをお土産に購入。
出来立ても最高だけど、一日経っても美味しい。
とにかく、最高の日を最高のまま終わらせられてホント、良かった。
posted by AKA at 10:24 | 山旅

2014年08月20日

北横岳にて

北横岳140820.jpg



ふと足元を見ると端麗な世界。

必要な物だけを持って生き
飾り立てもしないのに美しい。
なんて羨ましいことだろう。



この間、泊りの山の準備で、水と食料を入れる前のザックの重さが7キロになった時、
「 もう少しだけ減らないか・・・ 」
「 何グラムでもいいから軽くできないか・・・ 」
執拗にポーチやケースもスケールで重さを図って選別し、荷物を減らしていきました。


自分の持ち物を全部肩に背負って移動させるような状況になれば、真剣に所有物を選別するのに、普段の暮らしとなると必要と思う範囲がすごく広がってしまうものですね。

実生活で足りないのはリアリティですね、きっと。
posted by AKA at 19:01 | 山旅