2008年01月04日

奥の庭

080104.jpg

あからさまでない特殊な雰囲気をもった「奥」という響き。
すごく特別な秘密めいたニュアンスを感じて、奥の庭という場所は限られた人だけが楽しめる密かな贅沢といえる庭なのでしょうね。

イギリスなどもバックガーデンは珍しくはないと思いますが、バックガーデンという言葉は、単に家の裏側という位置を言っているだけのようにしか聞こえないので、あっけらかんとした、子供とかがボール遊びするような快活な場所を思い浮かべます。
多分、奥の庭では子供がはしゃぎ廻ったりするのはご法度じゃないかな?

塀に囲まれて隠されている様な閉鎖的なデザイン、手入れに相当の労力と費用をかけた自慢の庭でも、人にみてもらおうと思わない潔さ。
昨今の住宅事情では奥の庭どころか、中の庭すら手に入れたくても遥かな夢のような場所です。
posted by AKA at 22:44 | Comment(0) | 植物の色
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: