2008年05月07日

鯉のぼりの和菓子

和菓子080507.jpg

生菓子って粘土細工のように色々なカタチが作り出せるから、焼き菓子よりも季節の諸々をストレートにモチーフとして表現できる世界だと思うので、見てて楽しいものです。

失礼なことを言ってしまうと、“味” については美味しい不味いはあると思うものの、予想外の衝撃的感動を受けた経験はなく、あくまで目で味わう存在のように思っています。

その分ビジュアルは
「そうきたか・・・」
という作品世界が広がっているのでこのまま紐でも付けてぶら下げたり、置物にしたいような物まであり、美しさの追求はどこまでも深層なものですね。

無論、どんなものを作るにしてもセンスや知識は不必要という事はないですが、慌しく毎日毎日が過ぎていく最中に
「 もしもし、今日は○○の日ですよ 」
という感じで、一時停止させてくれるような力があり、季節を大事にしている一人前の日本人になったような気分を満喫させてくれます。


posted by AKA at 12:37 | 色々な時間