2018年06月23日

糖質制限なんてしなくていいの

今や糖質はすっかり悪者。

私も糖質の類は大、大、大好物ですが、代謝も落ちる一方なので日頃は主食の量なども気をつけてます。
そういう食習慣に少しづつ慣れてはきていますが、本心は・・
「 もっとゴハンを食べた――い! 」
「 主食抜きの夕食なんて満足できないよーー! 」
と叫び出したい。

そんな日頃のフラストレーションを一気に解消する場が " 山 " なんです。


180623_1.jpg


パン粉まみれのぶ厚いメンチカツに、甘いとんかつソースをたっぷりつけたのをパンに挟んでやった♪
糖質だらけのメニュー、これぞ山ランチ。

私は直ぐにエネルギー不足になりやすくて、登り始めて2時間ほどでお腹がぐーぐー鳴り出す。
ランチまでは到底もたない。
取り出しやすいところに饅頭やお煎餅を入れておいて、それらを歩きながらパクパク食べたり、キャンディーを放り込んだりしてお腹の虫をだまらせます。


180623_2.jpg


下山途中でもガッツリなおやつタイム。
粉糖まみれの小豆たっぷりドーナツなんて、糖質以外の成分があるのかどうかも怪しい物だが、そんな事を気にかけずに食べたい物をじゃんじゃん食べれる、糖質祭りな一日。


女性で体重50kgの場合、7時間の登山で必要なエネルギー量は約2,600kcal。
おにぎりに換算すると14〜15個。
だから、高カロリーな物をこまめに摂取してもOKなんです。
それでも山の中で2600kcalを満たすのは難しいと思う。

こんなにカロリーを消費するから登山は痩せられると想像してしまうけど、私は栄養をたっぷり補うので、短期的には体重はほぼ変わらない。
登山はダイエットになる、というオススメ情報を見ると危険な発想だなぁと思う。

本当は自分の体にたっぷり付いた、高カロリーな脂肪を使えれば最高なんだけど。
高負荷運動時で脂肪が減る状況は、同時に筋肉も減るので安全性が確保できなくなり、そう都合良くはいかない様です。
posted by AKA at 23:09 | 山旅

2017年11月04日

山のスイーツタイム

UVメーターの針が振り切りそうな快晴です。


171104_1.jpg


ギラッギラ!
冬山のつもりで行ったから、雪は溶けちゃってるし、とにかく暑くてびっくりしました。

目的が食い気だった私としては、のんびりと腰を落ち着けて調理したり、食べたりするのに寒さ知らずな天候だったのでラッキー。
この日の楽しみは山でのプチティータイム。


171104_2.jpg


最近のマイブームは山フレンチトースト。
登ってる間にバゲットに卵とミルクがしっかり染み込んで、焼くとしっとりホンワリ。
優しい甘さが運動後にぴったり。


171104_3.jpg


メイプルシロップが大好きなので、湯気で立ち上る楓糖の香りが至福の時です。

携帯性が良いから、ホットケーキに付いてるパックのシロップを持っていった時もあるのだけど、甘いだけで全く香りがなくて美味しく無い。
意外かもしれませんが、野外という雑な環境のほうが、本当に美味しいものは際立って美味しく感じるものなんですよね。
直ぐに冷めたり、最低限の道具や調味料を工夫して作るので、味の誤魔化しが効かないからかもしれません。

この日はメイプルシロップのアンバーとダークを半々に混ぜた物を持って行きました。
ちょっと焦がしちゃったんだけど、美味しかった〜。


171104_5.jpg


友達がアンリ・シャルパンティエの期間限定フィナンシェを担いでくれました。
" 余計な物を1gも持つな " という登山のセオリーを無視した、掟破りの木箱入り・・・余分な重さが贅沢な時間の象徴のようです。
緑茶と金柑のフレーバーがオススメ。


171104_4.jpg


栗きんとんの川上屋のお菓子は、持って行ったロイヤルミルクティーと相性バッチリです。


日帰りなら食に比重を置いた登山は本当に楽しい!
ストイックなアスリートタイプの登山者からは 「 何やってんすか? 」 って驚かれる事もあるけど、これが私の登山スタイルなのでした。
重さに耐えられる体力がある限り、山メシ登山は続行するつもりです。
posted by AKA at 20:12 | 山旅

2017年09月17日

雲上の散歩道

登山170917_1.jpg


朝、山小屋を出ると霜が降りていた。
まだ夏の終盤という気分だったけれど、季節が変わった事をこんな光景で知らされます。


夜は寒くって中々寝つけず、相部屋の人達を起こさないように真っ暗闇の中で予備の布団を漁ったけど、目が覚めると湿気った敷布団を掛けて眠ってました。


確かにもう夏は終わるけど、その前に雲上散歩をして今年の夏山を締めくくろう。


登山170917_2.jpg


散歩道の始まり。
高曇りでガス無し、紫外線バテの心配無しの絶好の稜線歩きのコンディションです。


前日までは雨と曇天だったので、尚更今日に感謝!


