2008年04月25日

着物も場所によっては

着物で出かける時、行く街によって着る着物を選ぶ事ってやっぱりあります。
会う人、会う街、会う時間、もちろんワタシ個人の心理的な事ですが・・・

先日友人達と銀座のワインバーで食事会をしました。
その日の気分で着たい着物を選ぶのが普通の事なのに、『 銀座 』 の場合は何故か例外で、着たいものより無難な選択にする事を意識します。
やっぱり春だし、白っぽい紬は可も無く不可も無いわよね・・・と。

着物 紬080425.jpg

銀座のストライクゾーンがどういう着物という定義があるわけではないと思うのですが、とにかく当たり障りのないものを選ぼうと必死になるとしか言い様がありません。

今週スタートしたドラマの おせん みたいに可愛くてエッジの効いたセンスの着物コーディネートは大好きだけれど、アンティーク着物テイストとか少々イマドキ過ぎる雰囲気で夜の銀座をフラフラしてたら、上級着物マダム達から、「死ね!」的ガン見をされそうで、怖くて居たたまれなくなる予感がするのです。

そういう経験がある訳でもなく、相当な妄想だと思うのですが、
「 蔦は春の模様でもあるけど、青蔦だった。赤系はやっぱり無粋・・? 」
と、誰も私の事なんて見てるハズもないのに勝手に反省したりする。
posted by AKA at 12:28 | 着物コーディネート 紬