2008年05月02日

東京下町花めぐり

ぼたん080502.jpg

東京も結構お花の名所は小さいながら点在してます。
春になると何処かにちょっと出かけたい、という人でごったがえしてました。

まず西新井大師で牡丹を鑑賞。
品種株数は小規模なのですが、平日は境内に車を駐車できるし、環七沿いで手軽に行けるのが良いんですよね。
参道のお豆屋さんでちゃっかり全種類味見をし、更に団子屋で草団子を試食。

次に根津神社でつつじを鑑賞。
都会の真ん中にしては中々情緒があって躑躅も1ヵ所にまとまるとそれなりに見ごたえがあって、いい感じです。
私は以前根津に住んでたので、周辺の一方通行に強いですが、ここはこの時期に車で行くのはあんまりお勧めできません。
年配グループの女性達が
「こんなに時間取っちゃって、回りきれないかもよ!」
と言ってましたが、やっぱり皆さんいろんな場所を1日で廻ってるんですね。

最後は亀戸天神で藤を鑑賞。
ここは池を囲むように設えた藤棚をライトアップしているので、日が暮れてからでも大丈夫。
近くには日本料理店などもあり、風情があります。

これからの季節は堀切菖蒲園や向島百花園などもオススメスポットです。
posted by AKA at 17:58 | 植物の色