登山170917_4.jpg


右手が故障してるので、岩岩ゾーンをバランスとって稜線まで登ってくるのは疲れたけど、今からの時間を楽しんで、また帰りにあの道を下る事は一旦忘れよう。



登山170917_3.jpg


本当に私は歩くのが好きなんだと思う。
気持ちの良い場所ならずっと歩いていたい。

天辺をサッとナイフで削ったように続く道は、人が何かを付け加えなければ地球は最高に美しいって事を証明しているかのようです。


登山170917_5.jpg


いつまでも歩きつづけたいけれど、日常に戻る時は直ぐにやってきてしまうので悲しい。

何度も景色を焼き付けつつも、心は紅葉の季節へと向かっているのでした。


登山170917_6.jpg


実際、夏山ならば選ばないメニューの焼餅が本当に美味しかった。
手をかざしながらお餅が焼けるのを待ってる自分に、寒さを楽しむ日本人としての哀愁を感じちゃいました。


下山中、岩ゴロゴロゾーンを抜けて一息つき、のんびり歩き出した途端、


登山170917_7.jpg


キツネ現る!

数メートル先で私と睨み合いになった時、ホンドキツネは警戒心が強いときいてたのでパッと逃げるかと思いきや、どんどんこちらに向かって近づいてきました。
ほとんど足元まで接近したので、かがんで写真を撮ろうと身を沈めようとした瞬間、サッと茂みに飛びのいた。
野生のキツネとの接近は初めてで、生き物と出会うと嬉しいですね。
熊と猪以外ならいつでも大歓迎です。
posted by AKA at 12:30 | 山旅

2017年08月26日

高山植物とライチョウ

170826_1.jpg


山を歩く日を前もって決めてしまった時はいつでも " 出来れば晴れにして下さい! " と都合のいい時ばかり必死に神頼みしてしまう。
しかし天気は個々の努力も願掛けもまるで効力は無く、この日もガスで視界不良のスタートでした。


170826_2.jpg


花が多い山なら眺望の悪さはあまり気にならない。
しっとりとした空気は生き物にとってはカンカン照りの日より心地良さそう。
花も昆虫も活き活きして、歩く人間にとっても体は楽。
それに、山の天気は登ってみなければ分からない。


170826_3.jpg


案の定、雲の高さを通過したら大分視界も良くなってきました。


170826_4.jpg


森林限界を超えると高山植物が咲き誇ってて、ロックガーデンのようです。


170826_5.jpg


稜線に出ると高山植物の女王コマクサ登場。
えっ!まだ咲いてたの!
初夏の花っていうイメージなので少々驚きました。
多分低温の日が続いたので今までもったのでしょうか? うれしいご褒美です。


170826_6.jpg


山並みは相変わらず視界が切れたり隠れたりの繰り返し。

登りながら友達には
「 こんな日はライチョウの遭遇率が高いよ 」
などと、自らハードルを上げてしまったのですが


出たーーーー!
( いたーー!と言うべきだけど、気持ちとしてはこんな言葉になっちゃう )


170826_7.jpg


超カワイイ💛

お母さんと六羽の子供たち出現。
天敵に襲われにくくなる為か、曇ってる時程遭遇率は高くなります。
少なくとも過去に私が遭遇した時は、雲が多い日。
目の前にいても、あっちこちチョコチョコ動くので、7羽をワンフレームには収められませんでした。


何せ雷鳥というのは全く人を怖れませんので、写真を撮るのはさほど難しくありません。
人に近寄ってくるという慣れた様子は無いですが、意に介してないというのは確か。
通りたいところに人間が居ても気にせず横切ったり、砂浴びをしたり、野生の生き物と思えないほどマイペース。


170826_10.jpg


私達が雛の傍で撮影していても、親鳥は崖の向こうを熱心に警戒中です。
人間は敵ではないし、人間の傍はむしろ安全だと理解しているご様子。

そんな呑気だから絶滅危惧種になってしまうのでしょうか?
大抵もっと小さいヒヨコくらいの時に数が減ってしまうようですが、今回の親鳥は6羽も大きく育てていて子沢山。
人間の往来があるルート上での子育ての成果かもしれません。
頑張って成長してほしいです。


170826_8.jpg


高度が上がると薄曇りになったけど、結局最後までスキッとした青空は見れませんでした。


170826_9.jpg


下に降りていくほど晩夏〜初秋の花畑に変化していきます。
自然がそのまま花束のようです。


夏の花も秋の花も楽しめた今回の山歩きは、素敵な光景をインプットして心が充実しました。

街に戻ったら、美しい色の作品作りを目指してアウトプットしていきましょう。
posted by AKA at 18:13 | 山旅