2008年01月25日

こんにゃく大福

080125.jpg

こんにゃく大福、というお菓子を頂きました。
ネーミングからすると餅がこんにゃく? それとも餡がこんにゃくなのか?!
普通そういう風に考えるじゃありませんか。

ビックリするくらい蒟蒻の存在は無視された味わいと食感です。
( モチクリームが一番近いかもしれない・・・ )
餅にこんにゃく粉が入っているらしいのですが、あまりに消極的な使い方で、美味しいのだけれどインパクト無さ過ぎてがっかりしました。
「 クリーム大福 こんにゃく配合 」 
私ならそういう商品名にすると思う。
蒟蒻を前面に押し出すのはヘルシーである事を言いたいのかもしれないけど、相当カロリーはありそうな味がしました。

例えば・・・オレンジがほとんど入っていないオレンジジュースの場合だったら、生産者は必死になって色や香りや味をオレンジに近づけようとするものだし、『オレンジジュース』と書いてあって、パインの味したらどう思います?
そういうセオリーからするとかなり逆な方法ですし、蒟蒻の味がしない事は多分お菓子としては 正解だと想像が付く・・・という皮肉な存在。
味を消してまでもコンニャクを、という入魂の一品でしょうか?
posted by AKA at 20:49 | Comment(0) | 色々な時間
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: