2008年04月18日

フリル系のムスカリ

ムスカリは育てやすいし、早春から咲くし、色々珍しい交配種も入手可能になってきたので増やしてみたいな・・・と園芸店で球根を見かけると購入しています。

080418.jpg

高さも色も葉っぱもムスカリ。
でも八重咲きの言葉に偽りなし! で、かなりボリューム感のある装飾的な花が咲いて、ヒヤシンス的な花の雰囲気です。但し、最初10球植えたのに現在残っているのは写真の1球のみ。
何か条件が良くなかったのか? 普通のムスカリはどんどん子孫を増やしているというのに。

以前ホワイト系のムスカリも育てた事がありますが、やっぱりいつのまにやら居なくなってしまいました。
品種内のカラーバリエーションで白系統を選ぶと、ピンクや赤の花に比べて虚弱体質気味のものが多いので、やっぱりダメだった・・・という思いをする事が多い。
八重咲きの場合も最初から期待せずに植えたので諦めも早かったけど、思いどおりにはいきませんでしたね。

普通のムスカリの倍くらいの値段したから、最後の1球には過大な期待をかけて生き残れるよう、堀り上げて夏越しさせようと思います。
posted by AKA at 18:04 | 植物の色